この記事は約 2 分で読めます ( 約 1105 文字 )

ご香典ご霊前の適正金額

 

お通夜やご葬儀で、ご香典やご霊前を包む時に気になるのは金額ですね。

そのような時に4000円が財布にあったので、

四千円でいいと思って全額を香典袋にいれててしまうというのは、

やめなければなしませんね。

 

 

ご香典ご霊前で4000円などの金額は何故良くないのか?

不幸な行事で日本古来から嫌われている数字があります。

 

死や苦しみを連想させられる「4」(四・死)と「9」(九・九)です。
その日本語の呼称から不幸を連想させる数字を忌み数と呼ばれれいます。これは、日本独自の文化で日本語由来のものですね。

 

このようなことから、葬儀などで包む金額も4や9を避けられるようになりました。

今でも病院や、それ以外の建物でも4号室や9号室を抜かしていることも見受けられますよね。

 

<スポンサーリンク>

偶数金額も良くないと言われています。

 

2千円や4万円などですね。

それは、偶数で割り切れるからと言われています。

 

つまり、

 

割り切れるということは、「切れる」ということを連想され、故人と縁が切れるという良くない連想につながるからです。

 

ご霊前・ご香典で一般に使用される金額とは

 

5千円、1万円、3万円、5万円

 

という金額が妥当だと思います。

5千円の場合は千円札を5枚揃えるのではなくて

5千円札を1枚にします。

連名の場合は

お一人1000円などもありますが、

4名で4千円ととなるので千円足して5千円札1枚にしましょう。

また9名で9千円とかも良くないので

1000円足して1万円札で1枚とします。

 

<スポンサーリンク>

香典3000円は失礼なのか?大丈夫なのか?

 

それ程も親しくもない方の場合は

3千円でもいいかと思います。

ただし、地域などによっては非常識に思われる場合もあります。

もし

お知り合いの方がいらっしゃる場合は

連名で2名なら2500円づつで5千円札

やお二人で1万など工夫されても良いかと思います。

その他

ご霊前、ご香典でタブーなことでは

 

新札でなく古いお札といわれますが、

今はそれほど気に成されなくなりました。

但し、お札は裏側向きで入ましょう。

 

また
同じ家に住んでいても、

世帯が別な場合は連名でなくて個人個人で出しましょう。

 

 

 

【まとめ】一番安い妥当なご霊前・ご香典金額

 

一番問題がない妥当な安い金額としては

 

5千円札1枚

 

です。

 

連名やご一同でまとめて、1万や3万などのゴロがいい金額にします。

 

また

どうしてもご近所などであまり親しくない方などの場合は、

ご近所などのお話を聞いたうえで3000円でもよさそうな場合は

3000円で済ませる方も多いです。

 

会社関係の場合は、どこまでの範囲がという場合もあります。

会社一同で支払い場合は一人1000円とか3000円とか決まりもあるので会社関連の場合は聞かれた方がよろしいかと思います。