この記事は約 3 分で読めます ( 約 1235 文字 )

「iPhone」「Android」違いとメリットとデメリットを比較

「iPhone」(アイホン)か「Android」(アンドロイド)か迷いますね。

そのメリットとデメリットを検証してみた。

 

 

価格

 

「iPhone」>「Android」

 

断然に「iPhone」が高い。

相場は5万円以上(正しキャンペーンで安くなる場合もあり)

 

それに対して「Android」は安い。

安いものだと1万円台から購入可能

 

 

メーカー

 

「iPhone」はアップル社のみ。

1社で運営制作管理。

 

 

「Android」は海外も含めて多数。

現在は中国、台湾、韓国が主流。最後に日本

 

OS

 

「iPhone」はアップル社のiOS

1社で運営、制作、管理。

 

 

「Android」はGoogle社のandroidOS

ライセンスフリーなので各メーカーが端末を自由に作製可能

 

アプリ

 

 

「iPhone」は「App Store」

アップル社で運営管理しているので信用性が高いが、数がandroidに比べると少ない。

 

 

「Android」は「Google Play ストア」。

審査があるが個人でも出品できるので粗悪なものもあるが、制限が無いので数も種類も多い。

 

機種変更

 

「iPhone」は世代が変わっても同じ形状(ボタン配置・操作)ため、

買い替えでも戸惑わない。

 

またデーター引っ越しも簡単。

 

 

「Android」はメーカーによって

形状が異なり、操作性も変わるので戸惑う場合もある。

 

引っ越しも面倒。

 

OSバージョンアップ

 

「iPhone」はバージョンを上げることができ、

古い機種でもそのまま使えることができる。

 

 

「Android」は多少バージョンUPできる機種もあるが、

基本的に買い替えでないとバージョンUPできない(なので2年が限界?)

 

セキュリティ

 

 

「iPhone」は1社の一元管理の為、セキュリティーが高いと言われている

 

 

「Android」はライセンスフリーなのでセキュリティーが甘いと言われている

(セキュリティーソフトのインストールが必須)

 

その他

 

「iPhone」は外部ストレージなどのSDカードが挿入できないので

拡張できないデメリットがあります。

 

また、日本語アプリも限られて、apple仕様で統一されている。

 

まとめ

 

総合的に見ると

 

初心者の方は「iPhone」が、いいかもしれません。

 

変更等もほぼなく使いやすい

けれども、様々なカスタマイズや拡張性などを求めるなら「android」と

 

一長一短がありますね。

 

 

日本では約半数以上の人が「iPhone」を利用して1位を独占しているが、

海外では違うようです。

 

その理由は、価格の影響が主で海外では「iPhone」は

定価販売が多いので占有率が低いそうです。

 

 

けれども、日本は「iPhone」の値下げやキャンペーンで安く購入しやすく、

また一度購入して使用しているユーザーは、その利便性を感じて、

ずっと利用し続けるパターンが多いからだそうです。

 

因みに私はアンドロイド派。

 

というよりauガラケーからだったので仕方ないのですが・・

 

現在は楽天モバイルにMNPしてASUSのandroidSIMフリー機種使用しております。