この記事は約 3 分で読めます ( 約 1713 文字 )

 

2019年4月20日(土)の夕方からの2時間(19時54分~20時54分)の

「出川哲朗の充電させてもらえませんか?京都宇治から琵琶湖近江神宮」編で

 

出川さんが若かりし頃に尼さん二人だけで修行した尼寺に訪問して懐かしさに感激する場面が放映されましたね。

 

出川哲郎さん尼寺修行

どのような経緯で出川さんは尼寺で修行して、何故辞めたのか?そしてどのように今の芸人につながってたのか探っていきましょう。

 

 

出川哲朗さんの尼寺修行の理由・きっかけ

 

 

出川さんの実家はNHK総合「ファミリーヒストリー」でも放映されましたが、

横浜にある創業明治27年の老舗の海苔問屋に生まれて、

幼稚園の時にはベンツで送迎してもらうなど、

相当な裕福な暮らしをしていました。

 

ところが出川さんが高校生の頃に

父親が投資で失敗して借金を負ってしまいます。

 

そこで、高校卒業後に

料亭で一流料理人になって借金を返そうと思ったことがきっかけで、

尼寺で修行することになりました。

 

最初は親戚の方知っている京都の有名料亭を紹介してもらいましたが、

日本料理の登竜門的な料亭に素人は無理だという話になりました。

そこで

料亭と関連する尼寺で修行できたら入れるという条件となり、尼寺に住み込みで修行することになったのです。

 

 

 

<スポンサーリンク>

出川哲朗さんが修行した尼寺の名前は?場所は?どんなとこ?

月心寺(げっしんじ)とよばれる臨済宗系のお寺です。

場所は、滋賀県大津市大谷にあります。

 

精進料理が有名なお寺でもあります。

 

その料理を「吉兆」創業者の湯木貞一さんが「天下一」と高く評価したことから、出川さんが働こうとしていた日本料理の料亭はは「吉兆」だと思われます。

 

 

出川哲朗さんは尼寺でどんな仕事をしていたのか?

 

出川さんは、尼寺では料理を作るということもなく、

主に掃除などの雑用をしていました。

修行の身でもあるし、半年・6ヶ月の短い期間であれば当然と言ったら当然ですよね。

 

ただ、寺での修行が認められ、料亭で働くことを許されたそうです。

 

<スポンサーリンク>

出川哲朗さんが尼寺の修業を半年で辞めた2つの理由

 

実は出川哲朗さんの子どもの頃の夢はレーサー。
卒業文集には,将来の夢はレーサーと車好きの子供でした。

 

尼寺を辞めることになった動機の1つとしては

 

尼寺で修行し始めたのも、料理自体が好きでもなく興味もなかったことが直接の動機だったお思われます。

 

出川さん曰く

 

「修行中は尼さんと2人で生活すると期待をしていましたが、その尼さんはなんと60歳のおばあちゃんでした。しかも料理にもまったく興味がなく、おばあちゃん以外には話す相手もいないし気がおかしくなりそうでした」

 

と述べています。

 

 

18歳という若さなのに尼寺の修行で尼さんと2人きりの閉鎖的な環境、

 

そして

 

月に1度の休みは映画館や映画村の撮影で一日見て過ごしている生活の中で、

 

「自分はなにがやりたいのか」を考えるようになります。

 

矢沢永吉の著書「成りあがり」に影響も受けて、「役者になる」

 

と思いが定まったことが辞めた理由です。

 

目的だった料亭で働くことを許可されたにもかかわらず、
寺の庵主様に泣きながら土下座をして謝り半年で尼寺を去りました。

 

 


新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG (角川文庫)

 

尼寺を辞めた出川哲朗さんのその後

 

尼寺修行→自衛隊→放送映画専門学院→役者→芸人

 

尼寺を辞めて横浜に帰ることになりましたが、

恥ずかしいのと住むところもないので自衛隊を受けて合格したそうです。

ただ親戚から諭されて、自衛隊には行かないで

半年お金を貯めて、演劇をするために

横浜にある横浜放送映画専門学院に入学して、

そこでウッチャンナンチャンなどに出会っています。

 

<スポンサーリンク>

【まとめ】出川哲朗さんの尼寺修行に学ぶ

 

人の人生はわかりませんよね。

出川哲朗さんは、尼寺で半年修行することで「人生を深く考えるようになり」辞める程の熱い思いが湧いてきた。

 

そして役者を目指して、それが今の芸人につながっているのですね。

 

「辞めたくなるほど働く」ということも人生には必要なかもしれませんね。

 

捕捉になりますが、出川さんは当初は劇団を立ち上げて、そこの座長(リーダー)でウッウッチャンナンチャンも、そこの団員だった過去もあり、色々と頑張っていたのが良くわかりました。