この記事は約 3 分で読めます ( 約 1296 文字 )

メルカリ便「ゆうぱけっとプラス」サイズ

メルカリ便「ゆうぱけっとプラス」と「宅急便コンパクト」の違い総合比較(サイズ・厚さ・重量・料金・購入先)

 

メルカリ便で

クロネコヤマト運輸が配送している「らくらくメルカリ便」の「コンパクト便」に対抗して

「ゆうちょ」が「ゆうパケットプラス」というサービスを開始しました。

 

今まで郵便でおくる「ゆうゆうメルカリ便」の場合は

「ゆうパケット」サイズ以上は全て「ゆうパック」の一律700円~になっていましたが、

ヤマト運輸のコンパクト便と同サイズ程度の小さめのサイズの配送ができるようになりました。

 

どれくらいのサイズの差があり料金などの差も含めてみてみたいと思います。

 

「ゆうパケットプラス」と「宅急便コンパクト」の比較

 

ここでは宅急便コンパクトには袋型、箱型の2種類ありますが、「ゆうパケットプラス」が箱型のため、箱型のみで比較しています。

 

サイズ・容量から見た比較

 

ゆうパケットプラス宅急便コンパクト
 横  24cm25cm
縦 17cm20cm
厚さ 7cm5cm
総容量2856立方㎝ 2500立方cm

メルカリ便「ゆうぱけっとプラス」と「宅急便コンパクト」の違い総合比較(サイズ・厚さ・重量・料金・購入先)

 

 

サイズ的に見ると全体の容量から比較すると「ゆうパケットプラス」の方が356立方cm多くあります。

 

しかし、縦横の長さが若干「宅急便コンパクト」より数センチ短いです

 

そのかわり「ゆうパケットプラス」深さ・高さ・厚みが7cmもあり2cmも厚みがあります。

 

つまり

 

「宅急便コンパクト」は広く

「ゆうパケットプラス」は厚い

 

ということです。

 

メルカリ便「ゆうぱけっとプラス」と「宅急便コンパクト」の違い総合比較(サイズ・厚さ・重量・料金・購入先)

 

ちなみに

 

文庫本を送る場合で比較してみると

 

「宅急便コンパクト」箱型では文庫本6冊までしかはいりません。

 

「ゆうパケットプラス」の場合は文庫本8冊が十分梱包できる大きさです。

 

「ゆうぱけっとプラス」の場合は文庫本8冊が十分梱包できる大きさです。

 

 

重量・梱包できる重さでの比較

 

 

 ゆうパケットプラス 宅急便コンパクト
重さ2kg以下制限なし

 

 

 

 

重量で比較してみると

 

「ゆうパケットプラス」は2kgまでと重量制限があります。

「宅急便コンパクト」は重量の規定はありません。

 

なので

 

2kg以上の重い品物の発送は「宅急便コンパクト」がお勧めです。

 

料金・値段から見た比較

 

 ゆうパケットプラス 宅急便コンパクト
 容器代 65円70円
 運賃   375円 380円
総合計440円450円

 

 

 

 

 

 

 

料金的に見ると「ゆうパケットプラス」の方が容器代込み450円となり「宅急便コンパクト」より10円安いです。

 

その他の違い

 

一番の違いは

 

ゆうパケットプラスス」日時指定はできません

「宅急便コンパクト」→日時指定が出来ます。

 

再利用については

 

「宅急便コンパクト」は再利用が出来ませんが、「ゆうパケットプラス」は再利用可能です。

 

相手から送られてきた「ゆうパケットプラス」の箱を発送用に利用してもいいので助かりますよね。

 

 

購入先

 

ゆうパケットプラスは
郵便局以外ではローソンで購入できます。

 

「宅急便コンパクト」
ヤマト運輸以外ではセブンイレブンとファミリーマートで購入ができます。

 

<スポンサーリンク>----------------------

「ゆうパケットプラス」と「宅急便コンパクト」の使い分け

 

サイズがお互い若干違いますので、見本を1個づつ手元に置いて使い分けして発送するのが賢明かと思います。

 

  1. 日時指定が必要な相手には「宅急便コンパクト」
  2. 文庫本8冊など「ゆうパケットプラス」
  3. 少しでも安く送りたい場合は10円安い「ゆうパケットプラス」
  4. 2kg以上の重たいものは「宅急便コンパクト」