この記事は約 7 分で読めます ( 約 4126 文字 )

テレビ東京の深夜番組だった「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」が高視聴率をたたき出しています。先日も元SMAPの中居くんがゲスト出演して好評でしたね。

 

電動バイクで電気が無くなるまで走って切れたら充電させてもらうところを探しながらゴールを目指す旅。

 

本当に面白くほのぼのする旅でゲストとの素のやり取りも見どころですよね。

 

 

この番組で使用されている電動バイクに興味をもった人も多いのではないでしょうか。

 

そこで番組で使用されている電動バイクの価格や仕様そして燃費や乗り心地など口コミも含めての評価をまとめてみました。

 

<スポンサーリンク>----------------------

出川さんが乗ってる電動バイクの車種はヤマハ・E-Vino イービーノ

 

出典:ヤマハ発動機

 

出川哲朗の充電させてもらえませんか?で出川さんを筆頭にゲストやディレクターが乗車している電気で充電して動く電動スクーターは日本のヤマハ製です。

ヤマハは楽器以外でもバイクでも有名なんです。

 

  • メーカー ヤマハ(日本)
  • 生産国  台湾
  • 名前 E-Vino イービーノ
  • 電動スクーター:原動機付自転車

 

電動バイクE-Vinoイービーノの仕様

 

  • 認定型式/原動機打刻型式 ZAD-SY11J/Y809E
  • 全長/全幅/全高 1,675mm/660mm/1,005mm
  • シート高 715mm
  • 軸間距離 1,160mm
  • 最低地上高 95mm
  • 車両重量(バッテリー装着) 68kg
  • 1充電走行距離 29km(30km/h 定地走行テスト値〈標準モード〉)
  • 定格出力 0.58kW
  • バッテリー種類/型式 リチウムイオン電池/ESB4-0
  • バッテリー電圧/容量 50V,10AH(10H)
  • バッテリー充電電源 定電流・定電圧充電
  • 充電時間 約3時間

 

 

特徴なのは、もちろん電気の充電だけで走行可能だということ。

そして1度の充電で30Kmほど走行可能で充電する電気代も14円という驚異の安さです。

 

また充電は家庭用のコンセントで簡単にできることも特徴の一つですね。

最悪バッテリーが切れた場合は、出川さんの番組のおかげで認知度も高くなっているから近くのお店などに100Vのコンセント頼んで充電できますね。(笑)

 

ヤマハ公式サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/e-vino/

 

<スポンサーリンク>----------------------

電動バイクE-Vinoイービーノの値段・燃費・走行距離

 

皆さんが一番知りたいには販売価格や燃費といったところでしょうね。
価格は原付よりは高めです。そして燃費は原付などのガソリン車とは比べ物にならない低燃費です。

 

値段・価格

 

E-Vino

 

本体価格 219,000円

 

236,520円 [消費税8%含む]

 

 

燃費・走行距離

 

1回の充電あたりの電気代は約14円。

満充電での走行距離は約29kmです。

 

別売りのスペアバッテリーの2つのバッテリー使用で58kmの走行が可能です。

但し条件としては、 東京電力との一般的な契約(従量電灯B契約)で、バッテリー残量ゼロから満充電した場合の平均的な金額。
30km/h定地テスト値(標準モード)、乗員55kg、バッテリー新品、気温25℃、乾燥路面、無風の条件下での数値

 

 

万が一、遠出する場合などは充電場所の確保やシュミュレーションが必要になりますね。

その時には是非、下記のHPで燃費などの概算を確認してからお出かけください。

もしかしたら、出川さんの充電旅の番組も利用してるかもしれませんね。(笑)

 

E-Vino走行距離シミュレーター
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/e-vino/commute.html

 

ちなみ横浜駅から桜木町までの走行を検索したら2往復OKだとでました。

 

 

 

もし29Km以上の場合はと「走行不可」と表示されます。

 

<スポンサーリンク>----------------------

電動バイクと原付バイクとの燃費と節約金額の比較

 

原付バイクの平均燃費は1L当たり30~60km位ですね。

中にはスーパーカブの100kmとうものもありますが標準40kmとして試算します。
ヤマハの電動バイクE-Vinoを1回充電で20kmとして試算します。

 

ヤマハの電動バイクを使用した場合の燃費と比べてみると相当の違いになります。

毎日1日20Kmの走行をしたと仮定しすると1年で7300kmとなります。

 

20km×365日=7300km

ガソリン1Lを140円で試算

 

原付バイク 

 

1L当たり40km とすると

7300km÷40=182L×140円=25480

 

1年で約2.5万円

 

 

電動バイク

 

1回充電14円とすると

1回充電当たり20km

7300km÷20=365回×14=5110円

 

1年で約5千円

 

電動バイクの方が原付バイクより年間2万円安くなる換算ですね。

これだけで考えても相当安いことになります。

 

実際に100円で換算した燃費では

 

  • 原付バイク 1L40Km÷140円=0.285  100円当たり29km
  • 電動バイク 1回20km÷14円=1.428 100円当たり142km

 

電動バイクの方が約5倍 燃費が良いという事になりました。

 

先ほどの1年の燃料代でも5千円の5倍で2.5万円の原付バイクの燃料代になりますので合いますね。

これだけで比べれば電動バイクの勝ちですね。

 

電動バイクE-Vinoの乗り心地・運転してる動画

 

振動は同じでも騒音が無いので快適に乗り越せます。

他には坂道などで活躍するブースト機能もありますのでパワーアップで運転できることもできますね。

ただ気になるのが騒音が無いために人に気づかれにくいということもありますね。

実際のテスト走行の動画

 

 

 

電動バイクのメリットとデメリット

もちろん電動ならではのメリットが逆にデメリットになるという相反するものになりますね。

 

電動バイクのメリット

 

燃費の良さ

 

 

なんといっても、燃費の良さが1番のメリットです。
14円で約30kも走行できるのです。

 

管理のしやすさ

 

ガソリン給油でないのでエンジンオイルなどのバイク特有のメインテナンスも必要ありませんね。
よくいますよね白煙を吐きながら走っている原付。そんなことがありません。

 

自然環境に良い

 

ガソリンなどの燃料計でないので排気ガスを吐くことがありませんので環境にも優しいです。

 

騒音がない

 

電気で走るのでバイク特有のうるさいエンジン音がなく静かに走行できます。
エンジン音が嫌いな人にはうってつけのスクーターです。

 

 

電動バイクのデメリット

 

バッテリーが重たい

 

バッテリー重量がkgもあるのでマンションや団地などで2階以上にお住まいの方には充電するたびに持ち上げなくてはいけない負担があります。

 

音がしない

 

普通のバイクならエンジン音があり騒音が人の注意をひいたり車を運転している人から気にかけられる場合も多いのですが、電動の為、スルーと車の脇や交差点などに侵入しますので事故などの危険もあるといわれています。車のプリウスも電気走行時に意図的に音を出しているますので走行には注意が必要ですね。

 

バッテリーで走行距離が決まっている

 

満タン充電でも30km未満の走行なので長距離の走行には向いていません。
もし充電が切れた場合はガソリンスタンドでも給油はできませんのでコンセントを貸してもらうしかありません。走行距離や充電残量を気にしながらの走行が必要になります。

 

充電満タンになるのに時間がかかる。

 

家庭用コンセントで3時間時間がかかります。毎日自宅で充電する必要も出てきますね。

 

バッテリー使用回数限度があり交換

 

バッテリー本体も使用限界があるので充電がされんばくなった場合はバッテリー購入が必要になります。

 

出川さんの番組で電動バイクを利用した理由

 

出川さんの充電の旅を電動バイクにした理由は実は電動バイクのデメリットを逆に利用したからです。

 

つまり満タンでも走行距離が短いので必ず充電が必要になる。

ご家庭のコンセントで充電できるのでご近所の一般の方に依頼する。

そこで、地元に人と必然的に交流できる。

 

このコンセプトで旅しながら3回ほどの充電切れを強制的に起こして(笑)地元との人と購入する番組ですね。

 

 

電動バイクの口コミ等の総合評価

 

山の中の通勤で自宅と駅の往復20kmで使用していますがパワーも弱く1度の充電で使い切ってしまいます。

 

やはり山間部などの坂道が多い場所だと燃費が落ちるようですね。

 

自宅のコンセントで充電できるので、以前使用していた電動自転車のバッテリーと同じようにできたので簡単で良かったです。

 

簡単に充電できるというのがいいですね。

 

予備バッテリーの購入を勧められて購入して万が一の時に備えたので安心して運転しています。

 

予備バッテリーで2台で60km近くの走行距離を保持できるので安心ですね。

 

充電するのにやたら時間がかかる。

 

 

フル充電で3時間ですから毎日通勤で使う人は毎日夜には充電して朝にセットする作業が必要になりますね。

 

中国製の電動バイクを購入したら故障が多く保証もままならず最悪でした。

 

 

日本のメーカーは現在ヤマハだけですね。保証や修理を考えれば国産がいいように思いました。

 

日本のメーカではヤマハの他にホンダがEV-neoを発売していましたが法人専用で今は生産が終了しています。

EV-neo

https://www.honda.co.jp/EV-neo/

 

まとめ:電動スクーターは街乗り限定

多くのコメントや評価をみてみたらデメリットなども含めて電動バイクを利用する対象が限定されますね。

 

電動スクーターの利用は街中限定で利用する人で遠乗りしない人ですね。

 

また山間部など坂などが多い場所や丘陵地帯など起伏がある場所にも適していませんね。
それに荷物を運ぶなど重量があるものを運搬するのにも適していません。

そう考えるとデメリットばかりかもしれませんが、利用する場面で決めることができますね。

 

また中には電動バイクを購入して町中走行するならば、電動自転車を購入する方が体にも健康にも良いし安いしので良いという人もいました。

 

電動バイクを利用するのに適している3つの条件

 

  1. 自宅または1Fアパートに住んでいる。※バッテリ運搬の為
  2. 駐車場が玄関近くにある。※バッテリ運搬の為
  3. 1日の走行距離が往復29Km未満。

 

実際に試乗できるサービスもあるようですので、もし試したい乗ってみたい人は普通乗用車の免許があれば原付は乗車できますのでチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

お近くのE-Vino イービーノ試乗車できる店舗の検索

https://www2.yamaha-motor.co.jp/Locator/Mc/product/model/e-vino

購入希望の人には補助金2万円ほどのがありますので申請は必須ですね。

クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金〔CEV補助金〕