この記事は約 4 分で読めます ( 約 2015 文字 )

  • 健康

ツルハで無料コロナPCR検査の体験談ブログ

 

コロナ感染が夏休みから拡大の一歩で県外に多くの人が都会から田舎に移動したのが原因でしょう。

 

芸能界でもコロナ感染が増えて少し解除するのが早かったのではないかと思いますね。

 

県外をまたいで移動するので県外でコロナに感染していない陰性の証明書を発行してもらいたくてツルハドラックでPCR検査を無料で受けてみました。

 

ツルハでの無料コロナ検査の予約申し込みから実際の薬局での検査の仕方や時間をご紹介します。

 

無料のコロナ感染検査は8月末で終了する予定ですね。

 

<スポンサーリンク>

ツルハの無料コロナPCR検査の予約体験談

 

無料コロナ検査の予約は全てネットでスマホで簡単にできます。

 

ウエルシアでも無料検査もできましたがウエルシアよりも簡単にできます。

なぜなら入力が非常に少ないからです。

 

手順としては下記の通りです。

 

具体例で東京都の鎌田のツルハで申し込みする場合を見てみましょう。

 

  1. コロナ検査をしているウエルシアを探す

 

 

東京都鎌田の鎌田店を選択

 

検査項目(PCR/抗原)を選択

 

ツルハ店舗紹介の「こちら」をクリックして抗原検査・PCR検査を選択

※鎌田店では抗原検査は無し

 

 

予約内容を入力

 

ウエルシアと違うのは住所などの入力もなく1画面で終了するので簡単です。

 

都合がよい日と時間を選択

 

3点を入力

 

 

  • 氏名
  • メール
  • 電話

 

 

 

後は

チェック項目を確認してチェックするだけです。

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

ツルハで無料コロナPCR検査の実施体験記

 

実は予定時間に遅れそうなので電話しました。

 

すると大丈夫ですと返答を受けて10時訪問が1時間遅れの11時からになりました。

 

訪問すると検査する人は誰もいなく私一人でした。

 

もし間に合わない場合はキャンセルになるかもしれませんが一度電話連絡をした方がいいですね。

 

 

検査の目的・身分証明の確認

 

コロナ検査の予約できたことを話すとウエルシアと同じで本人確認の免許証を提示を求められました。

 

ただし、一瞥するだけ一瞬で終わりました。

 

同じく今回検査する目的を口頭で聞かれ「県外移動のため病院にお見舞い」するためと説明して了解を受けました。

 

申し込み用紙の記入

 

用紙に記入して同意書をチェックして薬剤師に渡します。

 

数分で登録用紙と薬剤を渡されました。

 

自分で事前登録とシール作成

 

ここで大変だったのが事前申し込みは楽だったのですが、当日スマホで住所や諸々の情報を入力しなければなりませんでした。時間にして数分。

 

返信メールがツルハではなく別の医療団体の名前で返信されました。

 

○○ 様
いつもご利用いただきありがとうございます。
医療法人社団直悠会 にしたんクリニックです。
PCR検査の検査登録申込が完了いたしましたのでお知らせいたします。

お申込みいただいたPCR検査では、検査結果通知書をメールで送付します。
検査結果は、通知書で確認いただけます。

 

検体を提出するためにシールにも記入。

 

コロナPCR検査の実施

 

 

 

パーテーションで仕切られた一人かけの検査スペースに移動します。

 

そこで渡された容器に唾を垂らします。

 

 

それが意外に大変で、唾だと空気や泡が入ってしまい。適量の線まで入れるのに何度も容器を振って空気を抜いて何度も唾を入れました。

 

適量の線まで唾液を入れて蓋をしてシールを張って、カゴに入れて薬剤師に渡しました。

 

 

数日でメールで結果が届くと案内があり終了です。

 

抗原検査のように結果がその場で分かるわけでないので短いです。

 

 

メールにて陰性証明書の発行

 

 

 

検査の2日目にメールにPDFで添付した証明書が発行されてきました。

 

○○様

いつもご利用いただきありがとうございます。
医療法人社団直悠会 にしたんクリニックです。
PCR検査が完了しました。

検査結果は《陰性》と判定しました。

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

【まとめ】ツルハ無料コロナPCR感染検査はお勧め

 

ツルハの実施店舗が少ないのと抗原検査も少ないのがネックですね。

 

  1. ネットで予約
  2. 身分証明と問診で実施
  3. 当日スマホで登録※スマホない人は大変かも
  4. 時間は唾液採取なので数分
  5. 証明書発行は2日ほどでメールで発行

 

スマホ操作が苦手な人は大変かもしれません。

検査は唾液を垂らすでかなので抗原検査よりも簡単。

 

結果まで時間がかかるので抗原検査の方がよいかもしれません。