この記事は約 4 分で読めます ( 約 1991 文字 )

一月利用してみて分かったメリットとデメリットを自分なりに総括してみた。

一か月の実績

出品数・本を中心に200個
売れた点数・約50個
売上・約2万円
原価・約1万円
利益・約1万円

結果は以上でした。

メリット

簡単登録

これはメールアドレス・ニックネーム・電話だけで登録できるお手軽さ。

但し、スマホなど電話番号を付帯してる人でなければ登録できません。
本人確認のためSMSメールで確認されるため。(1つの電話番号に1つのアカウント)
購入時には自分の名前・住所の入力が必須。また購入にはクレジットカードまたはコンビニ払い(手数料あり)が必要

簡単出品

スマホで写真を撮り、説明文のみで出品OK。
但し、スマホだと説明文など大変なのでPCからも出品OK(但し配送はゆうゆうメルカリ便以外で設定)

※配送をゆうゆうメルカリ便に指定するとPCでは編集が出来なくなる。

配送が簡単

自分はメルカリ便にしているので宛先記載など不要。
郵便局かコンビニでQRコードかざして出たシートをレジに渡せば、後は渡された送り状をセットするだけ
※メルカリ便以外では自分で手書きなどで対応しなければならなない

匿名配達・コンビニ受け取り

ルカリ便に指定すると自分も相手も知られずに匿名で配達できるので匿名配送希望の需要有り。特に女子であれば安心しますね。
コンビニ受け取りは「ゆうゆうメルカリ便のみ」

決済・入金手続き

決済はメルカリ自体がプールしてくれる。1万円以上で手数料不要で自分の口座に振り込みしてくれるので、いちいち入金確認などの手間が無い

ポイント購入

貯まった・売り上げた金額をポイントに交換して好きな商品を購入できる
また時々フェアーなどがありポイント付与できる。最近では1000ポイントもらったので好きな商品を1001円(1円負担のみ)で購入できた

 

デメリット

商売するとしたら面倒

自分は1月で約1万円の利益だった。このまま出品を続けても割が合わない。小遣い程度の感覚でするのであればいいが、商売としてビジネスとしてするのであれば、高額商品で利益率が高いものでなければ割が合わないと思う。また出品手続き(梱包・コンビニ)やらが面倒

手数料が高い

手数料が10%。低価格の物は問題はないが、高額商品だと響く。

運送賃が高いケースもある

自分は本などの小物販売なのでメルカリ便の200円以下の運送代金で済んでいるが、中には多少大きいものになると、それだけで600円かかってしまうので注意が必要だ。
※特にメルカリ便は販売価格1000円以上でないと60cmサイズは利用できないので注意が必要になる
※着払いや配送未定などもあるが、販売力が弱い。出品するならサイズを予め測定して送料込み価格で出品したほうが売れやすい

キャンセルやらトラブル時に面倒

一旦トラブルが起きると、メルカリ経由でのやりとりになるので面倒。逆にいい面でもあるが、対応が遅くなる場合もある
もし商品が違った返品したいとなると面倒なような気がします。
そのために商品を評価する前に商品を確認する必要がありますね。評価し終わった後では返品もできなくなりそうです。
ただ思うに、手元に商品がついて直ぐに「つきましたありがとう」と評価してしまうのが常ですからメルカリの場合は気をつけないといけません。

安い

全体的に安い。また価格競争になっていて、最低ラインの300円商品になってしまう。それでも売れない。300円で販売しても残るのは90円ほどで割に合わない。
他に転売ヤーが転売目的で仕入している温床(メルカリ仕入→Amazon販売)

売れない

アマゾンなどと違い、顧客数も少ないので売れない商品が多数ある。オークションと違い時間で競るのでないので、コマめにチェックしないといけない

多数の商品出品・管理が大変である

Amazon販売で行っているFBA(Amazon委託販売)などのシステムもないので多数出品販売に限界があるように思う

一方的な評価

メルカリでの評価の応酬があった経験から、販売して相手が評価して(自分には見えない)自分が評価できるので、一方的な悪い評価があった。相手に問い合わせしたが無視・メルカリからも対応してもらったが無視。メルカリ側の見解では、評価は取り消し出来ないとのことでした。まあお金は入金してもらってるのでいいのですが・・・結構この手の問題が多いようです。

 

まとめ

自分の場合に限りますが、こずかい稼ぎのスタンスで行うならOKです。

またヤフオクで売れなかったらメルカリ。Amazonで売れなかったらメルカリ。など使い分けるのがいいと思いました。

またヤフオクでもAmazonでも販売できないような・・・例えば石とか・・・そういう一見、自分には価値が無いようなものを販売するのもありかなと思えました。

なので自分の場合は暇つぶし?のような感じで対応してゆきたいと思いますです。

 

メルカリのサイトはこちらから