この記事は約 3 分で読めます ( 約 1556 文字 )

峰温泉大噴湯公園で温泉卵を手作り体験ブログ|間欠泉と温泉たまご

 

 

ドライブで沼津インターから伊豆半島の先端を目指します。修善寺を抜けて下田に・・途中の河津町の道沿いに気になる看板がありました。

 

「東洋一を誇る大噴湯」の「峰温泉大噴湯公園」

 

読み方は「みねおんせん だいふんとうこうえん」

大噴湯=ダイフントウで湯「ユ」が入らないのですね。

 

入ってみることにしました。

 

伊豆にある間欠泉と自分で作る温泉たまごもあって意外に楽しめましたので共有したいと思います。

 

間欠泉とは一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉のこと。

 

 

<スポンサーリンク>

東洋一を誇る大噴湯を体験ブログ:峰温泉大噴湯公園

 

東洋一を誇る大噴湯を体験ブログ:峰温泉大噴湯公園
大正15年11月22日に爆音と共に50mの上空を突き刺し誕生しましたそうです。

それ以来毎分600リットル100℃近い熱湯を温泉が噴き出しているそうです。

公園としてデビューしたのは2009年。

 

駐車場も広く公園内はとてもきれいに整備されていました。

 

嬉しいことに入園料は無料です。

足湯もありもちろん無料です。

 

実は峰温泉大噴湯公園の噴湯の吹上げは自然でなくて今は人が人工で行っています。

残念ではありますが一方でいつ噴煙が見れるかわからないよりはいいかもしれません。

 

  • 回数は1日7回
  • 時間帯9時30分から1時間毎に約1分ほど。

約30メートルの高さまで吹き上がる大噴湯が見れました。

 

東洋一を誇る大噴湯を体験ブログ:峰温泉大噴湯公園

 

足湯に足を浸かりながら青空に吹き上がる噴湯とても良かったです。

 

東洋一を誇る大噴湯を体験ブログ:峰温泉大噴湯公園

 

足湯の写真はTwitterで共有してみます。

 


足湯に足を浸して1時間に1回必ず墳湯があるので茹で卵を茹でながら食べながらゆっくりと待ちましょう。

 

子ども達は広い敷地内で遊べますしドライブ休憩にぴったりでゆっくりできますよ。

 

 

<スポンサーリンク>

自分で作る温泉たまご:峰温泉大噴湯公園

大墳湯たまご

 

良く温泉場で売っている半熟の温泉たまご。

近くの箱根の大涌谷の「黒たまご」なんかも有名ですが、ここ「峰温泉大噴湯公園」では
生卵を買って自分で温泉たまごを作ることができます。

 

ここでは温泉たまごではなくて「大墳湯たまご」と呼んでいます。

 

売店で生卵を2個150円(※高いけど全て無料なの良しとします(笑))で購入した後

 

大墳湯たまご

 

 

100℃の温泉で数分温めます。

 

自分で作る温泉たまご:峰温泉大噴湯公園

 

 

時間にして12分。半熟で食べたい方は8分ほど。

 

自分で作る温泉たまご:峰温泉大噴湯公園
茹で上がったら隣の水場で冷やします。

自分で作る温泉たまご:峰温泉大噴湯公園
ホクホクの温泉卵を頂きました。

周りの環境や自分で温泉で茹でたということもあり
普通の茹で卵とは違って温泉の香りが漂うとても美味しい茹で卵だったように思います。

 

ごちそうさまでした。

 

<スポンサーリンク>

【まとめ】峰温泉大噴湯公園には立ち寄るべし

 

  • 噴湯は人工で1日7回
  • 入園料は無料
  • 足湯も無料
  • 温泉たまごは2個150円

 

広々とした公園。迫力ある墳湯。自分たちで作る温泉たまご。無料で楽しめる足湯。

家族連れににはぴったりのドライブ立ち寄り場所です。

 

なお2021年6月現在はコロナ禍で当面の間の施設利用は静岡県民に限られるそうです。

 

 

  • 所在地:〒413-0511 静岡県賀茂郡河津町峰446-1
  • TEL 0558-34-0311
  • 料金:無料
  • 時間: 9:00~16:00
  • 定休日 : 毎週火曜日・金曜日
  • 駐車場 乗用車10台、障がい者専用3台
  • HP http://kankou.town.kawazu.shizuoka.jp/attraction/141/
  • 問合せ先:河津町観光協会 TEL 0558-32-0290

 

【温泉の関連記事】