この記事は約 5 分で読めます ( 約 2836 文字 )

  • お金

Amazonプライムの会費が、突然に月1,000円の値上げになりました。

急な告知と実施に多くのAmazonファンに戸惑いが広がっています。

 

2019年4月12日にアマゾンジャパンがAmazonプライム会費改定

旧 年3900円 月400円
新 年4900円 月500円

年で1000円、月で100円の値上げになります。月払いだと年換算1200円値上げ。

 

割合%では約25%の値上げになります。

 

他のサービスも一斉に値上げになりました。

学生向けの「Prime Student」年会費1900円から2450円に値上げ(月会費は200円から250円)
法人向けの「Business プライム」同じ様に4900円に値上げ

 

実はアメリカでは去年2018年に値上げが実施されれいました。(99$から119$の約20%の値上げ)

 

この実施から日本にも同じ影響があるのではないかと噂はされていたようです。

 

<スポンサーリンク>----------------------

Amazonプライムの値上げでも実質の会費をお得にする条件とは

 

Amazon値上げ ※Amazonより出典

 

 

実はご存知の方もいるとは思いますが、

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の中の「Amazon Mastercard ゴールド」というカードには、Amazonプライム会費負担なしでサービスが受けられる特典がついています。

 

他にもポイントが2.5%と高かったり多数のサービスが付随しています。

 

つまり
「Amazon Mastercard ゴールド」保持している方は

今回のAmazonプライム値上げの影響がないことになります。

 

別な言い方をすれば、一般のAmazonプライム会員4900円を支払いしている方たちより

「Amazon Mastercard ゴールド」の人は会費は変わらず変化が無いので1000円得したことにもなりまねす。

 

ただ

「Amazon Mastercard ゴールド」のカードは

下位版の無料の「Amazon Mastercard クラッシク」とは違い年会費が1万円です。

 

今既にお持ちの方は得した影響がないとはなりますが、

現在カードを保持されてない方は
あえて、これから契約して保持する価値があるかどうかですね。

 

<スポンサーリンク>----------------------

「Amazon Mastercard ゴールド」は実質プラス580円で更にお得に手に入れる方法

 

Amazonのゴールドカードは年会費が1万円(税別)もしますが、多くの特典と、年間に、ある条件を満たすと半額以上の割引サービスが受けられます。

 

 

  • Amazonでのお買い物の際の2.5%還元(クラッシクカードは1.5%)
  • 最高5,000万円まで補償される旅行保険
  • お買い物安心保険 300万円(クラッシクカードは100万円)
  • 利用状況で6480円値引きされるサービスがついています

 

※2019年4月現在のページ内容

 

※Amazonより出典

 

つまり、

現在のAmazonプライムが4900円になったとということは

 

 

ゴールドカード年会費10800円

 

条件値引き 6480円
 
Amazonプライム年会費4900円無料

 

の合計で

 

つまり無料以上で
年間でプラス580円お得になる計算になります。

 

 

年会費を半額にする条件

 

「マイ・ペイすリボ」利用する。

 

「マイ・ペイすリボ」でリボ払いを設定して利用

 

※マイ・ペイすリボをご指定いただいた場合、毎月のお支払いはあらかじめご指定いただいた金額にリボ払い手数料を加えた金額です。リボ払いのご利用枠内で、毎月のお支払い金額を任意で設定いただけます。

 

年会費を1080円安くする条件

 

「WEB明細書サービス」を利用する。

 

「カードご利用代金WEB明細書サービス」で紙の明細書の発行を止めて1年間に6回以上の請求があるが割引対象

 

 

 

<スポンサーリンク>----------------------

なぜ、日本のAmazonはAmazonプライム会費を値上げしたのか。

 

今回のAmazonの値上げは、
Amazonが日本で活動始めた2007年以来13年振りの初めての値上げになりました。

 

Amazon担当者が値上げの背景を話しました。

 

「これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした」

 

今回の出来事は多くのニュースでも取り上げられて、多くのコメンテーターの方も次のような内容で解析していました。

 

Amazonの戦略は、最初は安価なサービスで顧客を囲い込み、十分に機が熟して顧客がサービスの価値を認知し始めたら値上げで適正な価格にする方向で進めている。

 

つまり、簡単な言い方にすれば、「原価割れの赤字で釣って、十分人が集まったら適正価格に戻す」

 

実際

アメリカの月1万円以上の会費と比べれば日本の5000円以下のサービスはまだまだ安いのかもしれません。

 

まとめ

 

またカードをまだ利用していないで、

今後もAmazonプライムを利用希望の方の場合は

この機会にAmazonのゴールドカードを取得するのも一つの手ですね。

 

今後はAmazonに限らず、日本において各業界の値上げがある可能性もあります。
値上げされても、今回のAmazonカードを利用するなど消費者側の知恵を働かせていく必要があると思われます。

 

ただ今回のAmazonの値上げの施工で、Amazonカードがお得と感じてカード契約率が増加したならAmazonの戦略の思わう通りの展開になってしまっているのかもしれません。

 

追記:Amazonゴールドカード取得する場合に注意する点

 

先ず、特典でポイントをもらうために

クラッシクカード申し込みしてからゴールド会員になる手続きが一番ベストです。

 

手続きを注意して行わないと特典のポイントや割引が受けられなくなるのでご注意ください。

 

※2019年4月現在 新規入会ポイントとしてAmazonポイント2000円分進呈

 

Amazon Mastercardクラッシク

 

  1. AmazonMasterCardのクラシックカードを申込
  2. 特典の有無を確認する
  3. Myペイすリボを申込
  4. vPassを登録
  5. Web明細を申込
  6. Myペイすリボの支払を限度額で設定
  7. Amazonゴールドカードへの切替え申込
  8. vPassに追加
  9. Myペイすリボの支払を限度額で設定
  10. Amazonアカウント支払用クレジットカードにゴールドカードを登録
  11. Amazonの支払用カードからテンポラリーカードとクラシックカードを削除

 

 

また、

リボ払いの割引を受けるための注意事項があります。

毎月支払う金額以上の金額を設定しないと、設定金額の支払いが生じた場合は、限度額以上の金額は繰り越されて金利が発生して、余計な支払い金額が増加してしまいます。

 

実際Amazonゴールドカードの割引のためのリボ払いで失敗した方のレビュー等がAmazonゴールドカードのレビュー等に記載がりますので、事前にご確認ください。

 

Amazon Mastercardゴールド