この記事は約 10 分で読めます ( 約 5490 文字 )

  • 生活

0032069000はSoftbank専用のSMSショートメッセージ送信電話番号

 

0032069000で届くSMSショートメッセージは多くの人が詐欺メールではないかと思っている人が大半ですが、実は多くの企業が顧客に対して送信しているSMSメールのSoftbank機種への専門の送信元の統一電話番号です。

 

(※多くの企業のSMSメールはソフトバンクの同一番号になっています。)

 

特に、詐欺のように感じるのは、

 

  1. 電話番号が見たこともない0032069000
  2. ご不明な時はこちらまでと別の番号が記されている
  3. 大手の会社名でクリック先のURLなどが記載されている

 

この3点からだと思われます。

 

送信してきた電話番号とは違った電話番号が記載されて大手のサイトにクリックなど誘導しているようで益々不安になってしまうのですね。

 

 

必ずメールに付記されたURL、アドレスをクリックする前に公式サイトなどで確認することをお勧めします。

 

 

実際にイオンカードを利用していたら下記の記事にもありますが、

 

イオンマークのカード会員さまへ重要なお知らせ

2019年11月5日(火)お引落とし分よりご請求明細書の郵送は停止し、Webでのご確認に変更させていただきます。詳細は下記をご確認ください。

http://www.aeon.co.jp/info/meisai

 

のようなSMSメールが急に届くとびっくりしてドキリしてしまいます。

URLはクリックしたくありませんよね。

 

それでは実際どんな企業どんなサービスを利用して、本当にSoftbankの電話だけに送信されているのか確認してみましょう。

 

<スポンサーリンク>----------------------

企業が利用しているSMS配信サービスとは

 

SMS送信サービスとは、企業の代わりにSMSメールを顧客などに一括で送信するサービスです。

 

大手は業界No1のNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションズ株式会社https://www.nttcoms.com/)のSMS(ショートメッセージ)配信サービスです。

 

国内4年連続1位のシェアの「空電プッシュ」サービスですね。
https://www.karaden.jp/

 

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションズ株式会社の「空電プッシュ」サービスの内容を見ただけでも相当多くの会社企業がSMS送信サービスを利用しているのが分かりますね。

 

多くの企業が顧客に対して「重要なお知らせ」や「本人確認の2段間認証」など直接にご本人の携帯電話のSMSに送信して告知していることが良くわかります。

 

実際に大手のJCBも利用しているサービスです。
https://www.karaden.jp/karadenpush/case/jcb/

 

<スポンサーリンク>----------------------

SoftbankのSMSメール送信元が全て「0032069000」になる理由

 

本来なら各企業が保持している個別の発信元の番号があるはずなのに、どうしてSoftbankの機種だけは、会社が違っても全て同じ電話番号の発信元になってしまうのでしょうか?

 

三大キャリアの2社のauやDoCoMoのSMSメールサービスは各企業の個別の電話番号で送信されます。

 

auやDoCoMoは各企業の個別の電話番号で送信

 

しかし

 

 

ソフトバンクの通信システムでは個別の発信元が表示されない仕組みになってしまっています。

従って、

Softbankのガラケーやスマホを利用している人に向けたSMSサービスは、全てのメールが同じ発信元「0032069000」で送信されてしまうのです。

 

 

 

0032069000はSoftbank専用の送信電話番号

 

 

そこで、

 

SMS配信サービスを利用している会社のホームページには下記のような断りの文章が必ず記載されています。

 

ソフトバンク モバイルご契約のお客さまについては、機能上、ソフトバンクが割り当てているSMS送信専用の番号が0032069000となります。
この番号には返信や電話はできませんので、記載されているお電話へおかけください。

しかし、長い文章をメール内に記載したりすると費用がかかるので殆どの会社では説明なしに必要事項だけを送信しているのが現状です。

 

実際に多くの大手の企業がSMS配信サービスを利用してソフトバンクの機種を利用している顧客には同一番号で送信している事実をご紹介しましょう。

 

<スポンサーリンク>----------------------

実際に0032069000でSMS送信している企業のご紹介

 

実際に多くの企業のHPでは

 

0032069000はソフトバンクをご利用しているお客様にお送りしているSMSメールの送信元の統一番号になっていることをご了承ください

 

という内容の文面を公式ページで掲載していますのでご紹介していきます。

 

クレジット会社や銀行など大手の会社がSMS配信サービスを利用しています。
中には公共機関も利用しています。

 

JALカードの「0032069000」SMS送信の案内

 

通常は03-5460-5131で発信されるSMSメールもSoftbankだけは例外です。

Jショートメッセージサービスでのご連絡について
https://jalcard.jal.co.jp/sp/announce/sms/

 

[ソフトバンクのスマートフォンまたは携帯電話(スマートフォン以外)をご利用のお客さまへ]

ソフトバンクのスマートフォンまたは携帯電話(スマートフォン以外)に発信元電話番号として表示される番号は、一律「0032069000」になります
表示される発信元電話番号は、各通信事業者にて設定されているため、JALカードから発信するショートメッセージも一律の番号が表示されます。

 

Yahoo!カードの「0032069000」SMS送信の案内

 

やはりSoftbankだけは例外です。

SMS(ショートメッセージサービス)の配信開始について
https://www.yjcard.co.jp/info/info/20141120.html

 

KCカードでは、※SMS(ショートメッセージサービス)を利用したご案内を開始いたしました。

(中略)

・受信したSMSに直接返信はできません。
・配信元の電話番号については以下の電話番号を表示します。

■auまたはdocomoの場合:「092-451-5971」

softbankの場合:「0032-06-9000」(電話番号ではありません)

 

JCBカードの「0032069000」SMS送信の案内

 

大手のJCBも正式にソフトバンクのスマホ等には0032069000で送信されることが明記されています。

SMS(ショートメッセージサービス)でのお知らせについて
https://www.jcb.co.jp/pop/sms.html

 

ソフトバンクのスマートフォンまたは携帯電話(スマートフォン以外)をご利用のお客様へ

ソフトバンクのスマートフォンまたは携帯電話(スマートフォン以外)に送信元電話番号として表示される番号は、一律「0032069000」になります。表示される電話番号は、各通信事業者様にて設定されているため、JCBからのSMSであってもこちらの番号が表示されます。

 

JCBの「よくあるご質問」でも記載がありましたので、実際に多くの方が心配している証拠ですね。

JCBを名乗りSMS(ショートメッセージサービス)が届きました。本当にJCBからのSMSですか?

https://j-faq.jcb.co.jp/faq/show/493?site_domain=default

 

横浜銀行の「0032069000」SMS送信の案内

 

ここでもソフトバンクへのSMS送信元は0032069000ですね。

 

 

本件にかかるSMSは、以下の電話番号で送信します。

domoco、auをご利用のお客さま

0032-06-9160

ソフトバンクをご利用のお客さま

0032-06-9000

 

SMS(ショートメッセージサービス)の取扱開始について(その2)
https://www.boy.co.jp/news/oshirase/1245290_1907.html

 

東京都主税局の「0032069000」SMS送信の案内

 

公共機関でもハガキなどでなくSMSでの税徴収の活用を始めているのですね。
ここでもやはりソフトバンクは統一番号です。

 

(1)NTTドコモ回線、KDDI(au)回線
次の都税事務所の代表電話番号又は送信専用番号0032-06-9183が番号になります。
2)ソフトバンク回線
0032-06-9000

 

ショートメッセージサービス(SMS)を活用した納税催告を実施しています
http://www.tax.metro.tokyo.jp/taino/sms.html

 

VIEWカードの「0032069000」SMS送信の案内

 

このカード会社でも明記してありますね。

 

SMS(ショートメッセージサービス)でのお知らせについて
https://www.jreast.co.jp/card/caution/notice170919.html/
ソフトバンクのスマートフォンまたは携帯電話(スマートフォン以外)をご利用のお客様へ

ソフトバンクのスマートフォンまたは携帯電話(スマートフォン以外)に送信元電話番号として表示される番号は、一律「0032 069000」になります

 

損保ジャパン日本興亜の「0032069000」SMS送信アンケート

 

docomo・auへは0333494726で発信されるSMSメールもSoftbankだけは例外でした。

 

配信されるメ-ルの電話番号
Softbank
0032069000または+32(0)69000
docomo・au 0333494726

 

お客さまアンケートのご案内
https://www.sjnk.co.jp/covenanter/enquete/

 

三井住友VISAカードの「0032069000」SMS送信の案内

 

大手の三井住友VISAカードも同様の案内をしています。

 

受信時は送信元電話番号が表示されますので、弊社あてご連絡をいただく際は、表示された電話番号(SMS本文にも記載)までお願いいたします。なお、ソフトバンク モバイルご契約のお客さまについては、機能上「0032069000」と表示されますので、SMS本文記載の電話番号までお願いいたします。

https://www.smbc-card.com/mem/service/sec/goriyo04.jsp

 

    • 「0032069000」SMSメール送信を利用しているクレジット会社

 

既存の多くのクレジット会社でSMSメールサービスを利用していますのでSoftbankスマホには0032069000で送信せざるおえません。

 

    • 楽天カード
    • イオンクレジットサービス
    • セゾンカード
    • アコム
    • レイク
    • オリコカード
  • など

 

「0032069000」SMSメール送信サービスを利用している銀行

 

銀行としては大手から地方都市銀行の大半は利用していると思われます。

 

静岡銀行

銀行でもSMSメールサービスを利用しています。ログインなどの第2認証でも利用されていますね。

 

ソフトバンクの携帯電話に限り、送信元番号が「0032069000」となります。

https://www.shizuokabank.co.jp/info/service/3742

 

 

七十七銀行

常陽銀行

仙台銀行

中国銀行

広島銀行

福岡銀行

三井住友銀行

など

 

「0032069000」SMSメール送信サービスを利用しているサービス会社

 

話題のZOZO TOWNも利用しています。

 

楽天モバイル

Softbank

Yahoo!

RIZAP

など

 

また変わったところで

 

公共関係ではNHK東京ガスといった大手の利用もあるようです。

 

「0032069000」からのSMSメール受信の正しい対応

 

先ず2つの認識を踏まえて1つの確認をすることで詐欺メールなどの不安を払しょくできます。

 

2つの認識

 

  1. 0032069000はSoftbankのスマホ・携帯だけに届くSMSメール。(発信・返信できない
  2. 多くの企業が同じ同一番号0032069000でSMSサービスを利用している。

 

 

1つの確認

 

  1. SMSメールが届いたら公式ページや電話などで確認をする。

 

公式ページで送信番号の確認やメール内容の確認をする。

電話でSMSメールの内容を確認する

 

 

知らないURLをクリックするのは何か気になりますよね。

 

そんな方には届いたDMの企業のHPをご確認されたり、その会社のフリーダイヤルなどに直接確認することをお勧めします。

 

大手の銀行やNHKまでが利用しているのには驚きでした。
多分銀行などは大半が利用していると思われます。

 

私はイオンカードと楽天モバイルからSMSメールが受信したことはありますが、それほど多くは受診していないので、大手からSMSが届くとやはり詐欺かなと思ってしまいますね。

 

繰り返しになりますが

 

  • 0032069000で届くSMSメールはSoftbankのガラケー・スマホだけに送信されます。
  • ソフトバンクの機種で電話をご利用されている方です。
  • 多くの大手企業が利用しているSMS配信サービスです。

 

特に2段階認証で使われていますので、Softbank利用者の方は送信元を確認してみてください。全て0032069000になっていると思います。

 

ただし、全てが大手企業とは限りませんし、問題無く正規な内容とは私個人では断言できませんので、SMSメール内容ついてはご自身でご確認する必要があります。

 

昨今SMS詐欺メールが出回っているので特に敏感になってきてしまいますよね。
そして逆に大手からのメールだからこそ不安になる嫌な世の中になってしまいましたね。

 

ただし、これから益々書類などの紙ベースの配送や作成は経費削減も相まって加速してペーパレスになっていくと思います。