この記事は約 4 分で読めます ( 約 1994 文字 )

 

ガソリンスタンドの車のガソリン給油で利用している便利なグッズは、

Esso(エッソ)、モービル、ゼネラルのGSで利用できる

(※2019年現在はENEOSと統合されていますが継続して利用できます。

 

自動決済ツール「スピードパス」です。

 

ただスピードパスを利用しているだけではお得になりません。

それには2つの設定が必要になります。

 

1つ目は「トクタスメール」の設定でリッター当たり毎回2円ほどの値引き。
2つ目はスピードパスとクレカを連携することで数パーセントポイントが貯まります。

 

実際に毎回ガソリン満タンで実質100円以上お得になっています。

 

※「エッソ・モービル・ゼネラル」は2019年7月までに順次「ENEOS」に変わりますがスピードパスは継続利用可能です。詳しくは下記の記事へ

 

<スポンサーリンク>----------------------

ガソリン決済ツールの「スピードパス」とは?

 

ガソリンスタンドで自動決済してくれるキーホルダー。

 

このツールの便利さは、現金やカードを取り出さずに、かざすだけで決済ができる便利物。

 

大きさは5mほどのキーホルダーのようなもの。

 

いつも、車のキーホルダーにしているので、それを給油機にかざすと、そのまま画面で希望の給油を指定して、素早く給油できます。

 

 

スピードパス

公式サイトより引用

 

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

「スピードパス」を利用するメリットとは

 

  1. 現金、カード支払いの手順が無いので一瞬で決済OK
  2. 車のキーホルダーにつけるので、探す手間なし
  3. 邪魔にならない
  4. 紛失しない
  5. 自分の好きなクレジットカードに紐づけできるので、そのカードのポイント等がつく
  6. スピードパス決済による値引きサービスを受けられる(リッター2円引きなど)
  7. 年会費、使用料など一切無料。

 

<スポンサーリンク>----------------------

ガソリンをリッターあたり数円お安くする2つのコツ・裏技

 

スピードパスでガソリンを安くするポイントは2つあります。

ここで2つのお得にガソリンを安くする方法を伝授いたします。

 

 

1:トクタスメールでガソリンを毎回割引

 

 

スマートパスのトクタスメール

 

トクサスメール登録先→ スピードパス限定メールサービス

 

トクタスメールの登録をすると、

行きつけのGSのガソリン値引きのメールが定期的に届きます。

 

私の場合は、数週間ごとリッター2円引きのメールが届きます。

 

それが、定期的に届くので、実質的には毎日365日リッター2円引きで利用できます。

 

またメリットは、手間がかからないこと。

 

ガソリンを入れる時に登録やスキャンなど一切手間がかかりません。

普通にいつも通りガソリンを入れれば自動的に値引きされています。

 

 

デメリットをあえて言えば、

その指定されたガソリンスタンドだけで割引されること。

 

遠方に行ったりした場合、指定されていないGSでの給油は対象外になります。

 

※時々2円でなくて5円値引きサービスが発行される時もあります。

 

 

2:ポイント付与のクレジットカードに紐つけ

 

今利用しているクレジットカードにスピードパスを紐つけ登録することです。

 

ポイント付きのクレジットカードに登録すれば、現在利用しているクレジットの特典ポイントが付与されます。

 

私の場合は、楽天クレジットなので、支払い毎に2%(※条件による)のポイントが加算されます。

 

もちろん、決済は翌月末なので金利分もごく僅かですが特になりますね。

 

 

実際のスピードパスの割引は3%以上

 

ガソリン満タンで

 

1L 142.85円

35L(リットル)

5000円

 

だった場合

 

 

トクタスで70円値引き

楽天カードでポイント100円

 

 

つまり

 

5000円

 

 

実質4820円

 

の支払い

 

 

 

約170円

 

のお得に

 

 

1L当たり

 

142.85円

 

 

137.71円

 

 

 

 

リッター当たり

 

5.14円

 

も安くなり

 

3.4%引き

 

の換算となりました。

 

「スピードパス」のデメリットとは

 

指定されたガソリンスタンドEsso(エッソ)、モービル、ゼネラル元EXPRESSのガソリンスタンドのENEOS以外では利用できません。

 

※「エッソ・モービル・ゼネラル」は2019年7月までに順次「ENEOS」に変わりました。

 

それぐらいしか思いつきません。

紛失時は、登録番号かカード番号のどちらかが必要になります。

 

両方分からない場合は本人確認がとれないため、一旦停止や退会がめんどう面倒になるかもしれませんので書面などかスマホで写真を撮っておいた方がよいかもしれません。

 

 

まとめ

 

会社が変わって、変更になるという噂がありますが、2019年6月に聞いた限りでは継続利用が確認できました。

 

ただスピードパスの再発行や新規発行は無くなりますので、紛失したり壊したりした時点でEneKeyに切り替わるようです。

 

私が直接聞いたので間違いはありません。

 

但し、下記の関連記事でも説明しましたがスピードパスの生産終了のため紛失したり壊れたりした場合は再発行はできません。
紛失などした場合は速やかに廃止手続きをして新サービスEneKeyに切り替わりになります。

 

【関連記事】