この記事は約 3 分で読めます ( 約 1710 文字 )

スピードパスいつまで

長い間EssoでENEOSに変わってもガソリンスタンドではガソリンをキャッシュレスでスピードパスで給油しています。

 

昨年エネキーへの切り替えが始まりましたが直接オペレーターの方に聞いたところ
2019年7月以降も普通に使えます。しかし、新規発行はできないし再発行などもできない。という返答でポイント付与もあるのでそのまま利用していました。

 

先日いきつけのENEOSスタンドに行き「スピードパスはいつまで使えますか?」と聞いたところ。

今年の6月まで」と答えでした。

 

正式に公式HPで2020年12月だと発表されました。

 

<スポンサーリンク>----------------------

スピードパスの終了廃止時期は2020年12月まで

 

ENEOSスタンドの方に聞いたところ今年2020年の6月末完全にエネキーへの切り替えになりスピードパスは終了するとのことでした。

 

店員さんに聞いた情報は間違っていました。すみません。

 

正式に公式ページでもENEOSの店頭でもスピードパスは2020年の12月にサービス終了すると告知されました。

 

公式ページ

 

この度、スピードパスは、2020年12月31日(木)をもちまして、サービスを終了とさせていただくことになりましたので、ご案内申し上げます。
本サービスをご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
長い間ご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

なお、スピードパスをご利用のお客様へは、2019年7月にリリースいたしました新決済ツール「EneKey」への切替えをご案内しております。
スピードパスをご利用の店舗またはWEBにて切替えいただけますので、サービスの内容をご確認のうえ、引き続きご利用いただけましたら幸いに存じます。

 

そのまま切れる寸前までスピードパスを利用していても良かったのですが、現在エネキーを利用すること旅行券やAmazonギフト券などが当選するキャンペーンもしているの切替することにしました。

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

スピードパスプラスの有効期限・終了時期は?

 

スピードパスプラスついては情報が無いため
追って情報を追加したいと思います。

 

 

スピードパスのスタンド店頭での切り替えは3分

 

 

スピードパスからのエネキーへの切り替えには2通りあります。

インターネットweb上からの切り替えとENEOSスタンドでの店頭切替です。

 

 

実際どちらがいいかといえば、

 

ネット切替だとTポイントやトクタスメールの登録など再度スタンドに行かないとけないし、スピードパスの廃止も自分でしないといけないので

2度手間3度手間になることから、断然にENEOSスタンドでの店頭切替をお勧めします。

 

(※ちなみに私のはTポイントカードと一緒になっているYahoo!カードのためWeb切替ができません。)

 

 

スピードパスを現在利用している人は身分証明もクレジット登録も既に済んでいるためにアッという間に終わります。

 

 

私の場合はTポイントカード掲載のYahoo!カードのためTポイントカードの登録も1度でYahoo!カードを渡しただけで1分ほどで終了してしまいました。

 

トクタスメールも再登録しないで自動で2週間ほどで切り替わるということでした。

(※1週間ほどで切り替わりのメールが届きました。)

 

 

 

残念なことが1つあります。

 

今まではYahoo!カードで100円でTポイント1P付与されていたのが今回エネキーに紐つけされてしまい200円で1P付与に切り替わるので1%から0.5%に半減してしまうことですね。

 

けれども実際のポイントの年間の具体的なポイントとしては、

1月1万円ガソリンの場合だと1年で12万円1200Pが600Pになります。

 

年間600円で月換算たら1ケ月50円の損になりますね。(笑)

 

 

スピードパス終了まとめ

 

当初はそのまま使えるとのアナウンスでしたが、結局はスピードパスは利用できなくなる廃止されるということが決定していまいました。

 

ENEOS側からしてもエネキーとスピードパスの2重管理だと経費も手間もかかるので統一するのは当たり前でしょうね。

 

現在エネキーでキャンペーンしているので早めの交換が得策だという結論に至りました。

 

後は如何にしてエネキーで割引を有効活用するかですね。