この記事は約 2 分で読めます ( 約 1024 文字 )

家虎根絶の家虎とはイェッタイガーと呼ばれるライブコールのオタク芸

Twitter界隈で家虎根絶とトレンドになったので何かと思って調べてみた。

 

家虎と聞くと戦国自体の武将の名前とかラーメンの家系ラーメンの名前などをイメージしましたが、実はオタクたちのライブで踊りながら声援するオタ芸でした。

 

<スポンサーリンク>----------------------

家虎の名称や内容・動画

 

呼び名

 

イェッタイガー

 

意味は

 

アイドルライブなどでファンの人たちが同じ動作でイェッタイガーと声援するコールと呼ばれる1つのオタ芸といわれるもの

 

特徴

 

 

歌の中の空白の時間に声援をするコール

タイガー!ファイヤー!…と叫ぶ時にイエスと掛け声を出しイェスタイガーがそのままイェッタイガー → 家虎と呼ばれるようになりました。

 

発祥は

地下アイドル系ライブで始まった1つのコールが始まり

 

実際の動画が投稿されています。

 

家虎コール動画

 

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

家虎根絶とは

 

ブシロードの木谷さんがつぶやいたTwitterが共感を生んでいるのです。

 

ブシロード
https://bushiroad.com/

 

 

 

 

家虎イェッタイガーを否定するファンも多いのが実情です。

 

同じファンでもライブでじっくりと見て聞いて楽しむ派と一緒に踊って声援して楽しむ派がいます。

 

しかしじっくりと見て聴きたい派が多数で家虎禁止令がでています。

 

また歌い手などグループ側からも否定派も多いのです。

やはり歌っている曲や歌詞が台無しになるということでしょうね。

 

音楽グループ「fripSide」sat氏も家虎否定派で声をあげてからライブでは家虎はいなくなったそうです。

 

fripSideのsatさん

「サビ前のあそこは無音を感じてもらうために作ってんだよ。意図があんだよ。ぶち壊してほしくねえんだよ!」「なんだイェッタイガーって。面白いと思ってるの言ってるやつだけだぞ!?」

 

 

家虎根絶運動について

 

確かに歌の合間の空白の時間は作曲した人があえて入れた空白の時間だと思えます。

そのその空白の時間帯にオタ芸の声援を入れられると折角の曲が台無しになってしまうのは良く理解できますね。

 

何でも声援すればいい合間にも声援しても良いという歌ならいいでしょうが・・・

難しい問題ですが、事前に家虎禁止とか家虎OKとかを告知をするルールを施行する必要はありますね。