この記事は約 7 分で読めます ( 約 3743 文字 )

 


ヤクルト1000が販売になって躍起になって探しても中々なくて町中以外でもネットで販売されていないかと主なネットショッピングサイトを探すと大手のAmazonで販売していた。

 

早速Amazonで販売されているヤクルト1000の詳細を見てみると、どうもおかしい?先ず最初に価格が異常に高いし販売元もヤクルト販売店でない見たことも聞いたこともない店舗?

 

おかしく思いヤクルト本社に直接問い合わせしてみたら驚く内容でした。

 

結論から

Amazonで販売しているヤクルト1000はヤクルト販売店とは一切関連が無い

 

という驚きの事実でした。

 

おって説明していきたいと思います。

 

どうしても売り切れでヤクルト1000が買えない人は↓

 

<スポンサーリンク>

ヤクルト1000をAmazon売っている業者はヤクルト販売店でない

 


【冷蔵チルド配送】Yakult ヤクルト1000 100ml x 7本パック 乳酸菌シロタ株1000億個 特典ヤクルト1000+1本付

Yakult ヤクルト1000 100ml x 7本パック 乳酸菌シロタ株1000億個

 

ヤクルト1000はAmazonでも販売はされています。

それも別ページで2件も・・・※仕組みは後述します。

 

しかし実際には別の記事にも記載されていますがヤクルト本社に問い合わせたところ下記のような返答がありました。

 

ヤクルト1000はヤクルトレディによる宅配専用商品で通信販売はしていない。

公式ページでの注文受付はしているがあくまでも申込みのみで通販ではなくヤクルトレディの訪問販売です。

Amazonでは販売していません。

引用:ヤクルト1000はイオンやローソンで買える?購入方法を教えます

 

つまり

 

  • ヤクルト1000は宅配(ヤマト運輸・郵便など)はしていない
  • ヤクルト1000はヤクルトではAmazon販売してない
  • ヤクルト1000はヤクルトレディーの訪問販売の専門商品
  • ヤクルト1000はネットの公式サイトで申込できるが宅配でなく訪問手渡し

 

ネットでの公式販売はあくまでもヤクルト公式サイトでの申込受付のみであってネット販売はしていない。

 

ヤマト運輸や佐川運輸などでヤクルト1000は宅配は絶対されない商品なのです。

 

例外として

 

楽天市場やYahoo!ショッピングで「ふるさと納税」としてヤクルト1000の販売が一部の市町村で実施されていますが、それも宅配ではなくてヤクルトレディーが訪問で手渡ししてくれるものとなっています。

 

参考記事↓

 

 

つまり他の記事でも説明はしていますが基本ヤクルト1000は宅配(※ヤクルトレディ訪問)専用の商品でヤクルトY1000は店頭販売専用でネット販売はしていないということでした。

 

どうしても売り切れでヤクルト1000が買えない人は↓

 

<スポンサーリンク>

ヤクルト1000をAmazonで販売している業者の詳細

 

では実際に2022年でAmazonで販売されている業者はどのようなお店なのでしょうか?みてみました。

 

2022年4月現在Amazonではヤクルト1000は7本セットで3500円前後で販売されています。(※1社は定価2000円+送料1150円で3150円で販売)

 

ヤクルトの正式な7本セットの販売価格は980円です。

 

なんと2518円の差額3倍以上の値段で販売されています。

 

実際に憤慨しているコメントやツイートもありました。

 

転売及びメーカー小売希望額の3倍以上最低でした。

 

 

 

 

2022年4月現在の販売業者は3社になっています。

 

販売先の詳細を見てみるといかにも会社らしい名前が記載されていますがグーグルマップなどで住所をみてみると1社はバーチャルオフィスで2社とも普通のアパートやマンションの1部屋です。

 

1つ目の会社は 価格2000円+送料1150円で販売

 

ヤクルトとは全く関係ないような会社名で住所で検索してみる東京の浜松町のビルの2Fのバーチャルオフィスを利用しているようで本来の住所は不明です。更に電話番号もエストニア?国際電話のような表記です。

 

※バーチャルオフィスとは「実際に会社を設置せずに住所利用、法人登記、受付対応などができる賃貸オフィスサービス」

 

なお発送についてはヤクルト本社がヤクルト1000はヤマト運輸などの宅配はしていないと言ったにもかかわらず「クール宅急便での発送となります」と表記されています。

 

 

2社目は 3500円で販売

 

全国のおみやげを販売しているかのような名前ですが代表者の名前もありませんし電話も050ではじまるIP電話でした。

 

住所もGoogleMapで写真でも確認したところ東京の住宅街の一角のアパートの1室でした。

 

 

3つ目の会社は 3980円で販売

 

英語表記で法人化されて代表者の名前もありましたが、やはり広島県の住宅街にある木造アパートの2Fの1部屋でした。

 

ヤクルト本社に確認しているので東京と広島のヤクルト販売店でもありません

 

同じ住所なので同じ会社だとは思いますが楽天市場でも販売しているようです。

レビューも散々で評価も悪かったのですが消されていました。

 

楽天市場で転売されているであろうヤクルト1000


Yakult ヤクルト1000 100ml x 7本パック 乳酸菌シロタ株1000億個

 

あくまでも憶測ですがアパートに住んでいる個人が注文があったら近所の店頭からヤクルト1000を買ってきたものを梱包して転売しているのではないかと思います。

 

転売の仕組み

 

コロナ禍でマスクの買い占めで一気に増えた転売屋。

規制もありつつも買い占めで世間を騒がせている転売ヤ-の仕組みをご紹介します。

 

多くはバズって店頭から商品が消える前に定価で買い占めて値段が上がった時に販売する仕組みです。

 

転売する人たちは店舗で小売価格で購入することを仕入れと言っています。

普通に買っている行為が仕入れになる不思議。

 

ヤクルト1000がAmazonでは何故高いか?それは業者でも何でもない人が正規価格で購入したものを利益をつけて販売するから高価になるからです。

 

それでも買いたい人がいるので被害が発生します。

 

多分ヤクルト1000の転売の仕組みはこうです。

 

  1. 注文があったら個人で近くの店舗または販売店で7本982円ほどで購入
  2. ヤマト運輸(チルド)運賃1300円程で買ったヤクルト1000を個人梱包して発送
  3. 1品販売して利益約1100円(利益率30%)で商売として成り立ちますね。(※販売3800円から買ったヤクルト1000と運賃・手数料を差引)

 

参照

「公式サイト:Amazon手数料」

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/RJBNX5JLCVYBRGS

ヤマト運輸「クール宅急便」

https://business.kuronekoyamato.co.jp/service/lineup/takkyubin_cool/index.html

※個人契約している人は更に割引になります。

 

注文があってから近所で買うので在庫のリスクも無くて儲かる仕組みです。

 

それにしても食べものでなくて本や文具であればまだしも要冷蔵の商品を個人で近くのスーパーで買ってきたのを包んで個人配送されるのは気持ちが悪く恐怖でしかありませんね。

 

どうしても売り切れでヤクルト1000が買えない人は↓

 

<スポンサーリンク>

まとめ

 

ヤクルト1000やヤクルトY1000は店頭販売もしくは自動販売機で買うか、正規のヤクルトレディーからの宅配販売で訪問で直接受け取るしか方法はありませんね。

 

Amazonレビューをみても買うのは控えた方がいいですね。

 

どうしても無いからといってAmazonから正規販売店でないところから買うにはリスクがありすぎます。

 

ヤクルトから言われているように店頭販売でないネットでの不明瞭なヤクルトY1000やヤクルト1000の購入は品質管理が不明瞭なために避けた方が良いでしょう。

 

マツコさんなどでバズって店頭からヤクルト1000が消えると出てくる転売ヤ-の法外な値段にひっかからないように気を付けましょう。

 

また品質管理も不十分の可能性もあるので万が一何か具合が悪くなってしまっても元も子もありません。

 

知らない人が店頭で買ったものを送られるのは食品であればなおさら気持ちがよいものではありませんね。

 

どうしても売り切れでヤクルト1000が買えない人は↓

 

【ヤクルト1000の効果口コミなど】

 

【ヤクルト1000の飲み方】

【ヤクルト1000の購入など】

【ヤクルト違い】

【ヤクルト番外編】