この記事は約 4 分で読めます ( 約 2346 文字 )

ホンダフィットGP1のヘッドライトはHIDランプ(D2R)

 

個人所有しているホンダのフィットのヘッドライトが片方が切れていたので交換したのだが昔の様にホームセンターで格安のランプを個人で購入して独りで簡単に交換はできませんでした。

 

なんやかんやでヘッドライトは交換できましたが、そこで分かったヘッドランプには種類があって社外HIDバルブの4つの購入基準やランプ交換の作業手数料の違いなどをご紹介します。

 

 

車のヘッドライトには3種類あるという事実

 

ホンダフィットGP1純正バルブ 画像

 

私は素人ながらにも簡単にライト交換できると思っていましたが、昔の様なハロゲンランプではないとこがわかりました。

現在車のヘッドライトには3種類のライトが装備されています。

 

  • ハロゲンランプ
  • HIDバルブランプ
  • LEDランプ

 

それぞれに特徴があり

 

ハロゲンランプは一番格安ですが寿命が短い代わりに安い。

HIDは寿命が長く明るけど高い。

LEDは寿命が一番長いし明るさもほどほどです。

 

 

今はLEDが主流になっています。

 

各社メーカーごとのHID対応表

https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-bigrow/tekigou/top.html

 

 

それではHIDバルブを購入する前に気をつけなければならないことをご紹介します。

 

 

〈スポンサ-リンク〉

HIDバルブ購入する前に注意するべき4つの基準

 

HIDバルブ購入する前に注意するべき4つの基準

 

知らないでネットなので安いからと安易にHIDバルブランプを購入すると痛い目にあいますので4つの基準をクリアーするものを選んで購入することをお勧めします。

 

第1に

両目つまり2個セットで購入が原則

 

色度合いの違いや光具合の違い、時期的に片目が切れたら、もう片方のHIDバルブも切れる可能性があるので1つが切れた時点で2つセットで交換するのが基本

 

また1個販売は社外品ではありません。ヤフオクやメルカリなど個人売買でしか購入できません。どうしても1個で購入したい場合は純正HIDをディーラーで手に入れるしかありませんね。

 

第2に

車検を通る高品質な商品を選ぶ

 

購入するHIDバルブは「車検対応品」と表示されているものを選択する。表示がないものは避ける。光量が多い物を選ぶ。

 

折角新品にしても車検が通らなければ意味がないですね。光量が多くても不良品が多い欠陥商品は選ばないようにコメントやレビューなどを参考にします。

 

第3に

保証期間が長いもの3年保証を選ぶ

 

1年保証などのHIDバルブは1年以上たつと玉切れなどの故障が多い。多くの物がメイドイン・チャイナの安物の中華製品。

 

中華製は除外して日本製を選べば不良や欠陥品などは避けられると思います。

 

第4に

色温度より光量を選ぶこと(※純正に近い値を選ぶ)

 

純正は4200K3200L

 

色温度は4500K前後が良い。理由としては雨や夜に見やすい
色温度が高い6500kなどは青白く明るいが雨や夜は視界が悪く見にくいとのことです。

現在よく見かける対向車の眩しい青白いライトは6000Kなどのライトで、光量は2300lm〈ルーメン)など低いです。

 

光量が3000lm以上の物が明るく車検にも対応している。との説明でした。

 

実は多く出回って安価なものは6000k前後2000lm前後のHIDバルブです。

 

安いかわりに欠陥品・不良品も多く寿命が短い安物も多く出回っています(1万円以下)

逆に4500k前後のものは高くなっています。

 

ちなみに

 

AmazonのHIDランプのランキング では

 

ランキング1番のHIDバルブは「中国製のfcl.(エフシーエル)の6000K」

 

なんと価格は驚愕の4000円です。

 

しかし、

直ぐ切れた、明るくない、車検に通らなかったなどのレビューもあり★2位以下が10%もあります。

 

現在は価格も安く青白い光の6000K以上のHIDバルブが人気のようです。

 

最近は対向車が青白い眩しすぎるライトだったり、ハイビームになっているとかの車が多いあることが良く理解できました。安いからですね!

 

しかし、人気度や販売数ランキングだけで購入するるのではなく、レビューを確認して購入されることをお勧めします。

 

ヘッドライトHIDバルブ交換作業工賃の各店舗ごとの比較

 

イエローハットのバルブ交換

(※イエローハットのバルブ交換工賃表)

 

実際にカーメインテナンス店舗やディラーや整備工場などの価格を来店したり電話したりして確認してみました。

 

先ずは皆さんがお馴染みのカーメインテナンス店舗の代表のイエローハットやオートバックスは2個で4000円・6000円でした。

 

その作業料金に準じるように大体他も同じでした。

HIDバルブ交換作業料金(1個交換価格)

 

イエローハットの交換工賃

  • HIDバルブ交換 1個 3000円
  • 両目2個で6000円

 

オートバックスの交換工賃

  • HIDバルブ交換 1個 2000円

両目2個で4000円

 

一般整備工場の交換工賃

  • HIDバルブ交換 1個 3000円前後

両目2個で6000円前後 

 

ホンダ・ディーラーの工賃

 

  • HIDバルブ交換 1個 3000円~9000円

両目2個で6000~18000円

 

 

〈スポンサ-リンク〉

まとめ

 

ヘッドランプの交換で注意すべきことは安易な格安には手を出さないこと。

一番問題がないのは高価にはなるが純正のヘッドライトを各メーカーのディラー整備工場で好感してもらうのがいいとは思います。

 

ただデメリットは高価なため、ご自身でネットなどで基準をクリアーして評判がいい物を選び整備工場で好感してもらうのがよいかと思います。

 

近くにイエローハットやオートバックスやディーラーが無い方でものサイトで近くの整備工場でHIDバルブ交換ができる整備工場を探すことができます。

 

カーパーツ取付・交換の専門店を検索!グーネットピット

https://www.goo-net.com/pit/fitting/top.html

 

下記の記事ではHONDAフィットのバルブ交換の実際をご紹介しています。