この記事は約 6 分で読めます ( 約 3351 文字 )

ウグイ(ハヤ)まずい?塩焼き食べたら美味かった|高橋商店アイソ塩焼き実食体験ブログ

 

関東ではウグイをハヤと言って寒バヤ釣りといって専門に釣りをする釣り人もいますが多くは渓流釣りでヤマメやイワナを狙って釣れる外道とされます。

 

釣り人も食べることなく店でもウグイ(ハヤ)売っていません。

 

ウグイは「まずく」て食べないといいますが、地方によってはウグイ(ハヤ)を食べます。

 

そんなウグイを「アイソ塩焼き」として店頭販売している那珂川沿いにある川魚専門店の高橋商店でウグイ塩焼きを買って実際に食べてみました。

 

驚きの美味さでしたのでウグイという魚の紹介と合わせてご紹介していきます。

 

<スポンサーリンク>

ウグイ(ハヤ)とは?どんな魚?

 


ウグイの名前の由来は鳥の鵜(う)が食べるから「鵜食いが語源だともいわれています。

 

ウグイの別名としてはハヤ・アカハラ・アイソなど

 

アカハラの語源は産卵期に近づくと腹側が赤く染まる婚姻色がでてくるので赤腹と呼ばれるようになりました。アイソの語源はよくわかりませんでした。

 

ウグイとは日本各地のどこの河川に生息しているコイ科の川魚で流線型の銀色のスマートな体つきで体長は平均20cmで最大でも30cmほど。

 

中にはマルタと呼ばれる大型50cmほどにもなる海に下る種類もあります。

 

雑食性で藻から小魚まで何でも食べて水質汚染にも強くどこの川でも生息して良く釣れるポピュラーな魚で子供たちの釣りの対象になっています。

 

ウグイを食べる時期は冬が良いといわれて寒バヤ釣りをしる人もいますが、食べる時期の多くは産卵期の春先になります。

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

ウグイまずい3つの理由

 

不味いといわれる訳は

 

  • 小骨が多い
  • 川臭い
  • 鮮度がすぐ落ちる(足が早い)

 

この3点があります。

 

確かに小骨は多いです。

 

小骨がきになる人には食べるには抵抗があると思います。

 

けれども調理の仕方(甘露煮・天ぷらなど)小骨まで柔らかく下処理されたウグイであれば気にならない程度になって食べれます。

 

ウグイの塩焼きでも炭火でゆっくり丁寧に役と小骨でも食べれるようになります。

 

川臭いというのは確かにあります。

 

ウグイは渓流から河口まで多くの範囲で生息して多少の汚れの河川でも生息しています。

生活排水が流れているような河川で釣ったウグイは確かに泥臭くて食べるレベルではありません。

ウグイを釣ってくる子供たちが釣る場所は生活圏内の川なので必然的に泥臭くなってしまいます。

 

但し、清流や渓流の生活排水などで汚染されていない綺麗な川で育ったウグイは美味しいです。

 

最後の鮮度が悪くなるというのも不味いといわれる一因です。

 

釣って直ぐに下処理(内蔵を出す)して冷やすなどしなければ直ぐに匂ってくるほどです。店頭で流通しない一番の理由ですね。

 

海の魚と違って川魚は鮮度が直ぐに悪くなるので釣ったウグイを自宅に持ち帰って食べようとすると臭いがダメで食べれないというパターンが多くて不味いということが巷でまかり通てしまったのではないでしょうか。

 

現在でも地域によってはウグイを食べる風習が残っているところが沢山ありますのでウグイが不味いのではなく食べ方によって美味しいことになることは間違いないですね。

 

ウグイの料理方法は塩焼き、フライ、天ぷら、田楽、南蛮漬、甘露煮そして刺身まで沢山あります。

 

他の地域でも食べられています。

東北の一部、会津ではアカハラといわれて食べられて長野や九州でも食べられてます。

 

<スポンサーリンク>

【実食】おいしかったウグイ塩焼き・那珂川アイソ塩焼き(高橋商店)

 

 

別記事(那珂川のアユ塩焼き高橋商店で食べたブログ体験)でも書きましたが那珂川の川魚専門店の高橋商店で「焼きあいそ」のノボリがはためいていました。

アイソとは栃木県那珂川の桜が咲き始める春先の産卵時期のウグイのことを指しています。

 

夏は鮎の塩焼きを食べたので春先にしか食べれないウグイの塩焼きを食べてみることにしました。

店頭には鮎の塩焼きや甘露煮に混じってアイソ素焼きが同じく扇形に5本刺さって1000円ほどで売っていました。

 

恥ずかしながら

 

焼きあいそ1本だけ買うことできますか?」

 

と聞いてみたところ

 

女性店員さんはニコニコして

 

「大丈夫ですよ。1本200円になります。」

 

と元気よく返答してくれて

 

5本刺さっているアイソ(ウグイ)の素焼きの中から大きめのアイソを取り出してくれました。

 

店員さんが

「どうしますか?このままでいいですか?焼き直ししますか?」

 

と聞いてくれたの「焼き直し」でお願いしました。

 

時間にして数分。

 

素焼きから塩を振ってくれた炭火焼きされたウグイ(アイソ)をトレーの更に1尾入れて持ってきてくれました。

 

それが・・・これです。

 

ウグイ塩焼き

 

 

顔面も色合いも鮎とは全く違って・・・地味です。

 

たっぷり振った塩のまま背側から一口ガブリ・・・

 

 

ウグイは不味いといわれていた概念が吹っ飛びました・・・

 

「う・・うまい」

 

最初の一口目は「鮎?」と思うほど美味さを感じられました。

川魚の川臭さも一切なく・・あっという間に完食でした。

 

味は川魚の独特な美味さで淡白な白身に塩味が効いて最高の美味さでした。

 

よく言われる小骨なども炭火の遠赤外線のせいか分かりませんが小骨も全然気になりませんでした。

 

内臓も綺麗に処理されていたので腹側も皮ごとガブリ

皮の旨味もあります。

 

「ん~うまい」

 

頭も食べれるのだとも思いましたが残しました。

 

最後の残骸がこれです。

 

 

 

結論は

 

鮮度の良い食べごろの時期にとれたウグイの塩焼きの味は「美味い」

 

でした。

 

ご馳走様でした。

 

<スポンサーリンク>

「ウグイ塩焼き」食べれるお店

「アイソ(うぐい)甘露煮」※参照:栃木県

 

那珂川上流の大田原市黒羽から中流の那須烏山市付近までアイソ塩焼きが食べられるところが多いように思います。

 

多分近郊の川沿いの馬頭温泉などの旅館やホテルでは季節料理としてだされているのかもしれませんね。

 

ウグイは足が速い魚なので漁獲された地域だけで消費される感じではないでしょうか?

 

 

 

私が「アイソ塩焼き」を買った高橋商店については鮎の塩焼きでも記事にしてましたが

 

  • お店 高橋商店
  • 住所 栃木県大田原市黒羽向町3
  • 電話 0287(54)0105

 

  • アイソ塩焼き1尾200円
  • 1束 1,200円
  • 1皿300g 1,000円
  • 2皿入 2,100円
  • 3皿入 3,100円
  • 【さんしょうみそ】1個 250円

 

 

その他で販売しているところは鮎の塩焼きで別記事でも書いた林屋川魚店でも季節販売しているとのことでしたがHPには記載していませんでした。

 

  • お店 林屋川魚
  • 住所 栃木県那須郡那珂川町小川171-8
  • 電話 0287-96-3222

 

アイソ塩焼きの価格は不明

 

  • お店 魚良
  • 住所 栃木県 那須郡那珂川町 小川 715-1
  • 電話 0287-96-2051

 

  • 焼あいそ1串270円
  • 活あいそ1kg2500円

 

まとめ

 

 

ウグイが不味いと言われる所以は「鮮度が直ぐに悪くなる」「汚い川で獲れた」ということが原因だったようです。

 

お店で提供されているウグイは季節ものの鮮度が良い清流で獲れた魚なので臭みも無く鮎と比べても遜色ないほど美味しかったです。

 

もしウグイを食べるなら、季節限定の産地でウグイの塩焼きなどを食べるか、または清流で自分で釣ったウグイを直ぐに絞めて氷などで鮮度を保ち、できたらその場で塩焼きで食べることをお勧めします。

 

【那珂川の川魚の塩焼き】