この記事は約 20 分で読めます ( 約 11987 文字 )

  • 健康

差し歯(仮歯)を自分で作ってみた体験談|レンジ材料で製作した自作歯

前もって話しておきますが自作した歯も接着材も歯科での正規のもでもなくて自分でネットの情報を集めてアクセサリーなどに使用するレンジの様なプラスティックのようなもの溶かして自己責任の元に作った仮歯です。

私の真似をして何かあっても責任をとれませんのでご了解ください。

 

 

仮歯のままでずっと過ごしてきたのですが仮歯だった差し歯が取れて紛失してしまいました。

 

実際の歯医者で仮歯を作るとなったら下記の参考サイトの様な手順で作成されますね。
相当手間で大変な作業だと感じます。

参考サイト:歯科のお仕事完全マニュアル「第9章 C3の治療 STEP10 TeCの作製」

 

前歯の3本目なので目立って仕方ありません。

 

しかし

 

仮歯のままで正規の歯が髙くてつけれない。

歯医者にも行きずらいしお金もないしで困っていた。

 

何とか自分で仮歯を作れないものかとネットで検索していたらなかなか見つからず。

自作はやめた方がいい。お勧めはしないと発信されています。

 

一方で

 

差し歯作成キットなるもの販売されているのを知ったので、どうにか自分で差し歯(仮歯)を自分で作ってみようと試みました。

 

色々調べても自作する仮歯の情報はさっぱりでてこない。「仮歯 自作」で検索しても歯医者の仮歯の作り方ばかりで肝心の個人で作れる仮歯(差し歯)の情報が無い。

 

 

  • 自作する仮歯(差し歯)の原料は?
  • 取れた仮歯(差し歯)を自分でつける接着剤は?
  • 自分で作る仮歯(差し歯)の手順は?

 

全く情報がみつからないまま調べて続けて自分で作った仮歯(差し歯)が案外行けてるので色々と調べたり試行錯誤して作った経緯や購入した材料などや作成手順なども含めて順に報告したいと思います。

 

 

<スポンサーリンク>

100均のレンジで歯が作れるか?

 

結論から使用不可

 

最初に考えたのは100円ショップでよく見かけるプラスティックの白い溶けるやつ。
レンジというしろものでアクセサリーなどを作るアイテムです。

 

レンジとは「樹脂」の意味でガンの様なものでレンジ材料を溶かして固めるものですね。

調べてみると実際に歯科で使用するレンジはやはり特殊でCRと呼ばれているものでした。

 

コンポジットレジン(CR):セラミック粒子と合成樹脂を「8:2」の割合のプラスチック素材で紫外線をあてると直ぐに硬化して固まるもの。

 

100均で売っているのも同じ様な「UVレジン」で日に当てると固まるものでUVライトでも硬化に10分以上かかるそうです。

 

しかし、歯専用レジンとは違い使用目的が違う代物なので怖いため使用は却下。

 

<スポンサーリンク>

ネットで売ってる仮歯は使えるか?

 

結論から使用はお遊びならOK・仮歯にはお勧めできない。

 

仮歯が取れてしまい義歯として使用している人もいます。

価格は1000円ほどで安いのですが合う合わないが多すぎます。

 

 


 

ネットでコスチュームのおもちゃの差し歯から医療用の差し歯を販売しているのを見かけました。

 

自分の歯に適応できるか色々と調べました。

案外安いのも販売していましたがコメントでも良くないコメがあるので却下

 

<スポンサーリンク>

仮歯作成キットは使えるのか?

 

結論から使用しない方が良い

 

自分で作る仮歯セットなるものがAmazonや楽天で3000円ほどで販売されていました。

レビューをみると散々で使えないとあります。

 

当然と言えば当然で個人の歯は人それぞれ違います。統一された歯型では合うはずがありませんね。

 


 

なかな良さそうでしたが実際のコメント・レビューを見て却下

 

<スポンサーリンク>

仮歯を自作できた材料と接着剤|購入先と価格

 

 

仮歯のレンジ原料と接着剤を購入

 

最終的にはレンジを溶かして自分のとれた差し歯の場所に自作した仮歯を埋め込む動画をみて自分で材料を買って自作しようと決心しました。

 

買ったものは全てAmazonからです。

 

差し歯の原料:英国から来た熱に強いハード60℃ 10g フィッティングビーズ


 

ネットでコスプレなどで使用している(例えばドラキュラの牙)歯を形成するレンジ原料を探した中で出会った1品。

 

自分で形を整えて陥没した歯の基礎にもピッタリあう型がとれるので最高です。

 

  • イギリス製
  • 60度以上で柔らかくなる
  • 強度がある
  • 安全・無毒

 

コメント・レビューが良かったので699円で購入しました。

 

差し歯の原料:英国から来た熱に強いハード60℃ 10g フィッティングビーズ

 

口に入ることを前提としているようで熱にも強い安全という観点も良かったです。

 

コメントには差し歯で使用したと多くの人が使用しているので安心して購入しました。

 

届いた商品は手のひらぐらいでしたが実際ビーズ玉6個ほどで1つの歯には十分です。
もし商品に含まれるビーズを使用したら歯が20本以上分ぐらいはあると思います。

 

歯の専用接着剤:歯科技工用瞬間接着剤 αクイン

 

市販の瞬間接着剤なども利用したりしましたが本来体の中にある歯の部分なので良くないことはわかっていましたし、直ぐに取れてしまうことが多くありました。

 

そこで今回改めて色々と探した結果、歯科技工用の歯を接着する接着剤が販売されていることがわかりました。


 

但し商品説明の項目に注意書きがありました。

 

この商品は、歯科技工物や模型の接着にご使用ください。
個人で、歯の詰め物やかぶせものを接着する用途では絶対にご使用にならないでください。

 

基本的には歯の模型の接着に用いるものだそうです。

個人での歯の接着には絶対使用しないでください。と記載がありますのでご使用するにあたっては自己責任で行ってください。

 

 

 

けれどもレビュー・コメントも良いものが大半で多くの人が差し歯が取れた時に自分で接着しています。

 

元歯科助手の方が歯医者で接着してもらっている差し歯が何度も取れてしまうので自分で接着したというコメントもありましたので購入してみました。

 

歯の専用接着剤:歯科技工用瞬間接着剤 αクイン

 

個人責任において実際に私もAmazonで1233円で購入して使用しても直ぐ取れることもなく満足しています。

 

ただ色々な歯科医の方のHPなどを覗いてみると

仮歯が取れてしまっても市販の瞬間接着剤(アロンアルファなど)で接着しないでください。ポリグリップなどの入歯接着剤を臨時で利用することをお勧めしています。間違って接着すると修復不可能になる可能性もある。またAmazon等で販売されている歯科技工用接着剤も良くないと述べています。

アロンアルファAという医療用接着剤(血管や皮膚を接着させる専門の接着剤)があります。しかし使用には医師の処方せんが必要なので一般の人は使用できません。

 

これらの見解をみれば身体に良くない事もわかりますね。

 

 

自分で作る仮歯の製作手順

 

色々なサイトで調べた結果、大体下記の様な感じで行えばよいことがわかりました。

「自作差し歯の作り方」で参考にしてみた動画は↓

 

題名「自宅で入れ歯を作る方法!(How to make a Fake Tooth at home!)」

 

原料のビーズを数個をコーヒーを入れたお湯に入れて溶かす。
その理由はレンジは白すぎて違和感を感じるからだそうです。(※実際試してみたらそうでした)

 

次に適量をまとめて歯の形にして欠けた取れた歯の部分に詰める。

形が決まって固まったら接着する。

 

この手順で行いました。

 

  1. 歯が取れた場所を綿棒などできれいに掃除する※鏡などで異物が入ってないか確認
  2. お湯を湧かす
  3. 小皿にお湯とインスタントコーヒーの粉を少量入れて混ぜてかき混ぜる。(相当薄めのコーヒーという感じ)
  4. ビーズを6個ほど入れる
  5. レンジが白から透明無色になったところで数個を手で丸めて良くもむ
  6. 歯と同じ量の着色されたのを歯の形にする
  7. 歯のあった部分にグッと隙間なくあてがい形をまとめる
  8. 口を閉じないでそのまま数分で固まり白色になる
  9. 固まった状態で歯のかみ合わせや色合いを確かめる
  10. 違和感があったり色合いが違えばまたお湯に浸し柔らかくして練り直すを繰り返す※色合いが薄ければ再度インスタントコーヒーの粉をお湯に加えて練り直して色合いを調整する)
  11. 問題が無ければ歯科専用の接着剤を基礎部分と歯の接着面の両方に薄く塗る(※沢山塗りすぎるとはみ出るので注意)
  12. そのまま自作差し歯を元に戻して接着する(※接着剤は強力で外せなくなるので接着する時は注意してください)

 

【まとめ】自作仮歯3ヶ月後も順調

 

仮歯の自作3ヶ月後も順調

 

材料費699円と接着剤1233円の代金約2000円で本当に安く済みました。

 

 

自分で差し歯・仮歯を作って接着してから3ヶ月経ちました。周りの人からも特に何も言われない(もしかして気が付いてるけど言わない?)ようで安心しています。

 

自分なりに外目からみても違和感が無いように感じています。

歯のかみ合わせも問題ありません。

 

心配していた煎餅や硬いものを食べても欠けることもなく、また熱いお茶やコーヒーを飲んでも柔らかくもならなくて安心して過ごしています。

 

歯もしっかり接着されてグラグラすることもなく普通に食事ができていますので満足しています。

 

最後にあくまでも個人責任で行った行為ですのでご了解ください。皆は真似しないようにしてください。

 

歯科医師の公式ページで色々と見ていると仮歯が取れるには理由があって

 

  • 接着が緩んだ
  • 仮歯が欠けた
  • 虫歯が進行してる

 

などで接着面が緩んで取れただけであればいいのですが万が一、虫歯が進行していた場合は余計に悪くなる可能性もあります。

 

お金に余裕が無くても歯科医に治療を受けるのが一番ですね。(笑)

 

カテゴリー
タグ