この記事は約 6 分で読めます ( 約 3263 文字 )

コメダ珈琲で勉強するコツ

夜半にコメダ珈琲に仕事の資料とパソコンを持ち込み勉強しに伺いました。

 

その時に、ぶっちゃけ「コメダ珈琲で勉強していいのか?読書して長居していいのか?仕事していいのか?何時間までいいのか?」聞いてみました。

 

店員さんからの返答で、コメダ珈琲店で勉強したり読書したりする時の心がけを身に着けることが出来ました。そこで、気兼ねなく気持ちよく勉強や読書ができる3つのコツを伝授いたします。

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

コメダ珈琲店で勉強や読書やパソコンでの仕事などが気持ちよくできる3つのコツ

 

コメダ珈琲で勉強するコツ

 

何度か利用して、コメダ珈琲で気持ちよく勉強や読書が利用できるコツをつかみましたので皆さまと共有したいと思います。

 

1:事前にコメダ珈琲店員さんに「勉強や読書や仕事すること」を伝える

 

一番先にやっていただきたいことは、この事前に伝えるという行為です。

この言葉掛けがあるか、ないかでコメダ珈琲の店員さんの対応や自分の心象も随分と違ってきます。

 

事前に○○時間程の勉強や読書や仕事をしたいと伝えることで、店員さんの心構えも自分自身の緊張も解けて、いちいち周りの目なども気にせず堂々勉強や仕事ができます。

 

また、どうしても長時間滞在が難しい時間帯やお店の場合は、その時点でお断りされる場合もあります。もし事前に勉強をする旨などを聞いていない場合、コーヒーを頼んで勉強や読書や仕事を始めている間に長居しないように断られて、気分を害することもありますね。

 

その点、事前にお断りしていれば、勉強や読書や仕事をしていてもストレスフリーになりますね。

 

2:混んでいない時間帯に長居する

 

コメダ珈琲店の人に聞いたところによると、席が空いている空いていれば、勉強や読書などで滞在してもいいけれどもお客さんの席がなく待つようになる場合は出来るだけ避けてほしいとのことでしたので、混雑する昼や夕方を避けるのがベストでしょう。

 

それで、どのパターンの時間帯になるかというと

 

  1. 朝のモーニングから昼前まで
  2. 昼過ぎから混みあう夕方まで
  3. 夜から閉店まで

 

この3つの時間帯が勉強したり読書するのにはベストですね。

 

ただ、田舎でいつも空いている場合は、その限りではないでしょうが、集客や立地条件をみて、直接問い合わせしてから確認する必要もあります。

 

なぜなら後述してますが、コメダ珈琲店はフランチャイズで出店しているので、店によっては独自のルールがあるからです。

 

3:滞在時間により追加注文する

 

2時間に1回ほどのペースで注文する。

※コメダの平均滞在時間は1時間なので理想は1時間に1回注文

 

コーヒーおかわりや、軽食を頼むとお互い気持ちよく利用できますね。

 

例えば、昼過ぎの13時に入店して1回目コーヒーを頼む、2時間後の15時頃に2回目の「おやつ」のサンドイッチを頼んで、17時前の混みあう前に店を出る。

 

午後から滞在する場合は4時間ほどでコーヒーを2回頼みます。

 

2時間でブレンドコーヒー¥420×2回=840円

こんな感じで滞在すれば、お店の人も一安心ですね。

 

4時間2回注文のペースで私の地元のコメダ珈琲店ではOKでしたけれども、店ごとに雰囲気がありますので、その点はご理解ください。

 

<スポンサーリンク>----------------------

「勉強や読書や仕事すること」をコメダ珈琲店員さんに直接聞いて判明した事実

コメダ珈琲で勉強するコツ

 

※ちなみに私の利用しているコメダ珈琲は人口30万ほどの地方都市に1件だけのお店です。

 

店内に入り入り口で店員さんにパソコンを見せながら、

 

 

「店内でパソコンを使って勉強したいのですけれども、暫く居ていいですか?」

 

と尋ねてみました。

 

すると驚くことに若い男性の店員さんはニコニコして笑顔で

 

ずっと好きなだけ滞在して居てくれていいですよ。」

 

と答えてくれました。

 

ただ、条件がつきました。

「基本はずっといていいのですが、出来きましたらお昼や夕方など席が埋まってしまうような混む時間帯は避けて頂ければありがたいです。」

 

と言われました。

 

なので実際は何時間もというわけでがありませんよね。

また親切にも

 

「コンセントがある席が限られれいるので、ソコンなど使用する場合は事前に座れるかをご確認ください

 

とお答えていただきました。

 

まとめると、

 

1:ずっと何時間も長居してOK(混む時間を除く)
2:事前に事情を話してくればコンセント付きの席をご案内できる
3:出来たら混む時間帯を避けてほしい

 

 

これらのことを踏まえて、私の地元のコメダ珈琲店で先の3つのコツをつかみました。

 

それ以来、周りを気にせずビクビクしなくて気持ちよく数時間の長い間、勉強や読書をすることができるようになりました。

 

<スポンサーリンク>----------------------

コメダ珈琲店でも勉強禁止や制限の店舗もある訳

 

但し例外の店舗もあるのも事実です。

 

その理由としては、コメダ珈琲店の各店舗は直営店ではなくて全てフランチャイズ店で地元のオーナーが運営していますので土地ごと店舗ごとに対応が違うのです。

 

中には勉強禁止や制限がある店舗もありますので要注意です。

 

やはり大都市で人口が多い場所や人通りが多い場所の店舗にみうけられますね。

 

コメダ珈琲店で勉強などの制限をかけている店舗の例

勉強や仕事などは禁止
時間制限90分
土日祝日は「3時間制限」

 

また雰囲気的に勉強するような感じでない店舗もありますね。

私の地元のコメダ珈琲は毎回数人は勉強や読書などして長居している雰囲気ですので余計に目立たなく居心地はいいです。

 

これからコメダ珈琲店で勉強する人は、先ず、勉強や仕事の作業をすることを事前に店員さんに伝えてみてください。

 

コメダ珈琲の店舗によって勉強できるかのどうかの差はあります。まず、入店の時や事前に勉強・仕事ができるかご相談ください。
 

コメダ珈琲店の平均滞在時間は約1時間

 

コメダ珈琲で勉強するコツ
コメダ珈琲店の平均滞在時間は約1時間です。

他の喫茶店と比べても長いほうです。
ちなみにセルフ型のドトールコーヒーなどの滞在時間は平均で30分ぐらいだそうです。

 

長居する場合であれば、その平均滞在時間1時間にリスペクトシて1時間1品で注文すれば問題はないように思いますが、それだと結構大変ですね。

 

中にはTwitterでは

コメダ珈琲で5時間も勉強してしまった

 

というような強者もみかけましたが、コメダ珈琲の店舗によって様々対応が違うようです。

 

 

私の地元のコメダ珈琲2時間で1回注文する形をとり長居していました。

少し気にしていましたが、特に問題はありませんでした。

店舗側からは一切苦情などは受けたりはしませんでした。

 

 

コメダ珈琲店で勉強や読書や仕事がはかどる6つの理由

 

 

それはコメダ珈琲は居心地よくする作りになっているからに尽きます。

 

  • 1ゆったり目の高級ソファ。
  • 2木目調の大きなテーブル
  • 木の温もりを感じる内装。
  • 4目に優しい照明
  • 5心地よいBGM音楽
  • Wi-Fiがある
  • 7ニューが豊富

 

腰痛持ちの私は自宅で作業するよりコメダ珈琲で勉強や読書をする方が本当に体が楽で集中できます。何故なら腰に優しいソファと姿勢に良い高さの広いテーブルです。

 

コメダ珈琲が喫茶店の本来の目的である居心地の良さを追求してくれてるからこそ
勉強にも読書にも仕事にも集中できる環境が揃っているからこそ作業がはかどるります。

 

また仕事に欠かせないスマホやパソコンの電源コンセントの設置やWIFIなどの無線などのサービスなども充実しています。

 

【まとめ】コメダ珈琲店で勉強や読書や仕事は快適

 

コメダ珈琲店の創業者の思いもあり、他の喫茶店のような殺伐とした感じはありませんよね。

 

実際に私が仕事や勉強などで自宅以外でコメダ珈琲店でする場合は夜が多くて、夜の8時ごろから閉店の23時まで3時間ほど滞在しています。ブレンド1杯で長居していますが何も言われることもありません。(※私の地元のコメダのお話し)

 

最後に繰り返します。

 

  1. 入店前に許可を得る
  2. 混んでる時は避ける
  3. 長い時は2度注文する

 

 

コメダ公式ページ。

http://www.komeda.co.jp/index.php

 

またこんなコメダ珈琲の本も発刊されていますので読んでみても面白いですよ。

仕組みが良くわかります。

 

『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』