この記事は約 4 分で読めます ( 約 1804 文字 )

Googleアプリの有料版が必要になりました。

 

Googleの支払いはクレジットカード。

Googleを信用していないわけではないが、

どうもクレジットカードを登録したくない。

けれども有料アプリが必要だ・・・

Google Play でご利用いただけるお支払い方法は

 

クレジット カードまたはデビットカード
    American Express
    MasterCard
    Visa
    JCB
    Visa Electron
キャリア決済
    ドコモ
    KDDI
    ソフトバンク   
Google Play ギフトカード

 

1番目のクレジットカードは利用したくない

2番目のキャリア決済は楽天モバイルの楽天電話の為できない

3番目のGoogle Play ギフトカードはコンビニでも購入できるけれども

何か嫌だ(笑)

そこで何か方法はないかと色々探していたら・・・

誰でも持てるクレジットカードがありました。

 

誰でも持てるクレジットカードのプリペイドクレジットカード

 

そのカードの特徴は

 

  1. 誰でも契約できるクレジットカード
  2. 現金先払いの定額クレジットカード
  3. 匿名で使用できるクレジットカード
現物無しのネット上だけのバーチャルカード
(※中には現物カードもある会社もあります)

 

 

どんな人がどんな時に利用するかというと

ネット上のクレジット情報が不安な人。

 

つまり、ネット上でどうしても買い物や契約しないといけないが、

既存のカードの入力登録をしたくない人です。

また、クレジットカードを何らかの理由で保持していない大人や

子供がネット上での購入したい時に利用しています。

ネット上の購入でクレジットカードを利用できない、

しない場合に使うのがプリペイド式のクレジットカードです。

そのプレカのメリット・デメリットは

 

メリット

  1.  
  2. 定額で使い切りのタイプなので安心して登録決済できる。
  3.  
  4. 匿名で登録できて誰でも利用できる
  5.  
  6. 年会費がない
  7.  
  8. だれでも利用できる(クレジットカード持てない人でも)
  9.  

デメリット

  1.  
  2. 手数料がかかる(だいたい200円)
  3.  
  4. 継続契約のクレジット決済には利用できない。(電気代等の月更新払い)
  5.  
  6. 使えない場合もある
  7.  
  8. 有効期限がある。
  9.  
  10. 端数残った場合現金化できない→(つけたしができます)
  11.  
  12. ネットで登録しないと使えない(不要のギフトカードがある)
  13.  

どんな会社のプリペードクレジットカードがあるか?

現在多くのプリペードクレジットカードが発行されているが

大手はVプリカでしょう。

また、お手持ちのクレジット会社でも

バーチャルのカード(プリペイドカード)が利用できると思います。
(実際に私も利用しています→)

 

Vプリカとは

このカードはライフカード株式会社が管理している

大手のVISAカードと連携してVISAカードとして利用できます。

 

Vプリカ

Vプリカより引用

コンビニは2000円から

ネットでは500円から購入できます。

 

但し手数料が一律200円かかりますので、

もしネットで500円購入する場合は700円になります。

一番ポピュラーなのは

コンビニで200円手数料を払って購入するのが簡単です。

200円は安心料と思ってください。

また原則18歳未満は利用できないと明示されていますが、

コンビニで売っているVプリカギフトだと登録不要で直ぐに使えます。

実際に利用してみて分かったこと

 

まず近くのファミマで

2000円のカードを2200円で購入しました。

10%の200円は高いように感じましたが、

自分のクレジットカードを利用しないので安心料だと割り切りました。

そしてサイトに登録して

匿名のニックネームを入力しました。

表示されたカード番号と

認証番号4桁を

 

Googleアプリの支払いにしたら簡単に購入できました。

残った残金で

初めてGoogle映画で見損ねていた最新のスターウォーズを見ました。

楽しかった。

はじめてネットで有料の映画見ました(笑)

使ってみて感じたのは、

パソコンに詳しくない人やパソコンを持っていない人には

面倒だと思われるように思います。

スマホしか持っていない人は

登録不要のプリカギフトが一番いいかもしれませんね。

 

後日談

 

残った残金は

AmazonでAmazonギフトカードを購入しました。

Amazonでは端数でも

購入できるので助かりました。

例えば1000円の本を

ギフトカード126円で

残金を874円を別で支払いとできます。