この記事は約 3 分で読めます ( 約 1655 文字 )

自宅では光回線またはスマホで、外出先では無料wifiといわれる公衆無線LANでインターネットを使用している人は多いです。

 

しかし、無料wifiにはセキュリティが甘い部分も多く、スマホで無料wifiを安全に利用するにはセキュリティ対策が必要になります。

 

スマホの無料wifiのセキュリティの甘さ、それに対する対策を説明します。

 

無料wifiの2つの危険性

 

 

いまやスマホでネットに繋げるのは当たり前ですね。ただ難点があるのが高速通信の制限があります。若い人たちだと3G程度でしょうか。

youtubeなどを観ていたりすれば1日で3Gの高速通信容量は使い切ってします。

 

そこで若い多くの人はコンビニ、カフェまたは駅構内の無料でネットにつながるフリーワイファイとか無料無線LANと呼ばれるスポットに接続します。

 

それでは何故スマホを無料でネット接続を提供しているかと言うと宣伝を併設しているとかサービスの一環で提供しているところが大半です。

 

けれども、その無料で使用できるスポットには2つの危険性が含まれています。

 

暗号化なしの接続による盗聴

 

多くの無料のWi-Fiなどの無線LANには鍵マークが表示されていて接続しようとするパスワードを聞かれてパスワードを入力しないと接続できませんよね。

 

そのパスワードと思われるのが今は主流で使用されているWPAと呼ばれる暗号キーです。

 

 

暗号キー(WPA)とは

無線LANまたはWi-Fiなどで通信を暗号化して保護するための技術規格の名称

 

この暗号キーをスマホで設定して接続することで無線に接続している通信内容は暗号化されるため解読は不可能になります。

 

しかし無料のWi-Fi・無線LANは誰でも簡単に接続できるように暗号化していないことが多くあります。

 

無線が暗号化されていないと

 

  • 観ているWebサイトのURLや履歴の盗聴
  • データ内容の改ざん
  • メールなどの送受信内容の盗聴
  • 銀行などのアクセスID・PWの盗用

 

などスマホでのネットでやりとりしている内容が他の接続している人に盗聴される危険性があります。

 

詐欺の無料Wi-Fiスポットの存在

 

 

 

実は無料の公衆Wi-Fiのスポットと似せた詐欺スポットも存在します。

 

例えば

 

A社の無料Wi-Fiの名称がAfree-potだとしたらAflee-potなどに似たような名称にして第三者の接続をまっている悪質な嘘の無料アクセスポイントです。

 

これは完全に第三者の通信データーを盗聴または端末の遠隔操作など乗っ取りを前提に発信しているスポットなので十分に気を付けることです。

 

いつも使っている無料Wi-Fiの名前だと思ってしまい似ている騙しのWi-Fiだと安心してつながると痛い目にあいます。

 

<スポンサーリンク>

まとめ

 

 

 

無料wifi(フリー無線)の安全性からいっても最高のセキィリティ対策は

 

結論は

無料wifi(フリー無線)は使用しないこと

 

どうしても外出先で大容量の高速通信のネットを利用しなければならない場合は

 

  • 有料の暗号化されたwifi(フリー無線)スポットを利用する
  • スマホのデーター使い放題などのサービスに変更してテザリングで利用する
  • 無制限のモバイルルーターなどを利用する

 

など公衆無線LAN以外でのネット接続をお勧めします。

 

それでも、どうしても無料のアクセスポイントを使用したい場合は別記事にあるような暗号通信ができるVPNのサービスの利用をお勧めします。↓

 

 

番外編:安全なサイトのみ閲覧する

 

これは無料Wi-Fi接続でなくても通常の接続でも気をつけなければならないことですが接続先には安全にデーターを暗号化して閲覧できるサイトとそうでないサイトが存在します。

 

よく見かけるURLのアドレスの右側に見られる鍵のマークです。

 

これはHTTPS化と呼ばれるもので対象のサイトでのデーターのやり取りが暗号化されるというものです。

 

普通のアドレスの先頭にある文字が

http://○○のサイトでは入力などをしないようにしましょう。

必ずhttps://○○のサイトだけを閲覧するように心がけるだけでも違います。