この記事は約 7 分で読めます ( 約 3644 文字 )

  • 生活

室内で外出しないでインドア花見やエア桜を楽しむ5つの方法

 

お花見の季節がやってみましたがコロナの影響で外出は心配ですね。

自宅で楽しむお花見を工夫してお酒を飲むのもいいですね。

 

温度によって色が変わる不思議なグラスがあります。

お酒を注ぐと「おちょこ」の桜の色が変わって花が咲いて満開になる不思議な盃やグラスが存在しています。

 

春のお花見や誕生日・母の日や父の日の贈り物にも最適な温度で桜が咲くような色が変わるグラス・盃をご紹介します。

 

<スポンサーリンク>

桜の色が変わる盃

 

冷たい日本酒を注ぐいで盃が17℃以下になると盃の桜の色が桜色に変わる仕組みになっています。

 

「冷感桜」と呼ばれています。

 

岐阜県の多治見市にある丸モ高木陶器が製造している商品で人気があります。

 

夫婦や恋人へのお揃いでのプレゼントで喜ばれている商品です。

 

セットで3300円で値段も手ごろで売れています。

 

 


<スポンサーリンク>

桜の色が変わるグラス

 

同じメーカーの物で桜の色が変わるグラスです。

お酒が飲めない方へ水やジュースなど日頃でも使えるグラスのセットも揃えてあります。

 

同じく価格は3300円

 

他にも色々な種類が販売されています。


 

<スポンサーリンク>

色が変わるグラスを製造しているメーカー

 

 

 

岐阜県の多治見市にある丸モ高木陶器は温度で変わるグラスを製造している有名なメーカーです。

 

桜の他にも色々なデザインで色が変わるグラスを製造しています。

メーカー公式サイトからでも購入できます。

 

中でも温度を下げるだけでなく温めても色が変わる容器も販売しています。

 

 

 

<スポンサーリンク>

まとめ

 

2021年の春はコロナ禍がまだまだ終息していないので自宅でお花見そして自宅でお酒を飲んで楽しむ工夫が必要になりますね。

 

母の日や父の日の夫婦盃などでのプレゼントにもいいですね。

 

夫婦で家族で日曜日に自宅でオンライン花見などしながら楽しんでください。

 

カテゴリー
タグ