この記事は約 4 分で読めます ( 約 2153 文字 )

一生で一度の結婚式は、

豪華にするパターンと

小規模で身内だけのパターンなどありますけすけれども、

入籍したまま結婚式をあげないカップルなども多くいますね。

そこで、そんな結婚式をタダ同然で

0円であげられるサービスがあるということで

今の結婚式状況なども簡単にお知らせしつつ、ご紹介します。

 

 

0円結婚

 

今の結婚式の実施状況は?

 

意外と結婚式を行わないカップルも多いようです。

2016年度では約7割の人たちが結婚式をあげましたが、

残りの約3割の人はあげていないそうです。

つまり10組に3組は結婚式をしない。

 

その理由としては

 

  1. 金銭的余裕が無い(若い時期の結婚)
  2. 仕事上の都合でできない
  3. 心情的に結婚式をあげたくない
  4. その他いろいろな状況でできない

色々な背景がありますね。

 

若くて金銭的余裕がなくても、

両親などの援助もないという状況にならざるおえないとか、駆け落ちとか・・・

周りに祝福されたい、祝福したいという状況での結婚式ですものね

 

<スポンサーリンク>

今の結婚式の相場は?

 

平均相場は約350万円といわれています。

大きな出費ですね。

ご祝儀の平均が150万円なので実質200万円の出費。

 

ご祝儀があったとしても自己負担が大変ですね。

実際もし350万円かかったとして、

50人の出席者だったとして、ご祝儀3万円でも150万円、

100人で300万円。

 

自己負担が50万~200万円にもなってしまいますね

 

脱線しますが、

北海道などでは会員制の結婚式が一般的で参加費も1万円とかで

ご祝儀という観念がないので気軽に参加できますし、

結婚式をあげる方もリーズナブルになっているので北海道は結婚式を上げる比率がたかそうです。

 

自分たちで結婚式はしないと決めてカップル以外で、

結婚式をあげたくてもあげれないそういうカップルに朗報な話があります。

 

結婚式をタダ0円にできる?その仕組みとは?

なんで結婚式がタダ同然できるかその理由ですが

 

まず一つ目は先にあげた北海道方式にするからです。

ご祝儀よりも安い予算にして、

出席者のご祝儀以下の予算であらかじめ決めた結婚式にするためにできる裏技なのです。

 

実際はお金の支払いが生じるのでタダではないのですが、

出席者のご祝儀でそのまま支払いから出来るので、

自分たちの財布から支払わないでいいので実質タダ0円となるわけです。

 

参加している人たちは、

まさかタダで結婚式をあげているとは思われないぐらいの普通の結婚式が行われています。

 

ただし、この結婚式にも弱点があります。

それは参加人数が決め手なので、

参加する人が少ないと実施できないということがあります。

 

また出席する人を確実に把握できていないといけません。

それらの結婚式を執り行っている3つのサイトをご紹介します。

 

タダ婚

 

http://tadakon.com/

 

ここのサイトでは様々のパターンで対応しています。

けれども地域が東京周辺に限定されているのと出席者が50人以上と制限があります。
中には結婚後10年目のカップルが結婚式をあげたりして喜んでいる声が多数あります。

 

ゼロ婚 東京 

 

https://zerokon-tokyo.net/

このサイトも同じようにご祝儀内での予算で持ち出しなしタダ0円で挙式をあげられるサイトです。

ここはゼロ婚となっていますが、東京の他に大阪、京都などのえ地域で実施できて、

なお且つ船上クルーズや神社など様々なシチュシチュエーションで挙式をあげられます。

 

ご祝儀内で事前に予算決めで追加料金なしなので安心して挙式があげられますが、

やはり参加人数は50人ほどですね。

 

50人×3万円=150万円以内の挙式

 

県民共済ブライダルセンター

 

例として東京の共済ブライダルセンター

https://www.saitama-kyosai.or.jp/bridal/index.html

このブライダルセンターは各県の県民共済にあります。

この共済のサービス内にある

「新ゴールドプラン」だと内容重視かつリーズナブルに挙げたい方のサービス

例として挙げていいるのが 参加約80名 約180万円コースなどがあります。

 

 

<スポンサーリンク>

完全な0円できる結婚式のサービスの内容とは

 

これは各県に多数あるブライダルの専門学校による無料の結婚式です。

 

探せば多数あると思いますが、

課題である結婚式の実習を行うために無料となります。
実施するのは学生さんですが、ほぼ普通の結婚式と変わらないそうです。

 

これは実は条件があります。
応募して当選しないと挙式ができないということです。

中には縁故で事前に決めてやれるかたもいれるそうですが、

友人知人に挨拶するタイミングもありますので気を付けて応募されるとよいでしょう。

 

行っている都内の専門学校

 

東京ブライダル専門学校
http://tokyo-bridal.ac.jp/realwedding/

 

まとめ

 

ブライダル専門学校の実習の結婚式が完全に無料なので気軽にできますが、

当選するかどうかのことを考えてみれば、事前の予算内の結婚式が一番よいかなと思います。

出席者を50名呼べない方はどうするか?そこが問題ですね。

 

そんな方は

 

2人だけの結婚式などで検索すると7万円などで挙式が出来るサービスもあります。

 

小さな結婚式
https://www.petitwedding.com/

なるものもありますので、そんな結婚式をされてはいかかでしょうか?