この記事は約 10 分で読めます ( 約 5721 文字 )

ガソリンスタンドで便利に利用していた決済ツールのSpeedPass (スピードパス)が今年2019年7月の夏で廃止される、終了する、使えなくなる?どうなる?と噂されて、ささやかれていましたね。

            speedpassスピードパス切替

 

先日1枚のお知らせのハガキが届きました。(※このハガキはスピードパス保持者だけに送付されています。)

 

スピードパス(SpeedPass )からエネキー(EneKey)という新ツールに切り替えられるサービスが始まるようです。

 

スピードパスからWeb切替受付中

 

ハガキを良く見ると「ぜひこの機会に切り替えをお願いします」というお願いになっているので強制でないことが分かりました。

 

実際にSpeedPass(スピードパス)をエネキー(EneKey)切り替えしないといけないのか?切り替えしなくてもいいのか?ヘルプデスクに直接問い合わせしたところ分かったことをご紹介します。

 

<スポンサーリンク>----------------------

スピードパスは当面は廃止されない。切替無しで当面は継続利用できます。

 

「元Essoで現在はENEOSのガソリンスタンドに変わってもスピードパスで給油していました。ハガキが届いて心配していますが、このまま使用できますか?」

 

と直接電話で聞いたところ

 

お客様のスピードパスは切替しなくてもそのまま継続利用できます。

と返答を頂けました。

 

※但し、使用できないスピードパスもありますので下記の記事も覧ください。

2018年9月時点でENEOSのガソリンスタンではスピードパスは利用できません。

 

 

【※追記】

 

心配になり、再度違う担当者に問い合わせして「いつまでも使用できるのか?どうか?」聞いて見ましたらこんな回答を頂きました。

 

スピードパスは当面は継続利用できますが、いつまでご利用できるということは決まっておりません。もし廃止になる場合には事前にENOSEの公式ページで発表されます。

 

と話してくれました。焦って切替する必要もなさそうですが、ゆくゆくは完全切替の方向性ですね。

 

ハッキリと明言できない今の状態ですが、やはり新しいEneKeyに将来的に統合されていくようにも受け取れました。

 

(※不確かではありますが、ある情報では来年2020年7月でスピードパスの機能を終了するという話もありますので、だとしたら後1年間は有効ですね。)

 

 

2018年9月時点でESSO・Mobil・ゼネラル系のEXPRESSのガソリンスタンドで契約して利用していたスピードパスはそのまま継続利用できるということになります。(※使用できないスピードパスや1部利用できない店舗などもあります。)

 

公式HPでも、2019年夏以降もSpeedPass (スピードパス)は利用できると掲載していました。

 
つまり、以前からあるENEOSのスタンドでは使用が出来ませんが、ESSO・Mobil・ゼネラル系のEXPRESSだったガソリンスタンドは以前まま利用できます。
 
  

 

 

  

 

ENEOSへのブランド変更時にエクスプレスもEneJetに変更されますが、引き続きスピードパスはご利用いただけます。

 

上記決済ツールは一部店舗ではご利用できない場合がございます。詳細はJXTGエネルギーの下記サービスステーション検索ページでご確認ください。

※公式HPより引用

 

公式サービスステイション検索ページ
https://eneos-ss.com/search/ss/pc/top.php

 

ただし、公式HPでも記載がある通り、例外があります。

2018年9月時点でENEOSのガソリンスタンではスピードパスは利用できません。

 

詳しくは下記の公式HPでご確認ください。

公式HP:決済ツール相互利用開始時期について
https://www.noe.jxtg-group.co.jp/kessai/
 
自宅にハガキが届いたので変更しなければならないのかと慌ててしまいましたが、何もしなくても良いことになります。
 
ホッとしました。
 
それから
切替することで得られる2つのメリットなどや紛失した時の場合なども併せて教えて頂きましたので後述していきます。

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

スピードパスプラス、スピードパスプラスnanacoも継続利用できる

 

 

スピードパス以外のサービースも切替しなくても今まで通り継続利用できます。

 

 

私はスピードパスだけしか保持していませんでしたが、買い物もできる、セブンイレブンのnanacoも使えるスピードパス単体以外の2つの決済サービス(スピードパスプラス、スピードパスプラスnanacoも問題なく当面は継続利用できるそうです。

 

公式HPでも下記のようにちゃんと掲載されていました。

 

スピードパスプラス

 

 

ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルのQUICPay™取扱い店にてご利用いただけます。
利用可能な店舗はJXTGエネルギーのサービスステーション検索ページでご確認いただけます。

※公式HPより引用

公式サービスステイション検索ページ
https://eneos-ss.com/search/ss/pc/top.php

 

 

スピードパスプラスnanaco

 

 

 

エッソ・モービル・ゼネラルのnanaco取扱い店にて引き続きご利用いただけます。(2018年10月以降、ENEOSに変更されたサービスステーションを含む)

2018年9月時点でENEOSのサービスステーションではご利用いただけませんが、2019年7月からご利用いただけます。(一部のサービスステーションを除く)
利用可能な店舗はJXTGエネルギーのサービスステーション検索ページでご確認いただけます。

※公式HPより引用

公式サービスステイション検索ページ
https://eneos-ss.com/search/ss/pc/top.php

 

2019年7月より新ツール(ENEOS nanaco)導入予定とありましたが、現在のスピードパスプラスnanacoも継続利用できますね。

 

スピードパスプラスnanacoは元々ENEOSだったスタンドでも今年の2019年7月から使用できるようになるそうです。

 

これでスピードパス以外の決済サービスを利用していた人も一安心ですね。

 

詳細は下記HPでご確認ください。

 

公式HP:決済ツール相互利用開始時期について
https://www.noe.jxtg-group.co.jp/kessai/

 

<スポンサーリンク>----------------------

スピードパスは新規発行・再発行できない事実

 

オペレーターの方から念を押されて、ある注意事項を言われました。

 

今後個人管理しているスピードパスが1度でも紛失・故障した時点でスピードパスの再発行できないので利用は終了してしまいます。

 

注意しなければならない点は、2019年7月以降はスピードパスの新規発行は無くなるということでした。

 

今後についてはスピードパスは発行せず、全てEneKey(エネキー)に統一されるという事実を知らされました。

 

つまり

 

一度紛失したり、壊れたりした場合はスピードパスからEneKey(エネキー)に必然的に切り替えするしか方法はなくなるということです。

 

これから新規でガソリンスタンドの決済ツール利用希望者はEneKey(エネキー)1択になりますね。

 

そのまま使い続けて完全に廃止になった時にガソリンスタンドで切り替えるか?または、最初から切り替えておくか?どちらかの選択が迫られますね。

 

 

スピードパスとエネキー(EneKey)の違いと切替に伴うメリット

 

 

新しい エネキー(EneKey)は全国のENEOSセルフスタンドで利用できるようなります。また、Tポイントの付与がされます。ただクレジットカードによっては出来ないカードもあります。

 

EneKey切替のメリット

 

エネキー(EneKey)が以前のスピードパスとは違う特徴は2点となります。

 

 

  • 全国のエネオスの全てのセルフのガソリンスタンドでキャッシュレス決済できる。(※スピードパスは昔のEXPRESS系ガソリンスタンドのみ利用可)
  • Tポイントの付与と利用ができる(200円で1P)

 

今までのスピードパスの盗難補償一日の使用限度額の制限などの保証なども引き継ぎ同じ条件で継承されていますので、安心して利用できます。

 

【関連記事】

エネキーとはENEOSで使えるスピードパス後継版7つの機能

 

但し、Tポイント付与などクレジットカードはカードの種類により付与可能・不可があるそうなので事前の確認が必要です。

 

つまり、既に契約カードでガソリン給油の特典を付加しているのでTポイントは付加しません。ということですね。
 
Tポイントが付与されないカードには、ENEOS カード、楽天カード、ANAカード、JALカード、d カードなど多数あります。

 

公式HP:EneKey提携カード
https://eneos-enekey.com/kirikae/tpoint/

 

今回のエネキーは発行に伴う改変などもありましたので別の記事で詳しくご説明していますので、ご参照ください。

【関連記事】

 

また楽天カードの特典ポイントも1倍から0.5倍に減額されるなどの改変もありました。別の記事で詳しく説明していますので、ご参照ください。

 

【関連記事】

エネキーに紐つける楽天カードの特典や他カードとの比較

 

エネキー(EneKey)に切替した方がよい条件の人は

 

将来的に廃止になる予定なので最初から切替しておいた方がよいかもしれません。

また下記の2つの条件に当てはまる方は切替したほうがお得かもしれませんね。

 

  • 指定してる馴染みのGSがなく全国のENEOS(エネオス)のセルフガソリンスタンドを利用したい人
  • Tポイント付与と支払いでTポイントを利用したい人(※Tポイント付与できないカードもありますのでご注意ください。

 

 

今回スピードパスからエネキーに切替するタイミングでクレジットカードも変更する人は、切替手続きをしないで、現在のスピードパスを廃止して新規でEneKeyを登録した方が良いです。

 

 

 

なぜなら直接問い合わせした回答からわかりました。

 

切替予定でクレジットも変更する場合は、切替手続きをしないで最初から変更予定のクレジットカードでEneKeyを新規登録した方が良いです。

 

また使用しなくなったスピードパスはご自身で退会してください。

 

とアドバイスを受けたからでした。

 

つまり

 

 

現在スピードパスを持ってる人

エネキーにする時にクレジットカードも変更する予定の人

 

 

 

ガソリンスタンドでエネキーの新規登録・発行は

エネキー申し込み登録の仕方・作り方とスタンドで実際の使い方

 

持っているスピードパスを退会(電話・ネット)する場合は

 

 

※もし切替する予定の方は「カードが対象であるか?」「手続きはどうなるのか?」などを不明な点がある方は下記の公式サイトで必ずご確認ください。

 

現在繋がりにくくなっているようです。もしお急ぎな場合はお近くのENEOSのガソリンスタンドで直接聞いた方が早いと思われます。

 

 

エネキー(EneKey)の切り替えについて

 

 

スピードパスからエネキー(EneKey)切替の方法は2通りあります。Web上の切替(現在は一時停止)、店頭での手続きになります。もし切替予定であればWeb上の登録は簡単にできますよ。

 

※2019年8月現在Web切替は一時停止しています。

 

【※追記】Web上の手続きは簡単でも、届くのに時間がかかる、Tポイント紐つけ登録は届いてからスタンドで登録になります。
つまり2度手間になりそうですので店頭受付にする方が賢明ですね。

 

Web上からの切り替えは簡単です。

 

身分証明などの提示も必要なく、スピードパスのコード番号とクレジット番号(下4桁)と生年月日のみで自動切り替えになるからです。

 

新しいエネキー(EneKey)が届くまで現在利用中のスピードパスが利用できます。
新しいエネキー(EneKey)が届いたら、従来のスピードパスの廃止を電話かネットで手続きするだけです。

 

※スタンドで確認しましたら、Tカードの紐つけはEneKeyが届いた後に最寄りのガソリンスタンドにTカードの持ち込みが必要とのことでした。

 

 

店頭の切り替えは

免許証、クレジットカード、Tカードなどの提示をすれば、即日発行されます。

 

 

 

トクタスメール割引サービスも切替後も継続

 

スピードパスの切り替えで気になる最後のことは、トクタスメールの割引サービスでした。

 

トクタスメール→ スピードパス限定メールサービス

 

心配になりトクタスメールについても聞いてみました。

 

トクタスメールのサービスはガソリンスタンド店舗ごとのサービスなのでEneKey(エネキー)に切り替わっても同様なサービスを受けられるか店舗に直接聞いてみたください

 

とのことでした。

 

 

【追記】

 

行きつけの元Esso、今はEnejetのENEOSガソリンスタンドで聞いてみました。

 

スピードパスをEnekeyに変更した場合もトクタスメールの2円引きのサービスは継続されるという事でした。(※私が利用しているGSの場合)

 

但し、新しいサービスEneKeyにした場合、古いスピードパスは廃止にするために新しくトクタスメールの再登録し直さなければならないそうです。

 

私のGS(ガソリンスタンド)では上のような対応でしたが、スタンドによっては対応はまちまちなので必ず事前にご利用されるスタンドでご確認ください。

 

(※旧EXpressのスタンドではトクタスメールはありましたが旧ENEOSスタンドでは元々無いスタンドもあるようですのでご確認ください。)

 

トクタスメール利用ガソリンスタンド検索

 

エネキー切替に関する「まとめ」

 

スピードパスは当面は継続利用できる。(※確かではありませんが、ある情報によると来年2020年7月までの予定みたいです。)

 

特別提携クレジットカードのSS利用特典終了やポイントが変更になる。(※楽天は2倍→1.5倍)

 

知らぬ間に楽天ポイント特典付与がTポイントの200円1Pと同等になるようで残念です。

 

最初の述べたように2度目の問い合わせで、

 

ずっとスピードパスが使えるということではなくて、当面は使えるという表現でしたし、廃止になる場合には事前に発表になるという話もありましたので、ゆくゆくはスピードパスは廃止になって新しいEneKeyに変わってゆく感じに受け取りました。

 

 

スタンドの方からは

 

お客さんのスピードパスはわざわざ変更・切替しなくても、そのまま利用できますよ。だから面倒な切替の作業しなくても別にいいですよ(笑)

 

とスピードパスのオペレータの方と同じ内容のことを言われました。(笑)

 

私の場合は

 

スピードパスに切り替えても、使用できるガソリンスタンド(ENEOS)が増えても指定GS以外では給油をしないし、楽天カードを紐つけしているので、Tポイントの付与はありません。

 

不安な方は行きつけののガソリンスタンドで直接聞いてみてくださいね。

 

 

【関連記事】

スピードパスの新機能など

 

新しいエネキー(EneKey)やスピードパスについて詳しく確認したい方は、下記へお問い合わせしてみてください。

 

現在繋がりにくくなっているようです。もしお急ぎな場合はお近くのENEOSのガソリンスタンドで直接聞いた方が早いと思われます。

EneKeyヘルプデスク

受付時間:月~金 9:00~18:00(受付時間外は自動応答)

フリーダイヤル :0120-323-163
携帯からは :03-6634-7880
EneKey公式ページ

スピードパス ヘルプデスク 

受付時間:24時間自動応答

フリーダイヤル:0120-838-395 
携帯電話からは:03-6634-7882