この記事は約 3 分で読めます ( 約 1643 文字 )

  • 生活

 

不思議なメダイを購入したけれども効果がある身に着け方が分からない人向けに発信しています。

 

正しい身に着け方は2つの作法があります。

 

1つ目はネックレスで胸に下げて肌身に身に着ける

2つ目は教会でメダイを祝福してもらう

 

実際に効果があったという方もいますが、本来の不思議なメダイの真意はお守りではなくて信仰の証的なものであるということです。

 

ただ160年ほど前に修道女カトリーヌの前に出現されたマリア様からは「身を守るというお告げもあった」ということから意見が分かれるところです。

 

<スポンサーリンク>----------------------

不思議のメダイの効果ある正しい身につけ方

 

 

不思議なメダイはクリスチャンでなくても持つことができます。

 

多くの意見があって、首にかけて表にしてかけるとか、お祈りしなければならないとかいろいろとあります。

 

一番の正しい身につけ方としては首からネックレスにして付けるのが一般的なようです。

 

何故なら聖母マリアのメッセージ霊言に「首からかける」というものがあるからです。

 

「この姿の通りにメダイを作ってもらいなさい。このメダイを身につける人は、特に首に掛ける人は、残らず大きなお恵みを受けるでしょう。深い信頼を持ってそれを身につける者は、また特別に豊かな恵みに満ちあふれるでしょう。」

 

詳しくは下記の記事で

 

それ以外では

 

  • 財布に入れる。
  • 胸ポケットに入れる。
  • 自宅に大切に置いている。

 

など様々なパターンでメダイを身に着けたり持っている方もいます。

 

 

 

 

従って、通販などで購入したものは、まだ未完のメダイになっています。

 

<スポンサーリンク>----------------------

不思議のメダイを祝別・祝福を受ける

 

 

祝福または祝別と呼ばれるものは

 

  • 人に対するもの
  • 家などの物に対するもの
  • 信仰で身に着けるロザリオ・メダイなど

 

にする3つがあります。

 

祝福とは

祝福は準秘跡の中で重要な地位を占めるものは、祝福です。祝福には、そのわざと賜物とに対する神への賛美と、人々が福音の精神に従って神の賜物を用いることができるようにという教会の執り成しの祈りが含まれています。

 

メダイやロザリオなどはミサの時に司祭・神父にロザリオやメダイを身につける人に神様の豊かな恵みがあるようにと願うものが祝福で、お守りなどの魔除けとは違うものです。

 

メダイの解説書にもメダルはおまもりではありませんとあります。

 

祝福は教会で無料で受けられます(※信徒でないと受けられない場合もあります。)ので通販でメダイを購入した人は、クリスチャンでなくても無理やり入信や洗礼などはされませんので勇気をもって教会まで足を運んでください。

 

日本のカトリック教会

 

但し、多くの教会ではメダイはお守りではないので信徒でなければ祝福してくれない場合もあります。

 

※一般の方がメダイを身につける場合必ず、祝福・祝別しなくて、そのまま身につけている人も沢山います。心構えが大切だという事ですね。

 

通信などで祝福済み(祝別済)として販売されているものがありますが、カトリックでは祝福された品を販売することは教会法で禁止されていますので偽物となりますので注意が必要です。

 

まとめ

 

 

不思議なメダイの正式な効果のある身につけ方は

 

  1. カトリック教会で牧師さんから祝福を受ける
  2. ネックレスにして首から掛ける

 

なかなか信者でない一般の方はカトリック教会を訪問するのも勇気が要るものです。

 

カトリック教会の見解では

 

原則的な決まりごとは無く本人の信仰などその人の思いが一番大事だということでした。

一番大事なことは祝福というものを受けることが原則で、お近くの教会なので祝福を受けて正式なメダイになります。

 

 

祝福したものは販売は禁止されていますので通販などで購入できるメダイは祝福を受けていないものになりますので注意してください。

 

 

気にしなければ祝福を受けなくても芸能人の様にファッションの一部として身に着けても問題はないようです。

 

気の持ちようだと思いますが、もし祝福を受けたメダイを手に入れたい場合は大きなカトリック教会の販売コーナーも併設している場所で購入して聞いてみてはいかがでしょうか。