この記事は約 3 分で読めます ( 約 1584 文字 )

 

2ヶ月販売した実績及び収益

 
 
販売商品 主に本や雑貨
販売数  約200個
売上   約12万円
平均単価 約600円
清算金額 約6万円
実質収入 約3万円

月収   約1,5万円(笑)

 

 

原価は3万程なので

月の差し引き

 

1万円が収入のような感じです。

 

 

毎日3個ほど売れていましたが、低価格商品なのでほとんど利益は出ませんでした。

具体例 

販売  600円
手数料  60円(10%)
運賃  175円(メルカリ便)
原価  200円
収支  165円(27%)
販売  1200円
手数料  120円(10%)
運賃   600円(メルカリ便)
原価   300円
収支  180円(15%)
 
 

メルカリで販売してみてわかったメリット・デメリット

 

 

メリット

 

気軽にスマホで簡単にUPできるということです

 

それ以外では匿名配送やあて名書きが不要なメルカリ便の発送

 

商品として完全でないものも販売できた

 

交渉の結果、他の商品と「まとめ」て販売なども出来た

 

値引き交渉することで処分できた

 

デメリットは

 

販売力が弱い

 

販売単価が他と比べて安い

 

配送が面倒(梱包やコンビニなどに持ち込む手間)※運賃が高いものは集荷可能

 

利益率が低い(運賃が高い。厚さ3cm以上は600円以上)

 

ヤフオク・Amazonなどの他の販売網と比べて

 

Amazonがやはり一番販売力が高いと思いますが、敷居が高い。設定登録が面倒。

 

ヤフオクも販売力は高いと思いますが、気軽に販売するというところではメルカリが一歩譲っています。

 

転売やーはヤフオク、メルカリで安い商品を買って、Amazonで転売している構造になっています。

 

結論。メルカリでは稼げない

 

販売実績をみると数百程度の人が多く、

片手間に現金化しているという感じが目立っていました。

 

やはり販売力のなさかもしれません。

 

売れないだろうと思う商品も気軽にUPできて

断捨離するという目的で利用するのが一番のように感じました。

 

 

またAmazonへの転売する目的で購入された方も多くいたので、

転売する人の温床になっているようにも感じました。

 

 

ただ、そんな中でも実績が1000以上の実績がある方もいましたので

 

その特徴をご紹介します。

 

メルカリは販売より買う側にメリットがある。

 

メルカリで販売されているものは

AmazonやYahoo!よりも全体的に安いものが多くありました。

 

 

また匿名配送やコンビニ受け取り、

さらに値段交渉や「まとめて配送希望」及び値引きなどの交渉も多くできたので、

お得に購入できることが多くありました。

 

 

今ではAmazon一辺倒で購入していた私も、

最初にメルカリに商品が有るか?どうかを調べてから購入するようになりました。

 

 

そしてダメもとで値段交渉ですね(笑)

 

 

意外と値段交渉してくれる方も多く、

更に出品している商品をまとめて購入する希望を言えば

確実に値引きして発送してくれます(運賃分安くなるので)

 

 

 

メルカリで稼ぐには、どうすればよいか?

 

実際に稼いでいる人の特徴をみていますと、

 

バーコード化されていないオリジナルの商品で

販売商品を固定化して品目が少なく、

同じ商品を何度も販売してフォロワーも多く固定客を持っています。

 

 

その特徴は

 

オリジナルの物
単価が高いもの
定期的に購入される消費物
手作りのもの(アクセサリ・似顔絵など)
業務用のもの(メルカリ便専用スケール、ハンコなど)
原価が0円のもの(家庭菜園の野菜、種、流木など)

 

 

その他・お宝商品を見つけるためのツール

私は主にブックオフなどで安い商品をみつけて販売していました。

そんな安い商品をみつけるのに役立つツールがありますので紹介しておきます。

 

 

Googleアプリです。

せどりツール「せどろいど」

 

これは、バーコードをかざすだけで、

Amazonで、どれくらいの価格で販売しているかが分かるツールです。

 

購入価格より高く、経費を差し引いても利益が出ればOKです。

メルカリのサイトはこちらから