この記事は約 5 分で読めます ( 約 2665 文字 )

メルカリ便で郵便局やヤマト運輸やコンビニに荷物を持ち込んで、発送手続きしている時に、局員の方に計測でサイズが違う指摘とされて仕方なく発送変更をせざる負えなくなります。

 

そんな場合の対処の仕方を明記したいと思います。

 

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

最安のメルカリ便と最低利用料金に注意!

 

メルカリ便で配送する場合は、配送の種類と厚さサイズに違いがあります。

 

サイズごとの利用できる最低料金がありますのでご注意ください。

 

 

特に

 

「ゆうゆうメルカリ便」では

厚さが3cm以上になった場合は販売価格が1000円以上でなければ利用できなくなります

 

 

 ゆうゆうメルカリ便らくらくメルカリ便
最安値の規格

厚さ3cm以下

 A4サイズ

厚さ2.5cm以下 

A4サイズ

その最安値運賃

 

175円

 

195円
最低利用料金基準①

 

60cmサイズ

(運賃600円) 

 

販売1000円以上

 

コンパクト便

(運賃380円)

 

販売450円以上

最低利用料金基準① 

60㎝サイズ

(運賃600円)

 

販売1000円以上

備考

コンパクト便は2種類。資材は65円(税込)購入必須。

 

薄型・24.8×34cm

箱型・5×20×25cm

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

発送通知前で発送変更の方法

 

厚さがは大丈夫だと思っていたが、計測用の穴に通らずサイズ違いを指摘された場合は、

 

慌てずに

 

購入者に連絡した後に取引画面の発送の変更を押して、再度やり直しができます。

 

 

1・「らくらくメルカリ便」で厚さが2.5cm以上3cm未満だった場合。

 

発送変更画面で購入者に連絡して

 

「ゆうゆうメルカリ便」に発送変更する

 

 

2・「ゆうゆうメルカリ便」の厚さが3cm以上だった場合

 

1・販売価格が450円未満の商品

 

匿名配達ができなくなりますので、購入者に連絡して、匿名配達ができないことを説明して、了承された場合に名前、住所など送ってもらいメルカリ便以外の発送(定形外郵便等)に変更して発送する

 

2・販売価格が450円以上1000円未満の商品なら

 

らくらくメルカリ便の「コンパクト便」で対応できるか確認。OKの場合は、発送変更で「らくらくメルカリ便」に変更する。NGの場合は、購入者に連絡して発送変更で未定に変更して定型外などの他の発送方法にする。

 

ここで注意したいのは、発送方法の変更に伴い、

 

必ず購入者に変更しなければならない内容を先に連絡して相手が了承した上で変更することになります。

 

もし、相手が

匿名配達以外の配送やコンビニ受け取り以外は無理などになれば

取引自体がキャンセルになります。

 

 

※らくらくメルカリ便のコンパクト便について

 

何度か利用していますが、

薄型タイプの方が意外と大きめの商品も入りました。

 

このコンパクト便はあまり目立つようでない限り、

蓋が閉まればいいという基準だそうなので厚さ5cm以上の商品も送れました。

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

サイズ違いなどのトラブル防止する方法

 

1.メジャーを用意しておく

 

一番の方法はメジャーなどで商品を梱包した状態での外寸を測定しておくこと

 

私の場合は、

A4サイズの封筒に入れて発送する場合が多いので、
A4封筒に入れば、ゆうゆうメルカリ便を利用できるという確認にしてます

厚さが微妙な商品もあるので、

事前にらくらくメルカリ便のコンパクト便の2種類を各1部購入しておき、
それで梱包できるかも確認しています。

 

2.測定の専用スケールを購入しておく。

 

 

ローソンでは無料で紙でできた計測用紙を配布しています。

 

 

メルカリ便のサイズを間違えると運賃差し引きで赤字

 

1・販売価格450円で設定していた場合

 

 
厚さが3cm以内だった場合は

販売450円-手数用50円-運賃175円=225円

 

厚さが3cm以上だった場合は
らくらくメルカリ便コンパクト便に変更すると

販売450円-手数用45円-運賃380円-箱代65円=-40円

 

3cm以上であれば40円の赤字になってしまいます

 

 

2・販売価格1000円で設定していた場合

 

 

厚さが3cm以内の場合は

販売1000円-手数料100円-運賃175円=725円

 

厚さが3cm以上になってしまった場合は

販売1000円-手数料100円-運賃600円=300円

 

販売価格が1000円でも400円以上の利益の差がついてしまいます。

 

間違って発送通知をしてしまった場合やサイズ違いで返送された場合

 

この場合は、

 

メルカリ便は再度利用できなくなりますので、事情を購入者に連絡して名前・住所を教えてもらって、メルカリ便以外の配送をするしかありません

 

 

 

 

最後に

 

小さなものや本などを贈るときの基準は

 

A4サイズか?厚さが3cm以内か?を注意していれば大体が大丈夫です。

 

厚さと幅に注意しましょうね

 

追記・郵便局は基準が緩いと聞いたので、厚さ3.2cmの商品を持ち込んだ結果は

 

ある口コミでは

 

コンビニだと無理だと思いますけど、直接郵便局に持ち込んだるすれば、大体の感じで受付してくれる。私の場合も若干サイズ違いでも商品でも「いいよ」と受け付けてくれたし、自分の旦那が郵便局員なので聞いてみると、大体のさじ加減でやっているからギリギリ位であれば受け付けるよ、と言っていたので間違いありません。

 

上のような口コミを見かけたので、郵便局に直接持ち込んだら大体の感じで受け付けてくれるということを見たので、実際に持ち込んでみた。

 

商品は

厚さ3cmをわずかに超えている3.2cm。

 

郵便局に行くと女性局員が

 

すぐに

 

「これは少し厚いので測ってみますね」

 

と言ってスケールを持ち出した。

 

すると、硬い本だったので

僅か2mmでも引っかかって穴に通らなかった。

 

女性局員は

 

「申し訳ございませんが、決まりなので発送できません。ゆうぱっくにしてください」

 

と言われてしまった。

 

この商品は600円で販売予定だったので、ゆうパックでは送れないガックリ。

 

しつこく言ってみた

 

「多少の違いなら大体でOKと聞いたのですが・・・」

 

女性局員

 

「申し訳ございません。決まりなので」

 

と、とりつくしまもない。

 

人によってはギリギリOKにする人もいるのでしょうが、近くの郵便局ではだめでした。

残念・・

 

 

 

まとめ

 

1・厚さ・大きさを必ず確認。

 

厚さ3cm以下なら、ゆうゆうメルカリ便。

 

 

2・厚さ3cm以上の場合、らくらくメルカリのコンパクト便で発送できるか確認

 

値段が450円以上で採算がとれるかどうか?を確認する

 

 

3・コンパクト便に収容できないサイズは1000円以上で販売できているか確認。

 

 

運賃は60cmサイズで600円なので採算が取れるか確認する。

 

先ずは、厚さが3cm以内かどうか確認することですね。

 

厚さを測るには100円ショップのメジャーを購入するか、

もしくは今のローソンには郵便のゆうパケット専用のサイズ測定の厚紙を無料でもらえます。