この記事は約 3 分で読めます ( 約 1428 文字 )

個人事業主でフリーランスの為、自宅とアパートに住み分けて2か所に住みながら仕事をしていました。

そして、個人あてにくる全ての郵便物を自宅からアパートに転送をかけていました。

 

けれども、個人的郵便物は自宅に、仕事関係はアパートに分けようとしたところで?どうどうすればいいか悩んでしまいました。

 

転送の期限が切れれば、転送機関の1年が終わると同時に、郵便物は送り主ににあて先不明で返送されてしまいます。

 

すると郵便局に勤めている友人からアドバイスがあり、その通りに処理したら転送がとまり、自宅あての郵便は自宅に、アパートあての郵便はアパートに別々に郵送されるようになったので、転送をやめて2か所で受け取りりたいと困っている方に共有したいと思います。

 

 

転送をとめて、事務所と自宅と別々に2か所で郵便物を受け取れる方法とは?

 

その方法とは・・・・

 

転送届の旧住所と新住所を同じにする。

 

です。

 

つまり、今までは転送届で旧住所(自宅)から新住所(アパート)に1年更新で転送されていましたが、その転送先の変更をすればいいだけです。

 

旧住所(自宅)のものを、そのまま旧住所(自宅)に届けてくださいというようにするものです。

 

 

具体的な転送をやめる写真付きでの手順説明

 

実際に手続した方法を提示してみます。

 

最初、帰省した折に自宅がある地元の郵便局に行き、転送届を書いて提出しようとしたところ、印鑑と住所が確認できる証明書(免許証)などの提示を求められました。

 

当時、印鑑を持ち合わせていなかったので、そのままアパートに戻りました。

 

 

そこで下記のように転送届に

 

旧住所に自宅(旧住所)
新住所に自宅(旧住所)

 

を書いて

 

その下に

 

※自宅あての郵便は、自宅にそのままに配送お願いします。

 

と付記して、県が違うアパートのある郵便ポストに印鑑を押して投函しました。

 

郵便局に行かなかったので身分証明の提示はしませんでした)

ただ、地元の転送届を持ってきたので、その転送届には地元郵便局の印鑑が押されていました。

 

あとは無事に転送が解除されて、自宅の郵便は自宅に届くかどうか確認するだけです。

 

転送がとまって、旧住所にの届くかどうか確認する2つの方法

 

大体、数日で処理がされます。

 

WEB上で処理がされて完了しているか調べる方法

 

転送届の上部に記号が書かれています。

 

その番号を郵便局のHPに入力すれば、その転送届きが処理完了したかどうかわかります。

 

この部分の番号を

 

 

このHPに入力

 

 

処理されていれば

 

 

このように提示されます。

 

 

実際にハガキなど郵便物を出して調べる方法

 

ただ、処理されても、転送が解除されたか実際にはわかりません。

それには65円の実費を払って、ハガキを自分の自宅あてに自分で県外からだしてみましょう。

 

実際に圏外のアパートからだしてみたところ、テストのハガキが届きました。

転送されていないことが確認できました。

めでたしめでたし。

 

おまけ・永遠に転送続ける方法。

 

転送の期間は1年間と決まっています。

なので、例えば、引っ越しで3月に転送届をだしていれば、来年の3月までなので、毎年3月に転送届をだせば、ずっと転送れ続けます。

これで、私は4年間転送続けました。(笑)

 

まとめ

 

郵便局では正式に転送の解除の方法は記載していません。

 

普通は転送をやめるには、転送の期間が1年が終了すれば終わります。

また転送の転送もできますが、そうしたら2か所には届きません。

 

以前のように2か所に自分の郵便物を郵送されるようにするには

 

転送届を

自宅から自宅にする

ことです。