この記事は約 3 分で読めます ( 約 1596 文字 )

 

ヤクルト届けてネットCMで踊ってる女優さんは宮澤エマさん|松坂桃李さん共演

ヤクルトのCMでバスに揺られてる松坂桃李さん。

 

 

自宅に戻ってヤクルト宅配ボックスを覗くとヤクルトレディさんが踊りだします。

 

センターで踊っている美人ママさんを演じている女性は女優の宮澤エマさん。

 

いつもの大泉洋さんが出演しているヤクルト手洗いCMでの美人ママさんの藤井美菜さんとは違う人なのであれっと思い調べてみました。

 

宮澤エマさんのプロフィールや活動内容などみてみましょう。

 

宮澤エマさんのプロフィール

 

 

 

宮澤エマさんは2021年現在32歳。

 

実は宮澤エマさんは日本政府の総理大臣のお孫さんなんです。

そしてアメリカ人とのハーフなのであれほど美人さんなんですね。

 

母方の祖父が第78代内閣総理大臣の宮澤喜一さん。

 

お父さんはアメリカ人で元駐日代理大使クリストファー・ラフルアーさん
お母さんは宮澤喜一さんの長女でジュエリーの輸入・通販ビジネスを行う会社の代表取締役ラフルアー宮沢啓子さん

 

以前は芸名は「ラフルアー宮澤エマ」とお父さんの名字を使用していました。

 

 

<スポンサーリンク>

宮澤エマさんの芸能界における経歴

 

宮澤エマさんは幼少期より歌や芝居が好きで歌手になるのが夢でした。
一旦夢を諦めてましたが大学で音楽活動をすることで卒表後に芸能界に入りました。

 

芸能界デビューは24歳の2012年春。

 

初のテレビ出演は『ネプリーグ』でした。

 

その時に有名な孫タレント枠で同じ総理の孫であるDAIGOさんと共演しています。
それ以降はバラエティー番組などに出演。

 

そして宮本亜門から勧められてミュージカルの世界に入りミュージカル舞台の『メリリー・ウィー・ロール・アロング?それでも僕らは前へ進む?』のメアリー役で初舞台をふみ、それから舞台女優と活躍しています。

 

そして見落としていたのがNHKの朝の連続ドラマの「おちょやん」の出演してるのですね。驚きました。

 

<スポンサーリンク>

出演しているTV・ラジオ・CMなど

 

宮澤エマさんは舞台ミュージカル女優が本業なのでTV出演は少ないです。

 

来年のNHK大河ドラマに出演予定です。

北条義時の妹役としてご出演予定しますね。

5日間連続出演者発表! 2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」NHK

 

TV

 

不定期でご出演(プロダクション尾木で確認してみてください)

 

  • NHK 朝の連続テレビ小説「おちょやん」
  • 大河ドラマ 鎌倉殿の13人 2022年予定の阿波局(北条義時の妹)役

 

 

ミュージカル

 

  • 『メリリー・ウィー・ロール・アロング ?それでも僕らは前へ進む?』メアリー 役
  • 『シスター・アクト?天使にラブ・ソングを?』 メアリー・ロバート 役
  • 『Endless SHOCK 15th Anniversary』リカ 役
  • 『ラ・マンチャの男』アントニア 役
  • 『ドッグファイト』ローズ 役
  • 『紳士のための愛と殺人の手引き(英語版)』 フィービー 役
  • 『ジキル&ハイド』 エマ 役
  • 『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア 役
  • 『女の一生』堤ふみ 役
  • 『WAITRESS ウェイトレス』ドーン 役

 

映画

 

  • 2019.09『記憶にございません!』

 

CM

 

  • 佐藤製薬「リングルアイビーシリーズ」
  • ヤクルト「ヤクルト届けてネット」

 

<スポンサーリンク>

まとめ

 

 

宮澤エマさんは舞台を中心に活躍しているので、TVではあまり見かけないので知らなかっただけですね。

 

ヤクルトCMではご自身で歌っているのですね。さすがミュージカル女優さんです。↓

ヤクルトCMの撮影秘話

 

そして来年のNHKの大河ドラマにご主演おめでとうございます。

 

【関連記事】