この記事は約 3 分で読めます ( 約 1481 文字 )

あっ君です。

去年、楽天証券主催の投資信託セミナーで守らなければならない「2つの大切なこと」を教えてもらいました。

知っていたようで、知らなかった落とし穴。

 

投信を購入する最低評価価格とは

評価価格が1口1万円以上のものを購入すること。※最低でも1口5000円以下の投信は購入しないこと

自分は何か、口数で考えてしまい。

同じ金額でも、多くの口数を購入できた方が、後々に価格が上昇した時に有利になると思い込んでいました。

先ず、戒められたのが、最初の始まりの価格が一口一万円なので、それ以下になっているということは、運用が悪い証拠である。更に5000円以下になると資金が減る一方で、運用が悪化して復帰する確率が低くなる。

また、購入するときは1年数年と運用実績の波を見て、上昇傾向にある投信を購入すること。

 

手を出してはいけない投信とは

分配型投資信託には手を出さないこと。

自分は、原価がそのまま、もしくは上がる一方で現金が毎月配分されるのは、ホクホクで定期収入みたいだと錯覚しておりました。

もちろん、タコ足になり、儲からなかったときは自分の資金を切り崩して配分されることは知っていましたが、実績を見ながら、原価が同じで配分だけ貰えている投信に投資しました。

でも実際は赤字・・・

 

そこのセミナー講師は断言しておりました。

毎月配分など配分型の投信がもてはやされたが、本末転倒。

運用資金を増やしながら増資してゆくのが投信の本質なのに、配分することで資金が目減りしてゆく、それも1万円を切れば加速してゆく。中には利益ある配分型もあるが大半は数、数十年などで破たんしている。

 

まとめ

初心者の方は

評価価格が一口1万円以上で、配分型でない投資信託を選ぶこと。

但し、必ず数年の運用実績を見極めて購入すること

 

 

番外編 私の失敗した投信遍歴

お金

現在、私、微細ながら数本の投資信託を持っております。

、ISAと合わせて100万程度ですが・・

 

最初に買ったのは

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C00021T2

(楽天証券参照)

 

確か当時は

資産が12000億

価格が一口3500円ほど分配金が月60円だった。

なので

350万だと月6万円。

100万だと約2万

これを毎月もらい資産も減らさず年20万頂こうとしていた。

愚か!!

 

現在は資産が6000億で半減

一口2100円ほど分配金は25円

となっている

 

次に購入したのは懲りずに

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/detail/?ID=JP90C00097T2

(楽天証券参照)

確か当時は

資産が200億

価格が一口

3500円ほど分配金が月100円だった。

なので

350万だと月10万円。

100万だと約3万

これを毎月もらい資産も減らさず年35万頂こうとしていた。

愚か!!

 

現在は資産が400億で

一口2000円ほど分配金は70円

となっている

 

今は全てを解約して

 

最初の二つの条件をクリアしている

  1. 一口1万円以上
  2. 分配型以外

の中から

主に日本の精鋭が運用して価格も高いが

ひふみプラス

https://www.rakuten-sec.co.jp/api/ss/detail/?ID=JP90C0008CH5

(楽天証券参照)

に変更した。

 

現在は一口4万円で標準価格の4倍になってる。

当時100万円を投資していれば

既に400万円

差額

300万円・・・

 

人は欲をかくので

誰かが得してるんですね。