この記事は約 15 分で読めます ( 約 8850 文字 )

  • 生活

ガスコンロのガスホースを自分で交換する時の注意3点と手順

 

ガスコンロを交換する時やなど自分でガスホースを交換するにあたって、知っておかなければならない注意すべき3点があります。

 

  1. ガスホースの種類
  2. ガスホースの取りつけ口のタイプ
  3. ガスホースの適切な長さ

 

これらの3点の注意点を具体的に順に説明していきます。

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

注意1:ガスホースの種類は2つ「薄いピンク色」「オレンジ」

 

意外とガスコンロのホースや裏側を見る機会はないと思いますが、ガスホースには2種類あります。

 

  1. 都市ガス薄いピンク色
  2. プロパンガスオレンジ色

 

「都市ガス」は「薄いピンク色」


「プロパンガス」は「オレンジ色」


 

 

交換する前に、ガスコンロの裏側を覗いて、色を確認してみてください。

 

ガスコンロ裏側に記載があります。

 

  1. 「12A」「13A」と記載されている場合は都市ガス
  2. 「LPG」と記載があればプロパンガス

 

となります。

 

その他での確認は

 

火災報知機で区別することができます。

 

  1. 都市ガスは空気より軽いのでガスコンロ上部の天井側につけられています。
  2. プロパンガスは空気より重いのでガスコンロのキッチン下の床側に取り付けられています。

 

確認してみてください。

 

 

 

またガス漏れの時に無味無臭だと危険なため、無臭のガスにあえて臭くツーンとする匂いをつけています。

 

ご自分で店舗やネットで購入する場合は、

 

都市ガス用(薄いピンク色)プロパンガス用(オレンジ)を間違わないようにご購入ください。

 

【都市ガスとプロパンガスの見分け方】

 

ガスホースのを確認する
ガスコンロ記載の記号を確認する
ガス報知機の位置を確認する

 

ゴムホース内径は2サイズ

 

ガスホースは

 

内径9.5mm

内径13mm

 

の2つのサイズがあります。

 

一般的なのは

家庭用のガスコンロに利用されているのは内径9.5mmのガスホースです。

 

内径13mmのガスホースは、業務用などガス消費量の多い器具で使います。

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

注意2:ガスの元栓は2種類

 

ガスコンロに取り付けるガスの元栓(ガス栓)の形状は基本的に2種類です。

 

  1. 赤のホースエンド型(丸みがある)
  2. 黒のコンセント型(丸みが無い)

 

「ホースエンド型」

 

ガス元栓にそのままガスホースを取りつけるものです。
取りつけ口が段々に丸みがありホースが抜けない形状になっています。

 

ガスホース取り付け

 

多くのアパートや古い家屋の場合はこれが一般的です。

 

「コンセント型」

 

今では一般的になったカチッとガスコードを簡単に取り付けできるタイプです。

 

カスの元栓に下記のような器具用のスリムプラグが既に取りつけされてものもあります。

元栓はホースエンド型とは違って平らです。

 

ガスホースの取り換え時期

 

 

 

以上2種類があります。

 

赤がホースエンド型黒がコンセント型となります。

 

既存のホース交換される場合は、

 

スマホなどで写真を撮るか、

ガスの元栓を閉じて、ホースを取り外して

店舗で現物と見比べながら、または店員さんに渡して同じものを購入されるのをお勧めします。

 

 

ホースエンド型は ゴムホースを直接つなげる方法
コンセント型は ガス管ソケットでホースをつなげる方法

 

ホースエンド型のホース交換は

 

そのままホースを両端子の赤い線まで装入して根元をバンドで止めて終わりです。

 

コンセント型のホース交換は、

 

両端にソケットがついている既存品を購入してカッチと取り付けるか、

ソケット部分だけを購入してゴムホース両端に取り付けて取り付けるかです。

 

ソケット付きガスホース


 

ガス管ソケットのみ

 


交換される場合は既に既存のホースがついているので形状を確認できます。

 

ガス接続口

 

新居に引っ越してきた方などは、コンセント型にそのままガスホースを取り付けてしまう場合に火災などの事故が発生しまう危険があるので十分に注意してください。

 

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>----------------------

注意3:ガスホースの長さ|適切な長さに調整

 


 

上の写真は3mの都市ガスコードですけれども、ガスコンロで使用するガスホースの長さは大半は1mもしくはその半分の0.5mです。

 

なぜなら、コンロ脇にガスの元栓が設置されているからです。

 

市販されているガスホースの長さは主に

0.5m、1m、2m、3m等の長さが様々あります。

 

 

どのくらいの長さのガスホースにしたらいいかは、

購入前に大体の長さを測るか、ガスの元栓を閉めてそのままガスコードを取り外して購入されるのがお勧めです。

 

但し

 

新しいガスコンロを購入した場合はガスの接続口とガス栓の距離が違ったりしますので大よその長さを測定してから購入しましょう。

 

 

大体のガスホースの長さは0.5mで大丈夫なことが多いはずです。

今回も自分で交換したホースも50cmで間に合いました。

 

ここで長さ調整の注意点です。

 

ガスホースの長さ「適切な長さ」に調整

 

そのまま取り付けてもいいのですが、余計な曲がりなどホース自体にストレスをあたえる格好になった場合には長さ調整が必要になります。

 

ガスホースの良くない状態
  • 無理な曲がり
  • ねじれた状態
  • コンロの下を通す
  • コンロに接触している

 

上記の場合は長さを短くしなけれななりません。

 

 

その場合は普通のハサミやカッターで切れます。

 

ガスホースはハサミで切る

 

ガスホースを丁度よい長さ(ピンと張るようなギリギリな状態でなくて、少しホースがゆったりする余裕をもたせて)切りましょう。

 

<スポンサーリンク>



ガスホース交換の手順方法:ガスホースの外し方・取り付け方

 

 

 

実際にどのような手順でガスホースだけを交換すればいいのか順にご説明しましょう。

ガスホースには種類があり、取りつけ口にも種類があります。

 

また長さを適度にすることと最後に確実にとりつけること。

 

購入するガスホースには説明書が添付されていますので、説明書にそって間違いなく取り付け作業をしましょう。

 

一番の問題はガス漏れです。

 

 

 

しっかりとガス漏れがないかを確認して終了です。

それを防ぐには新しい耐性がある適正なホースと的確な取り付けが肝心です。

 

ご自身でガスホースを交換する場合は自己責任において取りつけになります。

心配な場合は、ガス会社に電話してお金はかかりますが、取り付け確認の作業を依頼しましょう。

 

 

 

1・ホースの形状確認

 

1:都市ガスか?プロパンガスか?の確認

ガスホースの

 

  • 都市ガス→薄いピンク色
  • プロパンガス→オレンジ色
ガスコンロ記載の記号

 

  • 都市ガス→「12A」「13A」
  • プロパンガス→「LPG」
ガス報知機の位置

 

  • 都市ガス→天井
  • プロパンガス→床

2:ガス栓の形状確認

 

  • 赤のホースエンド型
  • 黒のコンセント型

3:長さを確認

 

  • 長さ確認して余裕がある長さで購入
  • 余分な部分・長さは切り取る

 

2・ガス用ホースを購入

 

一番よい方法は外したゴムを持ち込む。又はスマホなどで写真を撮って直接お店に行って店員さんに聞いて購入するのが間違いはないですね。

 

また近所にホームセンターなどが無い場合はネットで購入もできます。

 

店舗で購入
ホームセンターなど:カインズ・ビバホーム・コメリ・ケーヨーデイツ
ガス会社など
ネットで購入
ネットで購入する場合はガスコード自体は安いのですが、送料が逆に割高になります。
もしお時間がある場合はホームセンターのガスコンロのコーナーでご購入されることをお勧めします。

 

 

3・ガスホースの取り外し方

 

このガスホースの取り外し方が一番大変かもしれません。

 

長く使用しているとゴムが硬くなり、ぴったと張り付いているので手では中々外すことができません。

 

身近な工具のペンチやカッターを利用できます。

但し、注意しなければならないのは取り付け口を傷つけないようにすることが大事です。

 

  1. ガスの元栓を閉じる
  2. バンドを外す
  3. ホースを抜く

 

ガスホースがなかなか抜けない時には

  1. ペンチなどで切る
  2. 専門工具を使用する
  3. 業者依頼する

 

 

ペンチなどで外す時は

 

内側から金属部分を傷つけないように少しずつ切っていきます。

 

私の場合は、ペンチでひっぱてもも外れない為、上部にペンチで少しずつ切れ込みを入れながら引き出しました。

 

ガスホースの取り外し方

 

なお、無理にカッターやペンチで切り込みを入れる場合に接触部分に傷をつけると隙間が出来てガス漏れなどの危険も生じます。

 

専門の工具を利用する時は

 

ホームセンターやネットで専門工具などを手配してみましょう。

 

ただし、専門工具を利用しないと外せない場合は素人感覚ですると傷つける等の心配もありますので業者さんなどを依頼した方がよいかと思います。

 

ガスホース取り外し専門工具「アポロ  ホースパス」


アポロ ガスホース取り外し専用工具 ホースパス

 

  • ・大手ガス会社などでも現行で採用されている実績のある商品です
    ・ガスホース取り外し専用工具
    ・対応ゴム管サイズ:1/2B、3/8B

 

 

業者を利用する時は

 

ガスホースを購入したホームセンターや取引のあるガス会社などに依頼した方がよいですね。

 

東京ガスを利用の方は下記にご相談されてみてください。

 

 

4・新品ホースの長さの調整

 

先の注意点を参考に長さを調整してハサミなどで切ってみてください。

 

一番確実なのは、旧コードを横に並べて同じ長さにカッターやハサミなのでカットすることです。

 

 

5・両端にガスホースを取り付け

 

ホース挿入が大変な時は、水やせっけん水をつけながら押し込む
ガスホースの取り換え時期
赤い線まで押し込んだらバンドで留める

ガスホースの取り付け方

 

※止めのバンドが無い場合はホームセンターなどに行って購入しましょう。

 

ネットでも販売していますが、バラバラに購入するより最初からバンド付きのガスホースを最初から購入した方が良いです。


6・ガスの元栓を開いて、ガス漏れがないか点火するかを確認

 

ガスコードを接続した後にはガス漏れの確認です。

接続した後に接続部分(2箇所)に石鹸水をつけて、ガスの元栓を開いたときに接続部から泡が出来たらガスが漏れですので再度取り付け直しましょう。

ガス交換の参考動画:ガスホース取り付けの注意点など

 

一般社団法人日本ガス石油機器工業会でガスコードの正しい取り付け方の動画紹介がありましたので、参考になさってください。

 

どの点に注意しなければならないかが良くわかります。

 

提供引用元:一般社団法人日本ガス石油機器工業会

<スポンサーリンク>

ガスホース寿命の年数と替え時のタイミング

 

ガスホースの耐用年数

 

市販されている都市ガス用のゴムホースには

外観に異常が認められなくても油や熱が常時かかる場合は
製造後6年以内を目安に早めに取り替えてください

という日本ゴム工業会の案内案内が添付されています。

 

 

ガス用ゴムは樹脂とゴムの複合製品必ず時間の経過とともに劣化していきます。
ガスホースの耐用年数は明示していない場合が多いです。

 

何故かというと使用状況などによって変わってしまうからです。

 

ガスホースの取り換え時期

 

交換する目安としては、

 

  • ひび割れが目立つ
  • ゴムが固くなってきた
  • 汚れが目立つ

 

 

など外見で判断して交換します。

 

また、外観上問題なくてもガスコンロを取り替える時がホースの替え時になります。
必ず新しいガスホースに交換しましょう。

 

大体多くの方が、4年から6年ごとにガスコンロを買い替えしているようですのでその場合は一緒にガスホースの交換もしましょう。

 

しかし古いガスコンロを手入れしながら何十年も利用している方は、外観を見ながらこまめに数年ごとにに交換されるのが良いでしょう。

 

<スポンサーリンク>



 

ガスコンロ・ガスホース交換を自分できない場合の費用

 

どうしても自分でガスホース交換またはガスコンロ交換ができない場合は
ガス会社や家電量販店やホームセンターまたはネットなどで業者依頼しましょう。

 

対面でお願いする場合はホームセンターなどで依頼する方が早いかもしれませんが
大よそ出張費も含めて1万円ほどになってしまうと思います。

東京ガスを利用の方は下記にご相談されてみてください。

新しいガスコンロを購入した場合は、新規のコンロ設置と取り外し回収まで依頼することは可能でしょうが、ガスホースだけの交換であればご家族の方や知人に依頼してみてはいかがでしょううか。