この記事は約 3 分で読めます ( 約 1619 文字 )

 

切手を売って換金して判った重要な3つのこと

結論から言えば

 

相当古い記念切手以外は昭和30年以降の記念切手は額面割れしてしまいます。

プレミアがつく切手は殆どないといえるでしょう。

 

 

私が小学生の頃は切手ブームで多くの小学生や中学生が郵便局に並んで切手を購入していた。

もちろん昼間は学校があり授業時間なので母親に代わりに並んで買ってもらったり、今思えば緩かった時代ですが昼休みに学校を抜け出して郵便局に買いに行ったりしていました。憧れの「月に雁」「見返り美人」などは買えなくて切手カタログを眺めているだけでした。

 

 

そんな切手が山ほど出てきたので換金できないものかと色々とググったり電話してみたり実際に金券ショップ切手販売専門店郵便局に出向いて色々と聞いて回り分かったことが3つありました。

 

 

<スポンサーリンク>

未使用切手相場|ほぼ付加価値は無い

 

切手の相場や値段は年代によって変わる

 

切手を現金化するには一番の方法は、年代が古くなればなるほどプレミアがついて価値があれば原価より高く買い取ってもらうことができる。

 

そう思って切手販売をしている切手買取の専門店におじゃましました。

 

実は今は記念切手の需要が昔ほどではなく発行部数が多いために昭和30年台以降の切手にはそれほど価値がないという事です。

 

驚きましたが額面割れの買取になっていました。

 

せめて額面価格で買い取ってもらいたかったのですが価値があるのは昭和30年以前の発行部数が少ない切手や中国切手などだそうです。

 

昔収集していた時に良く見ていた切手カタログにも同じような記載がでています。

 

更にシート(100枚綴りなど)以外のバラや年賀切手シートなど2枚つづりなどの少数の切手などはもっと下落してしまうそうです。

 

昭和30年代以降の切手の相場・値段

 

  • 1枚50円以上の切手シート  額面70~%
  • 1枚50円未満の切手シート  額面60~%
  • それ以外の切手バラ・小型シート(年賀シート) 額面50%

 

 

多くの専門店ではバラ切手のみの買取はしておらず、シート持ち込みでの条件でバラ買取になっています。

 

<スポンサーリンク>

切手を現金化したと換算

 

 

例えば、昭和40年代の

記念切手がバラで60円切手が300枚あった場合

 

60円×300枚=18000円

 

この1万8千円に出来るだけ近く換金・現金化できるかが勝負です。

 

切手専門店

 

18000円×50%=9000円(額面の50%)

 

別にシート切手があるという前提で額面の50%半額での買取になります。

 

<スポンサーリンク>

【まとめ】未使用切手を効率よく現金化する方法

 

バラ切手は価値が下がるので一旦郵便局でバラ切手をシート化します。

 

換金率で言えば60円‐5円=55円(額面92%)

 

 

1枚5円の手数料で300枚なので1500円を差し引き

18000円‐(300枚×5円=1500円)=16500円

 

 

普通切手には63円84円94円100円120円140円210円290円320円500円があります。
丁度シートの数に合わせれるように購入します。

 

郵便局の切手の種類
https://www.post.japanpost.jp/buy/index.html#sec01

 

足らない分は現金で足します。

 

16500円÷100枚=165円

165円の切手が無いので84円の切手で100枚シート2セットにします。

 

16500円で購入すると84円は1シートと96枚弱となってしまいますので84円×100枚×2=16800円の差額300円を現金で支払い2シートにしてもらいます。

 

18000円×郵便局交換×90%=14820円(額面82%)

 

シート化した切手を金券ショップに持っていきます。

 

金券ショップでは切手の単体バラは購入不可なので郵便局で交換してもらったシートを買い取ってもらいます。

 

63円以上のシート買取率を90%とすると

 

84円100枚シート2枚で16800円×90%=15120円

 

その現金化された15120円から郵便局に支払った差額300円を差し引くと

15120円‐300円=14820円

 

つまり元々の18000円から比べると82%で現金化されたことになります。

 

カテゴリー
タグ