この記事は約 12 分で読めます ( 約 6844 文字 )

 

中古イグニッションコイル交換でフィットGD1のアクセルのガクンガクンが完治!

 

愛車HONDAのフィットが急に坂道や初期の加速時にアクセルを踏むとガクンガクンとシフトチェンジするような症状になった。

 

普通に市内をゆっくりと加速すると全然そのような症状がでていなかったので気が付かなかった。

 

HONDAディーラーに車を持ち込んだら多分イグニッションコイルの故障ではないかとのこと。

 

初期のフィットはコンピューター診断ができないのでL13Aのエンジンは4気筒のツイン形式なので8本のイグニッションコイルを交換しないといけないと言われる。

 

予算は7万円以上。

 

純正のイグニッションコイルが高すぎるのでネットでの社外品の格安のイグニッションコイルを手配しようとした。

 

悪戦死闘して見つけた格安の中古イグニッションコイルと新品のプラグを格安でとある整備会社で交換してもらえたお話。

 

<スポンサーリンク>

イグニッションコイルの前兆の症状と原因

 

 

今回イグニッションコイルが不調になった1年前に起きた現象はプラグの不良でした。

 

低速の加速では問題ないのですが高速道路で60キロ以上の加速をするときに一瞬ノークラになる感じの症状がでていました。

 

やはりディーラーに持ち込むとプラグの不調かもしれないと1万円支払い全新品交換しました。

 

丁度1年後に今回のような低速時に60キロまでに上げる途中でガクンガクンといいながらシフトがあがる感じになりました。

 

坂道や急にアクセル踏む時だけの時に症状がでてきています。

 

ディーラーいわく初期のフィットは1気筒2本のイグニッションコイルとプラグを利用しているがリアのイグニッションコイルの不良だと思われるとのことでした。

 

イグニッションコイル不良 スパークして白くなってる

 

実際に町の自動車整備工場でイグニッションコイルの交換をしてもらった時にリアの1本のイグニッションコイルの不良とプラグの不良がみつかり多分それが原因だったようです。

 

 

<スポンサーリンク>

イグニッションコイルの寿命

 

イグニッションコイルの寿命は10万キロといわれているようです。

 

しかし

 

実際には20万キロ以上乗っても交換していない車も多数あり中には60万キロ超えても交換していない車もありました。

 

ちなみに私の車もイグニッションコイルは20万キロ以上交換はしていませんでした。

 

<スポンサーリンク>

イグニッションの費用(新品・社外品・中古)

 

今回交換した初期フィットのGD1のイグニッションコイルの費用は8本で5000円ほどでした。

 

なぜ安いのか?

 

それは純正の中古のイグニッションコイルを調達したからです。

 

新品・純正品イグニッションコイル


 

1本8000円前後します。

 

純正以外にも社外品もブランド品であれば問題がなくネットでも販売はしています。

高いけれども日本製で安心です。

 

メーカーは日本特殊陶業(NGK) や日立などもあります。

 

社外品(ノーブランド)イグニッションコイル

 

ここでいう社外品はノーブランド品を指します。

 

ネットで販売されているノーブランド製品は1本2000円前後

 

殆どが中国製です。

 

安い分、故障などのリスクがあります。

 

一番人気がAmazonの新品のプラグが付いて8本で1万4千円ほどの物です。
日本の会社が販売していますが製造国は中国です。


 

ただレビューなどをみてみると1万キロも走行しないで故障したなど多数の口コミがあります。

 

YouTubeでもHONDAの社員の方が注意している動画が配信されています。

 

 

中古イグニッションコイル

 

中古イグニッションコイル GD1 CM11-109 108

 

純正品の中古価格には差があります。

1本500円~1000円ほど

 

私が買ったのはYahoo!ショッピングです。

 

「型番 中古 イグニッションコイル」で検索すると以下のような検索結果が出てきます。

 

Yahoo!ショッピング「GD1 中古 イグニッションコイル」

詳細で走行距離や動作確認などを確認して購入します。

 

社外品と同様なリスクがあります。それは故障です。

 

中古なので走行距離があるためいつのタイミングでダメになるかわからないリスクがあります。

 

中国製を使いたくない人で安く手に入れたい人向けです。

 

多くは廃車になった車から取り外されたもので走行距離が10万キロ近いものが多いのが現状です。

 

購入先はAmazonや楽天市場やヤフオクやメルカリなどでも購入できます。

車の車種と形式とイグニッションコイルで検索するとでてきます。

 

 

<スポンサーリンク>

イグニッションコイルの交換費用

 

 

イグニッションコイルの交換費用は本当に様々でした。

大体が5000円~1万円ほど

 

私が電話して確認したところ

 

  • HONDAディーラー①  5000円
  • HONDAディーラー①  10000円
  • 町整備工場①      15000円
  • 町整備工場②      3800円

 

様々な結果となりました。

 

初期フィットはコイルとプラグが8本あるので高くなっているのかもしれませんが幅が広くなっています。

 

もしかしたら実際に現場では価格が変更される可能性があります。

 

私は下記のサイトで町の車整備工場をみつけて予約していきました。

 

車検・オイル交換・キズ・ヘコミクルマのことなら↓
グーネットピット

 

細かい内容をすり合わせ出来るのでいいですね。

 

まとめ

 

私のイグニッションコイルの購入価格と交換費用の合計は新品プラグ含めて約1万2千円でした。

 

フィットGD1

 

中古イグニッションコイルを持ち込み交換で合計約1万円

 

  • 中古イグニッションコイル 前・後ろ 8本 5000円
  • 新品NGKスパークプラグBKR6E11    8本 2600円
  • コイル・プラグ交換            3800円

合計                  11400円

 

 

 

もし

 

HONDAディーラーで交換したとしたら

 

合計で約8万円ほど

 

  • 新品イグニッションコイル 8本 65000円
  • 新品プラグ       8本  4000円
  • コイル・プラグ交換       10000円
  • 合計              79000円 

 

約7万円の差が生じていました。

 

町の車整備の会社では全てのイグニッションコイルを取り外してプラグもみてくれて1本のコイルとプラグがショートして不良になっていたといわれました。

 

コイルは念のため全部交換した方が良いといわれましたが、プラグは1本だけ交換で問題ないといわれました。

 

本当に親切な工場で工賃がディーラーより半額以下で本当に良かったです。

 

ディーラーで見てもらうのはいいのですが、1本交換などをしてくれるところもあるとは思いますが丁寧にみてもらるというより基本は新品全取り換えになります。

 

1年前ディーラーで見てもらった時も1本だけプラグが不調だったと思いますが、それも指摘されずに全交換。

 

もしかしたらその時にイグニッションコイルの外装からでも不良が見て取れたかもしれませんが立ち合いもできないので任せっきりになりました。

 

一番いい方法は町の人気が良い評判が良い車整備会社で立ち会っても嫌がらず丁寧に親切に診断してもらえる工場をみつけることですね。

 

どんな時も一番はディーラーだとばかり思っていましたが違うということがよくわかりましたし、今回は本当によい勉強になりました。

 

【くるま関連記事】

カテゴリー
タグ