この記事は約 3 分で読めます ( 約 1318 文字 )

 

青春を簡単に言うならば

 

 

「若い(10~20代)を過ごす時期」

 

 

のことを一般的には意味すると思います。

 

 

ただ明確な表現は人それぞれなので口コミや辞書的にはどのような意味があるのか?どのような時に使われるのか?色々な角度から「青春」を探っていきましょう。

 

 

 

青春の辞書的な意味は?

 

 

「青春」を辞書で引いてみると以下の通り

 

古代中国の五行説で

青が春の色であることから「人生の春にたとえられる若い時代が「青春」と呼ばれる」ようになったといわれています。

 

五行説とは、世の中は五種類の元素からなり法則で変化し循環しているという思想

 

    1. 夢や希望に満ち活力のみなぎる若い時代を、人生の春にたとえたもの。青年時代。「—を謳歌 (おうか) する」「—時代」
    2. 春。陽春。「—二三月」〈草枕〉

辞書的な意味では、季節の「春」を示す言葉ですが、転じて、生涯において若く元気な時代、主に青年時代を指す言葉として用いられています。

 

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

<スポンサーリンク>

青春で浮かぶ一般的なイメージと特徴は?

 

 

青春というと、一般的には以下のようなものをイメージするのではないでしょうか。

 

  • 活力とエネルギー
  • 悩みと葛藤
  • 成長と変化

 

青春は、体力や気力が充実し、何事にも積極的に取り組める時期です。

 

しかし、同時に、将来への不安や恋愛の悩みなど、さまざまな悩みや葛藤を抱える時期でもあります。そうした悩みや葛藤を乗り越えることで、人は成長し、変化していきます。

 

 

活力とエネルギー

 

 

青春は、体力や気力が充実し、何事にも積極的に取り組める時期です。新しいことに挑戦したり、夢を追いかけたり、自分の可能性を広げていくのに最適な時期と言えるでしょう。

 

悩みと葛藤

 

青春は、将来への不安や恋愛の悩みなど、さまざまな悩みや葛藤を抱える時期でもあります。そうした悩みや葛藤を乗り越えることで、人は成長し、変化していきます。

 

成長と変化

 

青春は、人格や価値観が形成される時期です。自分の考えや信念を持ち、社会の一員として自立していくための基盤が作られます。

 

 

<スポンサーリンク>

青春の過ごし方

 

青春は、人生の貴重な時期です。後悔のない青春を送るために、以下のことに意識してみてください。

 

自分の可能性を探る

 

青春は、自分の可能性を探る絶好の機会です。新しいことに挑戦したり、さまざまなことに興味を持ってみたりして、自分の好きなことや得意なことを探してみましょう。

 

人との関わりを大切にする

 

青春は、人との関わりが深くなる時期です。友人や恋人、家族など、さまざまな人と関わり、人間関係を築いていきましょう。

人との関わりは、自分を成長させ、豊かな人生を送るための大切な要素です。

 

後悔のない青春を送る

 

青春は、いつまでも続くものではありません。後悔のない青春を送るために、自分の心に正直に、思い切って行動してみましょう。失敗を恐れず、積極的に挑戦することが大切です。

まとめ

 

青春とは、人生の春にたとえられる、若く元気な時期です。活力とエネルギーに満ちあふれ、悩みや葛藤を乗り越えることで、成長と変化を遂げていきます。

 

青春は、人生の貴重な時期です。後悔のない青春を送るために、自分の可能性を探り、人との関わりを大切にし、思い切って行動してみてください。

カテゴリー
タグ