この記事は約 5 分で読めます ( 約 2881 文字 )

メダイとはキリスト教のカトリックの信徒では当たり前の聖具の言うペンダントのようなもの。

不思議なメダイとは由来から入手方法・使い方まで色々なこと|聖女カトリーヌ・ラブレの奇跡

 

由来は実はそれほど古い時代のものでなくて160年ほど前の話になります。

 

修道女カトリーヌが聖母マリアからメッセージを受け取って、そのデザインの元に作られたメダルです。

 

普通のメダイと不思議なメダイは区別して販売されて別名無原罪の御宿りのメダイ、奇跡のメダイとも呼ばれています。

 

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

不思議なメダイとは?由来と聖女カトリーヌ・ラブレの奇跡

 

不思議なメダイとは由来から入手方法・使い方まで色々なこと|聖女カトリーヌ・ラブレの奇跡

 

1806年に生を受けたフランスの聖ビンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会の修道女、カトリック教会の聖人カトリーヌ・ラブレ(Catherine Laboure)

24歳の1830年1月にキリスト教の愛徳姉妹会に入会した。

 

その年の7月18日夜に見知らぬ子供に起こされ聖堂に行くと聖母マリアと出会う。

 

その聖母マリアが「この姿の通りにメダイを作ってもらいなさい。このメダイを身につける人は、特に首に掛ける人は、残らず大きなお恵みを受けるでしょう。深い信頼を持ってそれを身につける者は、また特別に豊かな恵みに満ちあふれるでしょう。」と告げられたました。

 

その2年後にメダルを作り2000個が配布されるとフランスで流行していたコレラが沈静化した。

 

この結果「奇跡のメダル」と呼ばれるようになり多くの人たちが身につけるようになった。

1876年に70才で没しするまで10億個が配られたと言われています。

 

没した後に、墓から掘り出された遺骸は腐敗しないで生前のままの姿だった奇跡がある。
現在も聖母出現に立ち会った聖堂に安置されて見学できるようになっています。

 

不思議のメダイの聖母の聖堂

 

聖女カトリーヌ・ラブレの遺骸が聖列されている教会です。
そこで不思議のメダイが購入できます。

 

 

シスターが販売しているメダイは、その場で祝福してくれますのでとてもいいですね。
価格も10個2.5ユー(1個30円ほど)のものから販売してますのでとても安いです。

 

シスターから教会では高額な18Kなどの高いメダイは販売されていないので安いものが本物ですとのことでした。

 

  • 日本呼称:奇跡のメダイユ教会
  • 正式名称:Chapelle Notre-Dame de la Medaille Miraculeuse)
  • 所在地:140, rue du Bac 75340 Paris(フランス パリ市 リュ・ドュ・バック 140番)

 

  • 世界最初のデパート、ボン・マルシェのすぐ隣にあります。

 

日本にも姉妹協会があります。

 

  • 聖ビンセンシオの愛徳姉妹会
  • 神戸市垂水区舞子台1-1-16

 

不思議のメダイの本物の見方・正式なデザイン

 

不思議のメダイの本物の正式なデザイン

 

不思議のメダイを購入する際に本物かどうかの見方があります。

それは万国共通の正式なデザインが決まっているので、デザインで本物かどうかを見分けられます。

 

パリで作られようがドイツだろうがアメリカだろうがデザインさえ同じであれば作製する国は関係は無いそうです。

 

メダイ表のデザイン

 

聖母マリアがヘビの頭を踏みつけて半球の上に立っています。

半球は地球を、蛇は悪の力(悪魔)を表しています。

 

聖母マリアの両手に飾られた指輪から地上に向けて光が放射されて広がっています

一番下には聖母出現の年の「1830」の数字が刻印されています。

 

そして文字が刻まれています。

 

フランス語で
O Marie concue sans peche, priez pour nous qui avons recoure a vous.
意味は

原罪なくして宿り給いし聖マリア、 御身に依り頼み奉る私たちのためにお祈りください

 

メダイ裏のデザイン

 

マリアの頭文字Mと十字架が絵ががれています。

 

重なっているMと十字がキリストと聖母の絆を表しています。

下には2つの心臓、荊棘に囲まれた心臓、槍で貫かれた心臓があります。

 

茨で囲まれた心臓は、人類を愛するために傷ついたイエスの心です。

槍で突かれた心臓は、自らの子を差し出し、苦しみの槍で貫かれたマリアの心です。

 

メダイの縁には12の星があり、これはイエスの12人の弟子や教会を意味しています。

このデザイン以外のデザインは不思議のメダイとは別にされています。

 

<スポンサーリンク>----------------------

不思議のメダイの入手方法

 

 

カトリックの正式な販売元から購入するのが安心ですね。

 

東京では3箇所で販売されています。

直接訪問してもいいですし、通販で購入してもいいですね。

 

 

 

 

 

 

また

日本中のカトリック教会で購入することができます。

 

地方都市にいる方でもカトリック教会で検索して電話やメールで不思議のメダイが購入できるか?祝福してもらえるか?等聞いてみてください。

 

不思議のメダイの効果ある身につけ方

 

 

クリスチャンでなくても持つことができます。

 

多くの噂があり、首にかけて表にしてかけるとか、お祈りしなければならないとかいろいろとありますが、聖母マリアの霊言通りに首からネックレスにして付けるのが一般的なようです。

 

中には財布に入れたり、ポケットに入れたりして身に着ける方もいますし、家で保管している方など等様々です。

 

カトリック教会では原則的な決まりごとは無くて、本人の信仰などその人の思いが一番大事だという事でした。

 

一番大事なことは祝福というものを受けることが原則で、お近くの教会なので祝福を受けて正式なメダイになります。

 

そして、祝福したものは販売は禁止されていますので通販などで購入できるメダイは祝福を受けていないものになります。

 

従って、通販などで購入したものは、まだ未完のメダイになっています。

 

不思議のメダイの祝別・祝福の仕方

 

 

祝福・祝別は人に対するものと、家などの物に対するものと、信仰で身に着けるロザリオ・メダイなどにする3つがあります。

 

祝福とは

祝福は準秘跡の中で重要な地位を占めるものは、祝福です。祝福には、そのわざと賜物とに対する神への賛美と、人々が福音の精神に従って神の賜物を用いることができるようにという教会の執り成しの祈りが含まれています。

メダイやロザリオなどはミサの時に司祭・神父にロザリオやメダイを身につける人に神様の豊かな恵みがあるようにと願うものが祝福で、お守りなどの魔除けとは違うものです。

 

メダイの解説書にも「メダルはおまもりではありません」とあります。

 

祝福は無料で受けられますので通販で購入した人は、クリスチャンでなくても無理やり入信や洗礼などはされませんので勇気をもって教会まで足を運んでください。

 

※一般の方がメダイを身につける場合必ず、祝福・祝別しなくて、そのまま身につけている人も沢山います。心構えが大切だという事ですね。

 

通信などで祝福済み(祝別済)として販売されているものがありますが、カトリックでは祝福された品を販売することは教会法で禁止されていますので偽物となりますので注意が必要です。