この記事は約 5 分で読めます ( 約 2626 文字 )

イッテQを内村さんが降板の思いになる心の傷・過去の番組での死亡事故

 

ウッチャンナンチャンでお笑いコントで一大スターになったウッチャンこと内村光良(54)さん。

 

いまやウッチャンがMCをすると売れる番組、視聴率が上がる番組になるといわれているほどですが、今回のイッテQのやらせ問題やバービーのケガや、みやぞんの骨折事故に心痛めて、2019年10月の今年の秋にはイッテQを降板するともいわれています。

 

何故、それほど降板する思いに駆り立てられたのか?

 

<スポンサーリンク>----------------------

今回イッテQを降板するという思いになった本当の理由

 

イッテQで本人が知らないところで海外の祭りがでっちあげだったヤラセだった問題などもあると思います。

 

本人があずかり知らぬところでの番組制作のヤラセには本当に憔悴しきっていたと思います。

 

更に追い打ちをかけるように、視聴者の注目を浴びようと、視聴率をあげようと、体を張ったコーナーが過熱し過ぎて、安全対策を取らなかった番組制作のもとバービーとみやぞんの大けがの事故が生じてしまいました。

 

このケガの事故で過去のお笑いを引退すると決意したほどの番組内での死亡事故を思い出したのではないかと思います。

 

そんな過去の事故があったからからこそ、やらせ問題よりも、共演者への事故、ケガが心の傷に触ったのではないでしょうか。

 

 

ある報道では、今回のケガの事故が続いて、「ウッチャンが泣きながらケガをさせるようなことはしないでくれ、もしどうしてもしなければならないなら俺がやる」と言ったとももあります。

 

それほどにもケガ事故には過去のトラウマがあるから、だからこそ、今回立て続けにケガをするという番組内事故があったことがきっかけに色々思うこともあり番組からの降板の話しが出たのでと勝手に推測しています。

 

では実際にウッチャンの番組で起こった不幸な死亡事故とはどんなものだったのでしょうか?

 

<スポンサーリンク>----------------------

ウッチャンの心の傷となったウンナンの人気番組での死亡事故

 

今の若い皆さんは知らないと思います。

 

今から30年前の1990年以降の番組で『ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!』という番組が好評で、その後に『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』という人気番組がありました。

ウッチャンナンチャン内村光良さん南原清隆さんが中心にお笑いコントを繰り広げて多くの名物キャラクターが登場、お茶の間の子供たちから多くの若い人たちからも支持されたお笑い番組でした。

 

1993年6月24日番組内の人気コーナー「やるやらクエストII」の収録中、ゲストとして参加していた香港のロックバンド「ビヨンド」人気歌手の黄家駒さんと内村さん2人がセットから転落する事故が発生しました。

 

 

BEYOND(ビヨンド)は、香港のロックバンド。現在は活動休止中。

 

1983年、黄家駒(リーダー、ボーカル、リズムギター)、鄧煒謙(リードギター)、李栄潮(ベース)、葉世栄(ドラムス)4人より初代Beyondが結成される。

 

1991年に来日し、アミューズのマネジメントで日本へ進出を試みた。 1992年、BMGファンハウスから作品をリリースし、日本でのデビューを果たす。

 

彼等が歌う「THE WALL 〜長城〜」のイントロ部分が、『進め!電波少年』(日本テレビ系)のオープニングテーマ曲にも使わた。

 

 

内村光良さんは全治2週間の打撲傷。
そして、

人気歌手だった黄家駒さんは6日後の30日31歳の若さで死去。

フジテレビの人気番組は番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』は打ち切りになりました。

内村さんは「自分のせいだ」と泣き崩れ、遺族の方に謝罪して引退まで考えていたそうです。

 

その後、遺族の方やメンバーからは「事故だった」と励まされて活動復帰したそうです。

 

7月2日、ウッチャンナンチャンの2人による謝罪の記者会見が行われ、「彼の分まで頑張っていきたい。残されたメンバーも僕らで役に立つことがあったら、また仕事をしたい」と涙ながらに謝罪した。

そんな過去の苦しい事件がありました。

きっと死ぬまで忘れることができない心の傷になっていると思います。

 

ウッチャンが作ったセットでないにしろ、番組を仕切っていた自分に全責任があるという思いが常にあったと思います。

 

<スポンサーリンク>----------------------

ウッチャン内村さんの目指すお笑いは「安全に共演者も視聴者も皆が楽しく」

 

内村さんウッチャンは本当にお笑いが好きで、コントが好きなお笑い芸人さんです。
芸人さんというよりエンターテイナーでしょうね。

 

昔から下ネタや人をコケ下すようなお笑いはしないで純粋に笑えるコントをしてきた内村さん。

 

嫌みなお笑いもなく、人を傷つけるようなお笑いでもなく、本当に心がふっと軽くなるような本当のお笑いしている人だと思っています。

 

今は南原さんと二人でするコントが少なくなりましたが、多くの芸人さんに慕われ、そして若者を育成している姿が印象的です。

 

またウッチャン内村さんといる芸人さんは老若男女とわず好かれる人気芸人さんになりますね。

 

ウッチャンと絡んで改名された「さまーず」「くりーむシチュー」さんなども有名になりましたし、、今や人気俳優の仲間入りしたムロツヨシさんやMCとして人気の有吉弘行さんも人気になりましたね。

 

とにかく見ている人も共演している人も幸せになれるお笑いコントを目指している内村さんにとってイッテQで起こった不祥事の数々で心を痛めてしまったと思います。

 

今では多くのMC司会を務めて人気を博している内村さん、紅白の司会も務めた内村さん。

そんなウッチャンが目指しているお笑いの見本の一つの番組があります。

本当に伸び伸びコントをしている唯一の番組がNHKにありますね。

 

それが

NHK番組「LIFE!?人生に捧げるコント」

です。

 

 

http://www.nhk.or.jp/life/

今は出ていませんが星野源さんも参加して多くのコントに出ていましたね。

 

これからも安全で皆に好かれて純粋に楽しいコントを世の中に出していってほしいものです。