この記事は約 4 分で読めます ( 約 2241 文字 )

 

その謎に迫った2019年4月26日(金)「チコちゃんに叱られる!「イカ墨とたこ墨の秘密」で放映されましたね。

たこ墨とイカスミ

 

TVではタコ墨が食べれない理由を「タコの墨袋が取りずらいから」と1つの理由としか放送されていませんでいた。

 

実は、それだけが原因ではありません。

 

学者さんも「・・・だろう」と憶測の感じで答えていたように思います。

料理人や市場の人に聞いた方がもっと明確な答えがわかったのではないでしょうか。

 

実は「タコの墨がとりずらい」他にも、もっと理由があったのです。他の2つの理由もまとめてご紹介しちゃいます。

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

たこ墨(タコスミ)が食べられていない3つの理由とは

 

 

主に3つの理由が考えられます。

 

たこ墨は全体量が少ない

 

イカ墨はイカスミ単体で普段から流通していたり、普段のイカ自体からとることができます。

タコの墨は殆どが廃棄されてしまいます。(※スーパーのタコは内臓無しの外国産)

また、鮮魚で手に入ったとしても少量しか取れません。

 

たこ墨をとるには手間がかかる

 

イカのように普段から手に入りにくい内臓入りのタコを入手したとしても、イカのようには簡単にはとれなくて、解体しても取り出すのに一苦労かかります。

 

これはTVでも放映されていましたね。内臓が取りづらくって破いちゃっていましたね。

 

たこ墨の原価が高い

内蔵入りのタコからとれる墨は少量なので高価になる

まとめると、たこ墨は手に入りにくく、入手したとしても少量で高価になるため。

でした。

 

 

3つの理由となるタコの墨の特徴と違いをみてみましょう。

 

<スポンサーリンク>----------------------

イカスミ(いか墨)とタコスミ(たこ墨)の特徴と違い

 

こられの特徴からタコ墨が世の中に流通しないで食べられていないのが良く理解出来ます。

 

墨の特徴

 

イカやタコは外敵に襲われると同じく墨を吐いて逃げます。

ただ、その仕組みが違います。

 

イカは常に海中で泳いで魚を捕食しています。
広い海中では煙幕のようなものは効果が薄いので、粘りのある濃い墨を吐いて、外敵の大型魚やイルカなに自分の分身と思わせて注意をそらして、逃げるのです。

 

逆に

 

タコは海底でカニや貝を食べて生活しています。
ウツボなどの外敵に襲われた時は、薄く広がる墨を吐きだして煙幕の様にして目の前の敵を錯乱させて逃げます。

 

イカは分身の術の濃い粘りのある墨。

タコは煙幕の薄くさらっとした墨

 

タコ墨でパスタなどを調理すると、水っぽく薄い色の見栄えが悪いものになってしまいがちです。(※後述)

 

成分の違い

 

うまみ成分である『アミノ酸』を筆頭にタウリン・アルギニン・アスパラギン酸・グルタミン酸などはイカスミよりタコ墨の方がうまみ成分は上回っています。

 

一匹当たりの墨の量の違い

 

イカスミパスタではイカ1杯(※匹とは数えません)で2皿相当の墨が取れます。
しかし

タコの墨はイカに比べれば相当少なく、更に漁獲中に殆どの墨をタコは吐きだしてしまいます

 

墨袋を取り出す時間の違い

 

イカを捌いた人は多くいると思いますが、とって引き出すだけで綺麗に足と内臓・墨袋が簡単にあっという間に取り出せます。

 

一方、タコは内蔵の奥にあり、素人では部位の確認が難しく簡単には取り出せません。

 

イカとタコの価格の違い

 

イカは1杯数百円ですが、タコの1杯は数千円になるときもありタコが数倍高い。

 

 

また、スーパーではイカ本体(内臓あり)は購入できますが、タコは内臓が無い海外産(モロッコなど)加工された煮ダコです。

 

では、たこ墨の料理は実際にはないのでしょうか?

 

<スポンサーリンク>----------------------

たこ墨は食べれるのか?たこ墨料理はあるのか?

 

 

結論から

 

たこ墨「食べれます」

 

タコ墨でパスタを作ったら、色が薄くて水っぽくなるらしいですが、イカスミと違わなく美味しいといわれております。

 

 

実際に食べた方やお店や調理方法などもでています。

 

過去のTV番組「目がテン!」で所さんがたこ墨パスタを試食していました。

 

その時の状況は

 

タコ墨を取るのに苦労して量も少なめでした。
けれど意外だったのが、イカスミパスタが苦手な所さんが完食するほど美味しかったようです。

 

実際にタコ墨料理をしているお店などはあるのでしょうか?

 

食べログから

 

たこ墨のスープを提供しているお店です。

 

タコ墨のスープ。
イタリア・シチリア島ノート産のタコとタコ墨をスープに仕立てたものです。
アーモンドなどの風味付けでとても奥深い味に仕上がっており、とても美味しい。

と口コミされていますね。

 

関連ランキング:イタリアン | 三軒茶屋駅西太子堂駅

 

 

地方の生タコの漁獲産地では郷土料理などもあるようです。

 

クックパットからは

漁協の方からのコメントが

イカ墨は食べたことがあってもタコ墨を口にしたことがない人は多いのではないでしょうか?
タコの墨袋はイカの墨袋に比べ取り出しづらいため一般的にはあまり使われませんが、実は栄養価は非常に高いのです!
ものすごく簡単ですのでご家庭でも是非

 

Cpicon 真っ黒!タコのスミ天ぷらby浜の母ちゃん by 明石浦漁業協同組合

 

 

以上からしてもタコ墨は美味しく食べられるようですね。

 

まとめ

 

様々な観点から調べた結果、昔から海外でも流通している世界的な食べ物であるイカ墨。
流通していないタコ墨には、ちゃんとした理由がありました。

 

たこ墨は美味しく食べられるけれども、一般的に料理に利用するほどの量を確保すること自体が難しいことと、単価が高くなることから現実的には料理する食材としては利用しずらいのが現実です。

 

どうしても食したいということであれば「たこ専門」のお店などを食べログや漁師町または魚市場などで調べて食べてみてくださいね。