この記事は約 3 分で読めます ( 約 1569 文字 )

 

コメダ珈琲店で勉強禁止や制限の店舗もある理由

コメダコーヒーは全国展開していてファミリーから会社員の人たちにも人気です。

コメダ珈琲店舗内で読書している人や勉強している人も見かけます。

 

しかしながら全てのコメダ珈琲店が勉強できるかといえば例外もあるのも事実です。

 

コメダ珈琲店は同じ会社なのに、なぜ店舗によって勉強が禁止になるのか?

 

不思議に思い店員さんに聞いてみたら他のマクドナルドなどのファーストフード店とは全く違う運営をしていることも原因でした。

 

現在はコロナウイルス感染と非常事態宣言などの影響で勉強禁止なども増えているようです。

 

 

<スポンサーリンク>

コメダ珈琲の勉強禁止や制限の内容とは

 


主に2パターンです。

 

  • 全面勉強や仕事を禁止している店舗
  • 時間制限付きで勉強などができる店舗

 

やはり大都市で人口が多い場所や人通りが多い場所の店舗にみうけられますね。

 

コメダ珈琲店で勉強などの制限をかけている店舗の具体的な例としては

 

  • 勉強や仕事などは一切禁止
  • 90分の時間制限
  • 曜日指定の時間制限:土日3時間制限など

 

では店舗によって様々な制限が設けられています。不思議ですね。

 

実は店舗によって違う対応があるには理由がありました。

 

 

<スポンサーリンク>

コメダ珈琲の1部店舗で勉強禁止など制限がある2つの理由

 

 

当然という理由と、もう一つ別の理由がありました。

 

  1. 立地条件による制限
  2. オーナーによる独自の対応

 

1つ目の理由としては当然ですが立地条件があります。

 

都会に近づくほど地価も上がり当然ながら客数も増えます。

 

コメダ珈琲店自体は回転率を上げようというスタンスでなくゆっくり過ごしてもらいたいとい主旨もありますがお客さんを待たせるほどではありません。

 

ただ立地条件により混み具合に差があります。

 

場所によっては長居になってしまう勉強や仕事の持ち込みなどをお断りしたり時間制限を設けなくてはいけない場所もでてきてしまいます。

 

 

2つ目の理由は

 

意外なことにコメダ珈琲店は直営店が少なく大半が地元のオーナー運営しているということでした。

 

コメダ珈琲店の各店舗は直営店ではなくて全てフランチャイズ店で地元のオーナーが運営して地域で店舗ごとに対応が違う

 

メニューなどコメダ珈琲の根幹のことは変更できませんが細かいことなどは全てオーナーの判断にて対応しているそうです。

 

それほど人が多くなく空席がある店舗でもオーナーの判断で勉強禁止や時間制限などを設けてる店舗もあります。

 

全てのコメダ珈琲店が同じだとは思わないで必ず確認してから来店されることをお勧めします。

 

 

<スポンサーリンク>

まとめ

 

 

もし初めてのコメダ珈琲店で勉強や仕事などをする場合は事前に勉強や仕事の作業をすることを事前に店員さんに伝えてみてください。

 

ちなみに私の地元のコメダ珈琲は地方都市の人もそれほど多くなく常に少しの空席がある状態です。

 

もちろん毎回数人は勉強や読書などして長居している雰囲気ですので余計に目立たなく居心地はいいです。