この記事は約 5 分で読めます ( 約 2407 文字 )

車での事故での証言や証拠は大切ですね。

 

最近では交差点のに設置されている「○○時の事故のドライブレコーダーをお持ちの方はご協力お願います」などの事故証言の警察の看板を多く見かけます。

 

 

特に高速道路での煽り運転の死亡事故なども脚光をあびて、ドライブレコーダーの需要が多くなってきています。

 

事故を未然に防ぐためにも購入を検討している方も多いですが、大手のカーケアーの店舗などでは最低でも2万円前後と高額なドライブレコーダーが大半です。

 

格安な商品などでの故障や不良品なども目立ちますので格安のドラレコを購入するのを躊躇う方も多いです。

 

もちろん私も同様の部類の人間です(笑)

 

 

そこでAmazonでも高評価の格安の中華製ドライブレコーダーAPEMAN c450 1080P

3000円代を購入して設置して1週間運転してみました。

 

格安ドライブレコーダーAPEMAN C450

 

格安ドライブレコーダー APEMAN C450を設置して1週間運転して分かったこと

 

この商品は性能などもとてもよくAmazonでも良い評価が多数でした。

 

 

格安ドライブレコーダーの良かったところ

 

 
一番なのは格安で購入できたこと。4000円未満
 
10分ほどでマニュアルもあまりみないで直感で簡単に取り付けられたこと。
 
3.0インチ液晶ディスプレイで画面が見やすい。
 
1080P Full HD動画なので意外と画像が鮮明。LED信号機にも対応
 
150°の広角レンズで普通の撮影よりワイドに録画されている。
 
鮮明で自動ONOFFループ機能があり上書きされ一度設定するだけの手軽さ。
 
ループ機能で大容量のSDカードを必要としないので使用済みの3Gで済みました。
 
衝撃などの画像は保護されて、上書きされないような役立つ機能が規定で設定済み
 
走り始めて、数秒で動画画面が消えるので、運転の邪魔にならない
 
細かい設定・選択が多くできる。
 
粘着も良くて強く数ヶ月でも一度も外れない。
 

 

格安ドライブレコーダーで悪かったところ

 

数カ国対応の小さな説明書があるが、日本語のページも数ページで説明不足。
(※設置方法などの細かい説明もないので、年寄などには不向き)
 

格安ドライブレコーダーAPEMAN C450

 
 
夜間の録画を見直したら離れるとナンバーなどは良く見えない
(※ナンバーまで見えると告知されていたけれども、それは近づいたら見えるということか?)
駐車場監視は無理
別にバッテリーをつけないと見れない
(※内臓バッテリーは20秒ほど)
 
時々設置中に色が青色一色になる時があった。
(※今後、故障の確立が高いのかもしれない)
 
リヤ部分のカメラが無いので後部は録画できない
(※後ろからの追突には不十分)
 
 
 

格安ドライブレコーダーの取り付け設定

 

箱から出して、

 

格安Amazonドライブレコーダー

 

 

 

適当に形状を見ながら設置(笑)(細かい設置方法は記載なしなので)

 

 

  1. 格安ドラコレAmazon購入
  1.  
  2. マイクロSDカードを用意した(古い8Gの携帯のマイクロSDを初期化して利用)
  3.  
  4. 格安ドラレコAmazon
  5.  
  6. SDを脇のスロットに挿入
  7.  
  1. 格安ドラレコ

 

  1. 本体と土台を取り付けて、USBの配線を取り付けて先端部のシーガレット電源を挿入。
  2.  
  3. 格安ドラレコAmazon
  4.  
  5.  
  6. ちなみにシーガレット電源の上部にはUSBの取り組み口がついているのでスマホの充電などに利用しています。
  7.  
  8. ガラス面と本体を貼り付け、USB配線を100円ショップの留め具で留めた。
  9.  
  10. 格安ドラレコAmazon
  11.  
  12.  
  13. 後は、脇にあるボタンで一通りの動作確認でOK
  14. (詳しくない人は、そのままのデフォルト(そのまま)でOKだと思います)
  15.  

ちなみに私が購入したものは下記のAmazonで購入したものです。

 

 

 


ドライブレコーダー APEMAN 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ 150°広視野角 1年保証 常時録画 衝撃録画 高速起動 WDR LED信号機対応

 

格安ドラコレを購入する前提としての心構え

 

格安ドラレコのネックは、夜間走行の場合の画像の不鮮明さでしょうか。

万が一、夜間に当て逃げなどの事故が起きた場合はナンバーなどの不明瞭な写り具合の不備があるとせっかく購入したドラレコの意味が無くなってしまいます。

 

 

格安ドライブレコーダーを購入する場合は、

故障のリスクも踏まえたうえで、先ずはお試しで利用する前提で購入するという

スタンスの方がいいかと思います。

 

耐用年数なども短いとも思いますので、

ある程度使用して色々な欠点や改善点などを自分なりの把握したうえで

上位版の国産レコーダーを購入するという感じでいいのではないでしょうか。

 

 

ドライブレコーダーの主なチェック項目は6点

 
画質の高さ
夜間動画の鮮明さ
ワイド画面
Gセンサー(衝動時の録画機能)
駐車場監視(エンジンOFF時の監視)
後部カメラ(車の後部の動画)
 
 
 

ドライブレコーダーのランキングについて

 

 

Amazonや楽天市場のドライブレコーダーのランキングサイトを見てみると5000円以下の格安商品もランキングインしていますが、1万円以上の国産などの商品の評価が高いですね。

 

1万円以上のフロントだけでなくリアもある前後のドライブレコーダーもお勧めです。

 

ドライブレコーダーのランキング

 

ドライブレコーダーのランキング

 

 

その後の格安ドライブレコーダーの様子

 

時々青色に変色する画面が心配だったのですが、半年以上問題なく使用しています。

エンジンをかけると直ぐに起動して60秒経つと画面が消えます。

画面が消えてもループ機能で録画されています。

 

粘着も良くて外れたりもしないので良かったです。

 

ドライブ録画を見直したり動画撮影を趣味にもしていないので、見直したりはほとんどしませんが、万が一、後ろからの追突や煽り運転などの予防なども含めると、ドラコレを購入するのは前後フロント・リヤのカメラ2台セットのドライブレコーダーが良かったかと思っています。

 

今のところ、今回購入したAPEMAN C450は不具合もなく稼働していますので、フロントのみのドラコレを希望の方にはおすすめです。