この記事は約 5 分で読めます ( 約 2668 文字 )

自宅の光回線を解約して、自宅のネット環境を楽天モバイルに1本化しました。

 

 

楽天モバイル スーパーホーダイは実質「使い放題」

 

今まで自宅は光通信でネット使い放題で使用してきました。

そして、外出用では楽天モバイル使用していました。

 

今回、楽天モバイルでテザリングで自宅のパソコンのネット環境に使用してみましたら意外といけましたので、思い切って1本化してみました。

 

そして、最安値のコースのスーパーホーダイの「S」にしました。

 

データーの容量は2Gですが、高速通信を常にOFFにしているので、2Gの容量は一切使用しません。

 

低速通信の1Mppsで1ヶ月まるまるスマホもテザリングのパソコンのネットも使用していて快適に過ごしています。

 

つまり、実際にインターネットが1Mpss使い放題なのです。

 

お昼時間など多少ストレスある時もありますが、ほぼ問題なく高速通信OFFで使用しています。

 

先月も2G使用していなかったので2Gまるまる翌月に繰り越しされますので、月始めはSコースなのに4Gあります(笑)

 

 

スーパーホーダイは、通信速度最大1Mbps使い放題と、国内通話5分かけ放題がセットになった、通話SIM限定の月額料金プランです。

料金ページ

引用・楽天モバイルより

 

楽天モバイル 「スーパーホウダイS」にした理由

 

今まではMNP(携帯電話番号ポータビリティー)で楽天モバイルの音声付き10Gタイプに変更して利用していました。

 

そのサービスで自宅のネットもテザリングして全てを利用していました。

 

けれども、youtubeなどの動画配信を視聴すると、日数制限が無いのでストレスなく見れるのはいいのですが、すぐに2Gなど容量が減ってしまい。

 

日ごろから、動画は避けておりました。

 

 

sumaho

 

 

楽天モバイルにしてからは

 

高速ON/OFF機能で
ネット閲覧のみはOFFにして300kppsの低速で利用
テザリングや動画は高速ONにしていました。
 
 

ただ、この低速は画像などがあると時間がかかり、ストレスになっていました。

 

他のモバイル会社に変更しようにも、大体が同じで、

使い放題のサービスも危うい内容なので躊躇していた。

 

楽天モバイル「スーパーホーダイS」のスピードや実際の感想

 

楽天モバイルが低速(使い放題)にしても通信速度最大1Mbpsをキープするサービス

を始めましたので、飛び乗りました。

 

まず、結論からです。

 

いいです。
最高です。

 

普段は、

 

常に高速OFFの状態にしているので、

容量は殆ど減りません。

 

それでは、具体的にどうかといいますと、

 

朝7時、夕方6時からの1時間のみ、

 

高速OFFでの1Mが300kppsに減速されますが、

 

自分の生活パターンではほぼ影響がありませんでした。

 

 

高速OFFの状態で、1Mppsの速度でパソコンのネットやyoutubeなどの動画配信もOKでした。
 
 

なので、

 

動画見放題で最高です。

 

容量を気にしないで利用できるようになりました。

 

ちなみに速度測定してみると、

意外と1M以上出ているときもありましたので、いいですよ。

 

また、この使い放題のよいところは、お値段が安いこと。

 

最初は心配でしたので、スーパーホウダイLを利用していましたが、ほぼ毎日高速OFFの低速1Mで大丈夫なのが判明したので現在はスーパーホウダイSの月々2980円です。

 

容量が2Gついていますが、ほぼ使用しておりません。
 

 

楽天モバイル 「スーパーホウダイ」のメリット・デメリット

 

メリットは2つ

 

なんといっても価格の安さ。

 

音声付きで2Gで月2980円は破格ですね。
 

料金ページ

 

動画も見放題、日制限(3日間で2Gなど)もないので快適です。

 

そして

 

実質1Mのスピードでデーター使い放題

 

これが一番のメリットですね。

 

デメリットは3つ

 

感じることがありました。

 

それは、
 
朝晩の1時間の低速制限300kpps
 
でのストレスがあります。

 

どうしても、作業や動画を見たい時には高速ONにしないといけません。

 

それと、実際に気になったことですが、

その時間帯に高速ONにしても1Mも出ていなかったこともありますし、

 

それ以外の時間帯でも

 

高速ONにしても1Mほどしかでていなかったこともありました。

 

 

殆どの人が高速OFFの1M使い放題に集中してしまい。

 

肝心の高速ONの恩恵にあずからないような状態になっているのかもしれません。

 

そこが、心配になりました。

 

またこの

 

サービスは音声付に限ります。

 

新しく携帯番号を取得するかMNP で番号を移行するかになります。

 

なのでデーター通信専用では、この恩恵にあずかれないので気を付けてください。

 

でも音声通話での障害は今まで一度もありませんのでお勧めします

 

5分話し放題。現在は10分話し放題。

そして、楽天電話だと5分超しても30秒10円です。

 

 

楽天モバイルさんは、
とにかく路線変更、サービス停止などが多いです。
 
電話話し放題のサービスはトライアルで中止になり、
そのままサービスも終わってしまいました。

 

今回三木谷社長が第四の携帯電話サービスに名乗りを上げて、参入しますが、その時、この楽天モバイルのサービスがどうなってしまうのかも心配ですね。

 

実際の速度測定の結果は?けっこうOK!

 

 

お昼の間の低速モードの状態。

 

理論値では0.3Mなのだが実質0.15Mで遅い

見れないでもないが画像があると数秒待つ状態。

 

 

午後3時ほどの使い放題1Mでの時間帯

 

おかしなことに最高が1Mなはずなのに

1M以上出ている(笑)

またその逆もあり、

 

昼に遅すぎて、高速通信にしても1Mを切ってしまうこともある

 

 

午前10時ごろ高速モードにしてみました。

 

それほど約3Mと速度が出ていませんでした。

 

自宅の光回線を解約して楽天モバイルのテザリングで1本化でOK!

 

でも今のところは3年間、楽天モバイルさんにお世話になっておりますが、

トラブルもなく、気持ち良くサービスを受けておりますので感謝しております。

 

なので、今現在時点では、

 

楽天モバイル スーパーホーダイ

 

はお勧めします。

 

今のところ、

 

自宅のネット回線を全て楽天モバイル1本にしてテザリングで賄っている。

 

自宅の回線を楽天モバイルに1本化。それでOKです。
 
自宅は光通信。外出ではスマホの使い分けしている方は、自宅の回線は解約して1本化してみませんか?
 
但し、大家族などの方はお勧めしません。(データー使用料が1Mppsで収まらない場合もあるので)アパート2人暮らし位のレベルにはお勧めです。
 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

楽天モバイル スーパーホーダイ

 

関連記事

SIMフリー楽SIMフリー楽天モバイル「銀行口座引落し」の3つのデメリットとは