この記事は約 4 分で読めます ( 約 1827 文字 )

 

東京オリンピック・チケットを転売・買取・売却を正式にできる2つの方法

 

 

オリンピックチケットは一括購入が決まりですが当選で不要な行かないチケットをどうするか悩みますよね。そんな不要になったチケットを転売したりして現金化できる販売できる方法が2つあります。

唯一転売できる方法は公式サイトのリセールと譲渡販売です。これからのオリンピック・チケットの転売の対策・現状・問題点を探っていきましょう。

 

1:オリンピックチケットを再販リセール|公式で転売

 

1つ目:オリンピック・チケットを転売できる再販・リセール

 

前回のリオのオリンピックでも暗躍した転売問題。

 

今回は万全を期して、転売が出来ないように名義や本人確認などの対策がされています。

 

その中で、唯一正式に転売という言い方は正しくありませんでした。すみません。

 

「再販」つまり「リセール」できる方法があります。

 

それは、観戦する予定でお金を支払ったけれども行けれなくなった、観戦できなくなった人たちの救済のための「公式リセールサービス」です。

 

では、一体どんなものなのでしょうか?

 

公式リセールサービス(公式再販サービス)

 

 公式リセールサービス(公式再販サービス)

 

2020年オリンピック開催直前の春を予定に開設されるサイトで不要になったチケットをリセールが出来るそうです。

 

ただし、販売価格は定価で利益をだして稼ぐことはできません。

 

何故なら行けなくなった人たちの救済措置と空席を無くすためのオリンピック運営側の意図があるためです。

 

チケット購入希望者とめでたく売買が成立したら出品者がオリンピック運営側に手数料を支払うシステムを予定しているそうです。(※手数料は現在は未公開)

 

公式ページより引用

2020年春以降に公式リセールサービスを利用して出品することができます。

公式チケット販売サイト内の「マイチケット」から不要になった分のチケットを出品していただきます。
出品手続は、購入者の方のみとなります。

サービスの詳細は決まり次第、公式チケット販売サイト等にてご案内いたします。

 

つまり、参加・観戦できなくなったチケットは無駄にはなりませんが、多少手数料分が差し引かれる形になります。

 

公式サイト:東京オリンピック・チケットのルール

 

他の方法「名義変更での譲渡」という手段もあります。

 

<スポンサーリンク>----------------------

2:オリンピックチケットを譲渡販売|親族・知人へ転売

オリンピックチケット譲渡

 

オリンピック公式ページでも明示していますが、名義変更で譲渡ができるとあります。

その条件であれば定価の同額金額でのお金とチケットの交換・受け取りができます。

 

その条件とは、

 

ご家族や友人の事前に登録してあるID同士での名義変更です。

 

公式ページの規約によれば

 

第36条(転売禁止の例外)

1.当法人から直接購入したチケットの第三者への譲渡は、東京2020公式チケットリセールサービスを利用した購入価格での再販売のみが認められます。ただし、チケット購入者は、チケット購入者の親族または友人、同僚その他の知人に対する場合に限り、同サービスによらずチケットを譲渡することができます。この場合でも、譲渡代金その他の譲渡対価として、チケットの券面額を超えた金銭または利益を受領してはなりません。

2.当法人は、会場入口または会場内において、チケット保有者の本人確認または東京2020チケット規約に準拠してチケットを保有していることを確認することがあります。チケット保有者の本人確認ができない場合や、チケット保有者が当法人がその保有を認める者ではないと判断した場合には、その者に会場から退場していただくことがあります。

 

 

けれども、この友人という枠が微妙ですね。

そして1円でも利益が出るような譲渡販売をしてはいけないとの規則ですが実際はどうなのでしょうか?

その人が転売する赤の他人でも友人だと言い切ってしまえば友人ですし、お金のやり取りが目に触れない状態で行われれば分かる筈がないようにも思います。

 

これが転売の唯一の抜け穴にならないように祈るばかりですね。

 

まとめ

 

購入したチケットで観戦できなくなってしまった場合は、公式な手続きで公式再販サイトで本当に観戦したい人に販売したり、名義変更で譲渡したりしましょう。

 

前回のリオオリンピックの不正からのチケット不正転売の取り締まりの強化がされています。

完売されれば収支的には問題はないでしょうが、強化したばっかりに見れない人が増えたり、空席が目立ってオリンピックの華やかさが無くなってしまっては本末転倒ですね。

 

皆が本当に楽しく嬉しく観戦できるように祈るばかりです。

 

 

 

【関連記事】