この記事は約 8 分で読めます ( 約 4257 文字 )

  • 生活

 

 

2020年7月1日からレジでのレジ袋と言われている取っ手が付いているポリ袋が有料化されます。

 

既に業界各社はレジ袋を有料化しているところも多くあります。

 

では実際に業界毎にどのような価格帯でレジ袋はいくらで販売されているのか調べてみました。

結果、業界ごと企業ごとの思惑が見え隠れする結果となりました。

 

石油資源の無料でも配布できるレジ袋を有料で配布する一方で外食産業の持ち帰りの食事については無料対応する企業が多いようです。

 

では実際に各企業や店舗が、レジ袋をどれくらいの価格設定で、いくらで販売されているのかを業界毎(コンビニ・薬局ドラッグストア・100円ショップ・ホームセンター・デパート・スーパー・外食産業・家電量販店・書店など)1袋の価格をみてみましょう。

 

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

コンビニのレジ袋有料化の価格

 

コンビニ業界はレジ袋を石油資源でないバイオマス資源などを利用した無料適用できるレジ袋に変更しますが、敢えて有料化にしているようです。

 

その中でも異色なのは北海道のコンビニのセイコーマートさんは同じバイオ素材のレジ袋なのですがコンビニ大手とは違ってそのまま無料で対応する。

 

セブン-イレブン

 

 

小、中、大、弁当用 3円

特大サイズ 5円

 

ローソン

 

 

 

全てのサイズ 3円

 

ファミリーマート

 

 

全てのサイズ 3円

 

他にはスマホアプリ「ファミペイ」で200円以上を購入してレジ袋を辞退した人に「エコスタンプ」を発行してスタンプを30個ためると対象商品のクーポンと交換できるサービスを始める

 

ミニストップ

 

 

全て 1円

紙袋 無料

 

捕捉として

2019年度のレジ袋辞退は平均31.1%だったが75%を目標にしている。

 

セイコーマート

 

北海道中心のコンビニストア

 

無料

 

 

有料対象外のバイオマス素材30%配合の袋に切り替え、当面無料を続けると発表した。

 

<スポンサーリンク>----------------------

薬局ドラッグストアのレジ有料化の価格

 

イオングループはコンビニの直営店の大半や小型スーパー、ドラッグストアのウエルシアなどでバイオマス原料を3~5割含むレジ袋を用意

 

ウェルシア

 

 

 

大 5円

中 2円

 

マツモトキヨシ

 

 

4月から有料化済

 

スギ薬局

 

 

ss 2円

3円

L 5円

 

ツルハドラック

 

 

S/M 2円

L/LL 4円

XL 9円

 

<スポンサーリンク>----------------------

100円ショップのレジ袋有料化の価格

 

100円ショップも殆どが有料化に踏み切りました。

 

ダイソー

 

 

 

Sサイズ:2円

Mサイズ:4円

Lサイズ:7円

 

キャンドゥ

 

Sサイズ:2円

Mサイズ:4円

Lサイズ:7円

 

セリア

 

 

3円

5円

 

ワッツ

 

LL:3円

4L:5円

特大:7円

 

ローソンストア100

 

小サイズ2円

大サイズ3円

 

ホームセンターのレジ有料化の価格

 

ホームセンターもレジ袋の有料化を図っています。

ただ中には無印良品ののように無料化に踏み切った店舗もあればコーナンのように元からレジ袋が無いお店などもあります。

 

ドン・キホーテ

 

 

 

小 2円

中 3円

大 4円

 

ニトリ

 

5円

 

無印良品

 

プラスティックのバックは既に廃止済み

紙製ショッピングバッグのサイズを拡大(2サイズ→4サイズ)して無料継続

 

特大サイズのものは150円(後日、無印良品全店で返品可能)

 

 

コーナン

 

 

 

LLサイズ:5円

Lサイズ:3 円

 

ケーヨーD2

 

 

5円

10円

 

ビバホーム:LIXILビバ

 

 

当面は無料

法令に基づく有料化の対象外となるバイオマス素材の配合率25%の環境にやさしいレジ袋に順次変更し、7月1日には完了いたします。

 

コメリ

レジ袋5円

 

コストコ

 

レジ袋は元々ない

※元々会員制でレジ袋自体が無いので影響はありません。

 

トライアル

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

メイクマン

沖縄のホームセンター

 

3円

 

ダイユーエイト

 

大5円

小3円

 

ホームセンタームサシ

 

 

大5円

中3円

 

 

 

デパートのレジ袋有料化の価格

 

デパート各社もレジ袋の有料化をしています。

 

デパートはレジ袋や紙袋にロゴが入っていること自体(観られる見せるなど)がステータスだったので減ることはないようにも感じます。

 

高島屋

 

食品売り場 2~20円

 

三越伊勢丹

 

食品売り場

紙袋大50円
紙袋小30円

 

そごう・西武

 

食品売り場

5円
3円
酒 8円

 

一般売り場

10円
5円
布団70円

紙袋 10円

 

大丸松坂屋

 

5円
3円

紙袋大 20円
紙袋小 15円

 

東急百貨店

 

 

 

4円
酒 10円

 

スーパーのレジ袋有料化の価格

 

スーパーは各社有料化ですね。

既に多くのスーパーは7月前から有料化してマイバックの推奨をしていたので消費者の方は7月だからといって気になる方はいませんね。

 

イトーヨーカドー

 

全て2円

 

イオン直営店・マックスバリュー

 

 

5月から有料化していました。

 

2円

3円

5円

紙袋10円

 

 

スーパービック(イオン系スーパー)

 

 

L 3円

LL 5円

紙袋 28円

 

西友

 

弁当刺身用 2円~
食品お花用 5円
衣料住居用 2円~
紙袋    20円~

 

サトウキビを原料とする植物性プラスチックを30%使用した袋に新たに切替いたします

 

オリンピック

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

5円

10円

 

いなげや

 

レジ袋 5円

弁当用 2円

 

サミット

 

大5円

小3円

 

東急ストア

 

大3円

小2円

 

相鉄ローゼン

 

大5円

中3円

刺身用10円

紙袋20~50円

 

アピタ・ピアゴ

 

大5円

小2円

紙袋10円

 

成城石井

 

レジ袋3円

紙袋15円

 

バロー

 

 

5円

3円

 

まいばすけっと

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

4月から有料化済

 

5円

2円

 

マルエツ、マルエツ プチ、リンコス、魚悦 全店

 

 

4月より実施済み

 

3円

お弁当2円

 

外食産業のレジ袋有料化の価格

 

外食産業の特徴はレジ袋を無料配布のままで対応する企業多くあります。

無料の条件としてのレジ袋はバイオマス素材なので経費も以前より増えます。

 

しかし、あえて無料化にする主な理由としては持ち帰りの比率が低く、時間ロスの削減やサービスも含めての取り組みなのでしょう。

 

吉野屋

 

無料

 

すき家

 

 

無料

 

「すき家」では、バイオマス素材の認証マークを表示した新しいレジ袋を導入し、従来通りお客様からレジ袋の代金をいただくことなく商品を販売いたします。

 

松屋フーズ

 

無料

 

このレジ袋は、植物原料を由来としておりサトウキビから砂糖生産時にできる副生成物「廃糖蜜」を主な原料としており配合比は最高純度96%を採用しております。

 

 

マクドナルド

 

無料

 

バイオマス素材の配合率が25%以上のレジ袋はバイオマス素材がカーボンニュートラルであり、地球温暖化対策に寄与するとして有料化の対象外となります。マクドナルドでは、バイオマス素材の認証マークを追記した新しいレジ袋を導入し、お客様にレジ袋代金をいただくことなく商品をご注文いただけます。

 

ロッテリア

 

 

無料

 

2袋までは紙袋

それ以上はバイオ素材のレジ袋

 

ミスタードーナツ

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

3円

 

モスバーガー

公式サイト(レジ袋有料化について)

https://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_060601_2.pdf

 

レジ袋を撤廃して紙袋へ変更

 

無料

 

くら寿司

 

無料(持ち帰りの寿司桶)

 

※無料対応のバイオ素材に切り替え

 

ロイヤルホスト

 

無料

 

※バイオマス素材のレジ袋に切替

 

スターバックス

 

紙製品で無料化

 

ガスト、ジョナサン、バーミヤン、夢庵等(すかいらーくグループ全般)

 

無料

 

バイオマスプラスチックとは、生物資源(バイオマス)から作られた合成樹脂で、今回導入した素材は、植物由来(サトウキビの絞りカス)の原料から作られています。2020年2月には、テイクアウトや宅配用カトラリーもバイオマスプラスチックへ変更しております。

 

ロイヤルホスト

 

無料

 

ケンタッキー・フライド・チキン

 

植物由来のバイオマス素材を30%配合

 

無料

 

ほっともっと

TVのCMでもおなじみの持ち帰り弁当の大手

 

無料

 

プラスチック製買物袋有料化制度において、バイオマス素材の配合率が25%以上のレジ袋は有料化の対象外となります。 ほっともっとでは、バイオマス素材の認証マークを追記した新しいレジ袋を導入し、お客様にレジ袋代金をいただくことなく商品をご提供いたします。

 

オリジン弁当

 

1円

 

なぜ無料にしないのか1円なのかTwitter上でも物議をかましています。

 

家電量販店のレジ袋有料化の価格

 

家電量販店はヤマダ電機は正式にホームページで有料化の公示をしましたが他の家電量販店は未だ不明です。

 

ヤマダ電機

 

小3円

大5円

特大10円

 

コジマ

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

 

 

ビックカメラ

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

5円?

 

ヨドバシカメラ

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

 

エディオン

 

フランチャイズ形式もあるので統一した価格でないのかも?

 

 

ラオックス

 

レジ袋の廃止済み

紙袋で無料

 

上新電機

 

5円

 

書店のレジ袋有料の価格

 

 

書店全般でレジ袋は有料化されています。

小さな本は紙カバーでいいとしても雑誌などは裸で持ち出しになるのでタイトルや雑誌自体を見られるが困る方は有料で必要になりますね。

 

宮脇書店

 

大5円

小3円

 

紀伊國屋書店

 

レジ袋2円(無くなり次第廃止)

紙袋10円

 

紙カバーは無料

 

三洋堂書店

 

3円

 

くまざわ書店

 

レジ袋5円

紙袋10円

 

丸善ジュンク堂書店

 

 

2020年7月1日よりレジ袋を有料化いたします。有料レジ袋は、ポリ袋(M / L)、紙袋(S / M / L)を予定

 

 

谷島屋

 

 

大4円

小2円

 

三省堂

 

 

レジ袋5円

紙袋10円

 

TSUTAYA

 

TSUTAYAはフランチャイズ契約のため、地域や店舗によって価格などの違いがあるようですのでご注意ください。

 

※各店舗毎に金額は違いますのでご注意下さい

 

例として、銀座 蔦屋書店では

 

ポリ袋5円
紙袋30円  

 

 

その他のレジ有料化の価格

 

その他多くの店舗でもレジ袋の有料化を実施。

注目されていたユニクロは延期の模様。

 

 

ゲオ

 

 

小・大 2円
特大 15円

 

ユニクロ・ジーユー

 

公式サイト(レジ袋有料化について)

https://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2020/03/20030916_bag.html

 

予定10円

ショッピングバックの有料化は延期

 

西松屋

 

レジ袋5円

紙袋28円

 

 

日本郵便

 

特大10円
5円
3円

 

レジ袋の材質は、非食用の「資源米」などを原料としたバイオマスプラスチックを30%配合。

 

はるやま

公式ページ(レジ袋有料化について)

 

20円

 

ペットの専門店コジマ

 

2円

10円

 

 

レジ袋有料化価格のまとめ

 

今後のレジ袋はストロー問題と同じようにレジ袋自体の素材も石油由来でないバイオ素材の物に移行していくのが感じられます。

 

 

本来なら無料で配布してもいいバイオ素材のレジ袋でも敢えて有料化にする風潮があります。

 

つまりレジ袋の無料配布するところは限られて有料化の世相になっていくのは確実ですね。

 

地球環境の破壊と石油資源による温暖化を防いでいかなければならない世の中になりつつあります。