この記事は約 4 分で読めます ( 約 1811 文字 )

 

 

よく日本のフランス料理のレストランの店名に「シェ・○○」とあるのを見かけますが
一体なんだろうと思いますよね。

 

「シェ」の意味は

 

フランス語で「chez」と書いて「家」を意味する言葉です。

 

例えば、「中村屋」は「シェ・ナカムラ」(中村さんの家)など

 

そんな「シェ」の由来や使い方やフランス語で同じく家を指す言葉でアパートなどに使われる「メゾン・○○」などもありますが、シェとメゾンの違いなども含めてご紹介します。

 

シェの意味はフランス語の「家」

 

 

なかやまきんに君が食事したフランス料理店「シェ・松尾」とは「松尾さんのお店」なんですね。
フランス料理店の店名の前にある「シェ」は

 

  • 文字 chez
  • 言語 フランス語
  • 意味 「~の家に」「~の店(会社)に」
  • 文法 前置詞 ※英語だと with にあたります。

 

「chez」の後ろには人名や店名の他に代名詞や一般名詞が続きます。

 

発音は日本人にはやはり「シェ」と聞こえますね。↓

 

<スポンサーリンク>

「シェ(chez)」フランス語の使い方

 


シェは、主に以下の2つの使い方があります。

 

 所有者や場所を表現する

 

シェは、所有者や場所を表す場合に使われます。

 

例えば、

 

  • Chez moi, j'ai un chien.(私の家には犬がいます。)
  • J'ai achete un sac chez Hermes.(エルメスの店でバッグを購入しました。)

 

所有者や場所を表す名詞の前にシェを付けることで、「~の家に、店で」という意味になります。

 

集団や国を表現する

 

シェは、集団や国を表す場合にも使われます。

 

例えば、

 

  • L'inflation regresse chez nous.(インフレは私たちの国では減少しています。)

 

のように、

 

集団や国を表す名詞の前にシェを付けることで、「~の国では、集団において」という意味になります。

 

<スポンサーリンク>

シェ「chez」の由来

 

フランス語の「chez」はラテン語の「casino 」(家)という言語が元です。

 

12世紀の古フランス語の「chiese」(小屋)から由来したといわれています。

 

「シェ」と「メゾン」の違い

 

 

シェ chez と メゾン maison ともに家を表す意味を持っていますが文法が違います。

 

 

  • シェ chez は家を表す前置詞 
  • メゾン maison は家を表す名詞 

 

フランス語では家、建物の意味で英語では「house」に相当します。

mansion(マンション)は同語源。

 

「メゾン・○○」と名前をつけているアパートは間違っていますね。

 

例えば

 

  • Elle habite une grande maison.(彼女は大きな家に住んでいる)

 

ファッション業界では

「オートクチュール・メゾン」などのように会社または店などの意味でも使われています。

 

 

<スポンサーリンク>

【まとめ】「シェ」は日本ではフランス料理店に多用されている

 

 

 

 

日本ではザ・○○など英語を多く多用しているのでフランス語を日本語訳しているカタカナはよくわかりませんよね。

 

「シェ」は、フランス語で「家」を意味する前置詞で

 

日本語では「~の家に、店で」と訳されてフランス料理店名によく使われています。

 

 

カテゴリー
タグ