この記事は約 4 分で読めます ( 約 2260 文字 )

桜ソメイヨシノは自然繁殖しない

実は今多くの公園や学校で咲いている桜は日本の古代からあった桜ではありません。
明治時代頃から植えられた近年に誕生した桜なんです。

 

江戸時代までの花見はヤマザクラ(山桜)でした。

 

ソメイヨシノの名前の由来

 

ソメイヨシノは「染井吉野」と書きます。

 

江戸末期の江戸の染井村の職人達によって品種改良されて明治以降に全国に広まりました。

 

奈良の桜の名所「吉野山」にちなんで「吉野桜」と呼ばれていましたが、吉野の桜は山桜で品種が違うこともあり明治になり藤野博士が染井村で作られた吉野桜という名目で「染井吉野(ソメイヨシノ)」と名付けました。

 

<スポンサーリンク>

ソメイヨシノは種で増えない。自然繁殖しない桜。

 

ソメイヨシノは2つの種類を交配して作られました。

 

エドヒガン(江戸彼岸)という桜の特徴「多くの花が葉が出るより先に咲く」

 

オオシマザクラ(大島桜)という桜の特徴「大きな花を咲かせる」

 

このことによって、葉が無い状態で大きな花弁の花が沢山咲くという日本人に好まれる桜が誕生しました。

 

そして、他の特徴は種からは増えることがありません。

全てが挿し木で増えるのです。

 

勿論、皆さんが大好きなサクランボ(桜ん坊)もできません。

だから桜の木がある場所に新たな桜の木が増えない訳で自然繁殖できません。

 

全国各地にある桜はクローンで同じ桜で一代限りの桜なんです。

枯れてしまえば挿し木にしない限り、その桜は終焉です。

 

桜は日本の木ですか?原産国は?

 

日本の国花は「菊」「桜」です。

日本の国樹(国木)というものは存在しません。

 

実は桜の全産地は中東と言われています。(トルコからイランにかけての地域)

チェリーという言語があるくらいですから、海外でも桜は存在します。

 

初代アメリカ大統領のワシントンが、父親の桜の木を切り倒したことを正直に名乗り出たというエピソードも有名ですね。当時は日本の桜はアメリカにはありませんでした。

今でもアメリカのサクランボの「アメリカンチェリー」として販売されていますよね。

 

日本独自の自生している自然の桜は9種類ほど

 

日本独自の野生の桜は9種類ほどです。

 

 

  • ヤマザクラ(桜の野生種で一番代表的もの。古代の日本に生育して和歌でも詠まれている種類。別名シロヤマザクラ)
  • オオシマザクラ(伊豆七島、伊豆半島原産の桜。葉は塩漬けされて桜餅の葉と利用されている)
  • エドヒガン(彼岸ごろに花を咲かせる桜。長寿で有名な桜(枝垂桜)が多い。)
  • オオヤマザクラ(北海道、北陸、中部地方以北など寒い地域の野生種の桜。 ヤマザクラより花や葉が大きい。別名ベニヤマザクラ、エゾヤマザクラ)
  • カスミザクラ(遠くから見たこの樹の様子が霞のように見える野生種の桜)
  • マメザクラ(富士山近辺に自生してる野生種。背丈が低く花も小さい。別名フジザクラ、ハコネザクラ)
  • タカネザクラ(標高の高いところに生える野生種の桜。一番遅く咲く桜です。 別名ミネザクラ)
  • チョウジザクラ(東北南部より南の太平洋側に自生。花を横から見ると丁字や丁子のように見える)
  • ミヤマザクラ(全国各地で見られる野生種。花のつき⽅が他の桜とは違います。)

 

 

ソメイヨシノの元になる親の桜は2種

 

エドヒガンとオオシマザクラを人工交配してできました。

 

エドヒガンは

名前の通り春の彼岸ごろに花を咲かせる。ソメイヨシノより早く花が着き始める。花は薄紅色から白で花弁は5枚で一重。萼の付け根が丸く膨らんでいるため見分けやすい。葉より先に花が咲き、咲きはじめは他種に比べると一週間から十日ほど早い。

 

オオシマザクラは

東京都の離島・大島が原産の島桜。
3月から4月にかけ、葉の成長とともに茎の先端から数個の花をつける。花弁は白色で大型の5弁、淡い芳香を持つ。初夏にかけて結実し、十分に熟した果実は食用となる。丈夫で潮風にも強いことから、庭木や公園等の植林に用いられる。

 

この二つの特徴を生かして、

葉が出る前に大きな花だけが咲き誇る綺麗な花見にうってつけの桜ソメイヨシノが生まれました。

 

 

<スポンサーリンク>

なぜ日本の桜と海外の桜が違うのか?

 

それには理由があります。

 

日本では花をめでる花見の風習・習慣があり、日本で桜の花を綺麗に見えるようにしてきたのに対して、

 

海外・西洋では実食べるために、実の収穫が多くなるようにされてきた違いがあります。

 

その結果、日本の桜は観賞用・花見として綺麗な美しい桜となったのです。

 

日本の食用の桜の実サクランボは海外の桜

 

主に桜の実を食べるサクランボ(桜ん坊)実はサクランボの桜は日本の桜ではありません。

 

サクランボはバラ科サクラ属サクラ亜属の果樹であるセイヨウミザクラ(西洋実桜)という、海外由来の桜なんです。

サクランボの産地は山形ですよね。

 

今サクランボで美味しくて有名な品種「佐藤錦」は、明治に山形県の佐藤栄作さんがナポレオンとアメリカから来た黄玉という海外の食用の桜を交配して作ったものなのです。

 

 

<スポンサーリンク>

日本古来の食用桜はあるの?

 

桜餅を包む桜の塩漬けの「桜葉漬け」です。

 

これはオオシマザクラの葉を塩で漬け込んだものを使います。
今は大島でなく伊豆半島の松崎町で全国の7割が生産されている主な産地となっています。

 

日本の桜の「まとめ」

 

日本が好んだ花見が今の桜を生んだ事実。

そして、このソメイヨシノの歴史が浅く、更にクローンで自然繁殖しない人口的な桜だったのには驚かされました。

 

また皆が好きなサクランボは普通の桜からは出来なくて、海外の桜が由来だったのにも驚きました。

 

日本古来からの桜もあれば、海外の桜もある。

花をめでる習慣があるからこそ、全国に桜が広がったのが良くわかりました。